タロットから見る基礎・土台の重要性

タロットというと、占いやスピリチュアルなイメージがありますので、自然、「」とか「」とか、視線もエネルギーの方向的にも「上」をイメージしがちですし、人によってはそちらに傾きすぎる性質もあります。


しかし大切なのは「上」を理解するためのしっかりとした「下」への注視、土台づくりです。


天(神)からのエネルギーを受けるには、相当強固な基礎・土台が必要なのです。


そのことを如実にカードの絵柄で表しているのは、カモワン版マルセイユタロットの「神の家」です。


このカードでは、天空から強烈な神の光・エネルギーが、レンガ積みの建物に降りてきています。


そのあまりにも強い衝撃で、ほかのカードの解釈では塔(建物)が崩れ落ちるかのような災難・災厄が起こるとも言われるほどの凶札になっています。(カモワン版ではカードに吉凶はありません)


しかし、カモワン流ではしっかりとした土台と建造物があれば、その神の光を受けきることができるので、文字通り、栄えある光、「栄光」として輝かしいことが起こるのだととらえます。


つまりは裏を返せば、基礎・土台ができていないと、大きなこともできないし、時には危険なこともありますよということになるのです。


ほかにもカードの中には、足下を固める、地に足をつけること、コツコツと積み上げていくこと、現実を見ることなどが象徴的にも、実際的にも語られているカードがあります。


たとえば、「皇帝」というカード。


カモワン版ではもっとも「現実」を表すカードであり、築き上げること、基礎(下)を大切にすることは絵柄の中の象徴でも語られているところです。


またアースという言葉があるように、電気的ともいえる天のエネルギーは、地中にアースすることによってバランスが保たれる(衝撃も吸収できる)ということがあります。


これもタロットカードで示されていることです。


「天」(方向)は意識の向上や知見の拡大を表すとすれば、「地」(方向)は意識の細分化、定着化、安定、知見の具体性、普遍性を示すと考えられます。


(エネルギー)もそれを取り入れる「人」(の意識、行動)によってバランスを取ることができるのです。


タロットリーディングにおいても、天と地のエネルギーをバランスよく取り入れる(調整する)ことは重要なことにもなってきます。



さて、人間の体でいえば、土台は足になります。それも直接大地と接する足裏は非常に大切な部分といえるでしょう。


タロットの理論を応用すれば、どんなところにもすべてのエッセンスが凝縮されていると見ることが可能です。大宇宙(の仕組み・調和)が人間にもあり、そのまた細胞にも宿るという概念です。


ならば、足裏にも全体を調和させる基礎があるということにもなります。

足裏から健康を見て、調整してくれる所があります。外反母趾解消の専門家でもある福岡の志賀さんのサロン、足裏バランス本舗Basicです。

院長の志賀さんは、先日、私のタロットリーディングをスカイプで受けてくださいました。

そのご縁でご紹介させていただきたいと存じます。

福岡だけではなく、全国から問い合わせのある人気の方です。女性には特にうれしい、はくだけでダイエットできるという靴下 も販売されていらっしゃいます。

興味のある方は是非コンタクトを。

コメント

  1. ご紹介いただきありがとうございました。
    すべてが『土台』が基礎なのだということを、いつも自分で発信しているのですが、改めて宮岡さんのブログでまたまた気付かされました!

  2. >福岡・外反母趾のカサハラ式 足裏バランス本舗Basicさん
    志賀様 コメントありがとうございます。
    いえいえ、こちらこそ、土台の大切さについては志賀様のブログでも気付かされております。
    今後とも皆様のご健康とバランスのある生活のために頑張ってくださいませ。ますますのご発展お祈り申し上げます。

福岡・外反母趾のカサハラ式 足裏バランス本舗Basic にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top