5月のソウルカードアドバイス

5月のソウルカードアドバイスです。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 5月

ソウルカード「1」の人
あなたを束縛していたり、悩ませていたりしたものに対し、解放・解決していく道が見つかりそうです。それは家族やパートナー、あなたと親しい関係にある人の情報によってもたらされそうです。一見、ささいなもの、役に立たないもののように思えても、実際にはあなたの枷をはずす鍵となるので、受け取っておくことです。また、様子見は終え、できることから始めていく時期でもあります。

ソウルカード「2」の人
旧縁が復活、かつて特別な関係にあった人や物事に、再び新しい形で再会(再開)する可能性があります。またグループのリーダー、まとめ役としてあなたが昇格したり、そういう仕事を請け負ったりすることもあるかもしれません。たとえ家にいても、インターネットを介すなどして、つながりが増え、自分が孤独ではなく、むしろ多くの人と交流し、役に立つ自分の部分を発見して満足感も出るでしょう。

ソウルカード「3」の人
周りの状況の変化から、あなたの中に葛藤や悩みとして出てきたものがあるはずです。それらは「正しさ」として、どちらの方向性がよいのか迷っていたところもあるでしょう。しかし、それも第三の道や、統合的なアイデアによって、自分の中に納めることができるようになります。ただ、新しい考えを受け入れ、完全に自分のものとするまでには多少の時間がかかります。あせらずやっていくことです。

ソウルカード「4」の人
現実的にはわからないことばかりかもしれませんが、実はあなたの心の中ではすでに決まっているものがあり、それを見出すこと、自覚することがこの時期のテーマや作業となります。他人のアドバイス、情報を多く入れることはかえって迷いになり、右往左往するおそれもあります。それよりも、落ち着いた時間の中で、自分の歴史を振り返り、自問自答していくような方法がよいでしょう。

ソウルカード「5」の人
月並みな言葉になりますが、真実の愛に目覚めることがタロットで示唆されています。なるべく現実的な条件から離れ、本当に必要最低限な環境で生きるとした場合、あなたは誰と、何がしたいのか、または、明日、自分が死んでしまうとすれば、誰に会いたいか、何を必要とするのか、こういう思いで見てみましょう。飾りや余計なものもののない純粋な愛と光で、自分と求める相手を確認してみましょう。

ソウルカード「6」の人
ちょっと冒険的な気分になったり、新しいことにチャレンジしたい気分になったりするかもしれませんが、もう少し注意をしたほうがよいことが出ています。つまり気持ちはよくても、行動は慎重にということです。行き当たりばったりな計画、欲求の発散からの行動はあとで後悔を生みます。もし何か行うにしても、冷静な人や違う視点を持つ人、別分野の人と共にするのがよいでしょう。

ソウルカード「7」の人
人によってはかなり深刻な危機・ピンチを迎えるおそれがあります。そうでなくても、結構インパクトのある出来事が予想されます。そのため、現実的にも心理的にも慌てない準備がいります。できれば、専門家や他の人の力を借りて、援助してもらったり、相談したりするほうがよいです。しかし、この衝撃は、結果的には、あなたをよい選択に向かわせるためのものなのです。

ウルカード「8」の人
決断を先送りにすることは、事態をますます悪化させますので、早く決めることです。自分だけで決められないのなら、ほかの人に助けてもらう方法もあります。ただし甘い話には気をつけ、あなたの弱みや悩みにつけ込む者もいるかもしれませんので、注意しましょう。責任をもって確実に決断することにより、運命も動き、これまでの膠着した状況も、よい方向に変化して行きます。

ソウルカード「9」の人
待つことは忍耐がいりますが、待った分だけ、のちによいものが手に入る可能性は高いです。あせらず、今は自分の能力・技術を高めておくことです。テストをするのもよいです。ここで培った準備と努力は、世の中が動き出した時に必ず役に立ちます。自分の得意分野を深めるもよし、補強として新たに学ぶのもよしです。あと、心身を整えるための整体・ヨガ的な運動もよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top