メッセージ

2019年のソウルカードアドバイス

年始ということで、今年一年、2019年のソウルカードアドバイスを掲載します。1月分は、ワンポイント的なショートメッセージにしています。
なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 2019年

ソウルカード「1」の人
今年は仕事よりも、自分の趣味や生きがいを見つけたり、増やしたりするテーマとなりそうです。逆に言えば、仕事や経済的なことは安定し、余裕が出てくるとも言えます。趣味と言っても、楽しみや遊びというより、自分を成長させる何か学びや習い事をしていくとよいでしょう。一方、これとは正反対に、実業や現実で厳しい局面を迎える人もいて、人生の岐路として大いなる決断が迫られる年になるかもしれません。その際は、一般的な成功や正しさを求めるのではなく、あくまで自分の感覚や、したいこと、やるべきこと(使命と思うもの)を中心に決めていくことです。

1月は冒険より、確実に成果の出ることを選択しましょう。

ソウルカード「2」の人
まさにあなたの「運命の輪」が新たに転回していく年となるでしょう。しかし、前半は、やり残した課題や心残りなところもあり、その処理に当面は時間を取れられるかもしれません。しかし終われば一転し、新しい出会い、職場、人間関係、交流と次々に登場してくる可能性があり、復縁や、かつての同僚・仲間との新しい形での再活動もあるかもしれません。また、あなたが一段上に上がり、人を育てる、指導するという立場になるテーマもあります。全体としては、人間としての喜びを大いに味わい、経験する年で、自らも積極的に動けば動くほど、発展が期待できます。

1月は休息を意識しながらも、ここぞという時は出ましょう。
(さらに…)


12月のソウルカードアドバイス

12月のソウルカードアドバイスです。
なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 12月

ソウルカード「1」の人
全体的に忙しく、時間コントロールに苦慮するかもしれません。結局、それはあなたが全方向的に、あるいは八方美人的に、すべて完璧にこなそう、よく見てもらおうという思いから出ているところもあるので、、きちんと自分に必要なものと不必要なものとを見極め、捨てるものは捨てるべきです。それから、男性、あるいは男性的リーダーシップを持った人からの助言はよく聞いておきましょう。

ソウルカード「2」の人
あなたと関わってくる人が、異業種や異分野も含めて増えてくる予想です。その中にはプライベートや仕事の面で、来年に向けて実りをもたらしてくれる人もいるでしょうし、継続して付き合っていく方も出るかもしれません。しかし、あなたがあくまで損得や利害で人を見ていては、同じような相手を自分が引き寄せることになるので、自他ともに純粋な内面を見ておくことです。

(さらに…)


11月のソウルカードアドバイス

11月のソウルカードアドバイスです。
なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 11月

ソウルカード「1」の人
先月からの流れの続きがまだあるようです。もしかすると、身近な人からの相談や、精神的ケアーをしなくてはならない事態があるかもしれません。頼られるくらいの神性と力を相手があなたに感じているからです。あなたの励ましや自然体の対応が、相手を癒し、回復させることが約束されているようです。そしてあなた自身の問題も、特に経済的なことで報われるようでしょう。

ソウルカード「2」の人
自分としては一人で静かに過ごしたいと思っていても、周りがあなたを放っておかず、いいろな企画やイベントに誘われたり、手伝いを要請されたりすることもあるでしょう。そのことで、新たな人間関係が生まれ、恋愛の対象者に出会うことや、好きな活動グループとの交流が始まることも期待できます。理屈よりも、感情を優先することで、あなたの流れは変わります。

(さらに…)


10月のソウルカードアドバイス

10月のソウルカードアドバイスです。
なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 10月

ソウルカード「1」の人
友人やハートナーとの距離感、付き合い方がテーマとなってきます。関係性において、慣れや、いわゆる惰性的なものが現れる人もいて、新鮮さが薄まってきているおそれもあります。また、互いに不信感や、秘密があるように感じられ、不安になることもあるかもしれません。いずれにしても、お互いに本当の自分でもって心を開き、新たな世界と関係を創造していくことが求められます。

ソウルカード「2」の人
空想、夢想気味でフワフワしていた人は、現実に引き戻され、仕事や生活基盤の安定に向き合わされることになります。一方、逆に、普段、現実にどっぷり浸かっている人は、甘いロマンや夢を見るような出来事に遭遇し、忘れていた気持ちを蘇らせてもよいでしょう。つまりは、バランスであり、その調整作用が、今月は特に実際の現象として見られることが予想されるのです。
(さらに…)


9月のソウルカードアドバイス

9月のソウルカードアドバイスです。
なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 9月

ソウルカード「1」の人
今後の予定や計画に、変更や狂いが生じてくるおそれがあります。その対応に右往左往してしましうこともありますが、思い切ってあきらめたり、大幅な変更をしたりする決断も時には必要となりますし、そのほうが、あとで全体から見るとよいことになります。とにかく、細かいことにはこだわらず、物事を大局的に見て、本当の目的、方向性さえ見失わなければOKです。

ソウルカード「2」の人
仕事で大きなことを任されたり、責任の重いものに取り組む必要が出たりと、精神的な疲れ、プレッシャーも過大になりそうです。また恋愛や人間関係の厳しい選択も待ち受けている可能性もあります。従って、できるだけストレスをためず、精神的にも楽になる方向を選び、無理はしないように心がけ、人に任せられるものは任せ、心身ともに休息や癒しが大切になってきます。
(さらに…)


Top