7月のソウルカードアドバイス

7月のソウルカードアドバイスです。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 7月

ソウルカード「1」の人
精神的に葛藤や悩みが続いたりして、全体的に気疲れしてしまいそうです。ですが、くよくよ悩んでいても始まらず、むしろ思い切った行動、変化、気分転換を試みるとよく、とにかく環境を変えてみることが大切です。多少の逃避もよしとするくらい、気持ちを楽にして、自分に課している無理なこと、必要以上の重い責任からは逃れ、自分を守ることも考えましょう。

ソウルカード「2」の人
学びより実践の時です。まさに案ずるより産むが易しであり、思っているよりも、やってみると、意外にうまく行くものです。さらに、あなたには見えないところでのサポートもついています。気を付けるべきは、自分だけの判断や独り善がりでやってしまわないことで、相手の気持ちを汲み、時には人に相談することです。また、あなたが人の縁を仲介する場合もあるでしょう。

ソウルカード「3」の人
強い恐れや不安があなたを襲うかもしれませんが、それはやがて、各種のサポートや情報により、解消に向かいます。また、やらなければいけないとわかっていることに対して、猶予がなくなり、前に進むしかなくなりますが、やってみると、今までの心配は何だったのかと、あっさりと気持ちも変わり、作業の進展がみられるでしょう。とにかくバージョンアップの時です。

ソウルカード「4」の人
ちまちまと調整や根回しをしている段階ではなく、もしあなたが上の立場や命令する位置にあるのなら、自分の決断で実行することです。それに対して、当初は混乱があっても、チーム・組織として、まとまってきます。逆にあなたが命令される立場にあるのなら、トップの指示に従い、粛々と自分の仕事・担当をこなしていくことです。今は余計なことは考えないほうがよいです。

ソウルカード「5」の人
どうもやる順番が間違っていたり、反対になっていたりするおそれがあります。もう一度優先順位、進め方を見直し、正しい順番に修正するとよいでしょう。それができれば、うまく進んでいきます。全体的には新しい方向、変える方向で選択するのがよく、待っているよりも、こちらから連絡したり、動いたりしたほうがよいです。今月は特に、ピンチもチャンスに変えることができます。

ソウルカード「6」の人
これまで自分が依存してきた人やものに気づく時が訪れるかもしれません。それは、自立を促すことでもあります。また、これまで相談したり、判断のよりどころとしてきたことが通用しなかったり、満足いかなかったりすることもありそうです。結局、それも、自分自身への信頼と自立性を尊重していく流れへの変化なのです。一人で成果を出すことが必要で、本当の自分を取り戻しましょう。

ソウルカード「7」の人
人によっては友人、パートナーや恋愛関係にある人との関係を見直す時となりそうです。違和感を今まで持ちながらも、惰性でつきあっていた関係は、ここで浄化の波が来て、本当の関係に進化するか、自身や相手の救い・成長のために、別れの次元に移ることもあるかもしれません。いずれにしても、これはお互いにとっての発展であり、魂の癒しに向かっているのです。

ウルカード「8」の人
約束や契約のきちんとした履行、成就ということが求められます。自分だけではなく、相手側にもそれは言え、それがいい加減な人は、関係を終わらせたり、これからのつきあいを見直してもよいでしょう。言葉や気持ちではいい風に感じても、また悪気はなくても、約束を守らない人もいます。今は誠実さ、正しさが重要で、本当に信頼できる相手を見極める時なのです。

ソウルカード「9」の人
悩んでいること、判断がつかないことがあるのなら、待っていてもだめで、自分から動いていくことです。レベルの違う人のアドバイス・情報をもらうことで、道も切り開かれます。同じパターンの繰り返しも隠されており、その指摘・気づきがあれば、悪い流れ・ループから脱出できます。それから、あなたを変えさせないグループからは、毅然とした態度で離れることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top