メッセージ

7月のソウルカードアドバイス

7月のソウルカードアドバイスです。
なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

また、今回はマルセイユタロットを知っている人には、7月に入ることもあり、今年後半を象徴するカード(大アルカナ)を一枚引きし、出たカードを記しておきます。(ご自分で経験と考察を深めてください)

ソウルカードアドバイス 7月

ソウルカード「1」の人
自分の求める居場所はどこかということがテーマとなりそうです。それは理想的な家族像にあるかもしれませんし、探求や学びのグループというものに存在するのかもしれません。同時に、あなたは、魂のつながりような相手を求めており、だから本当は、たった一人の人と深い話ができたり、癒し合えたりできればよいのだということにも気がつき、その人がいる場所こそが、探すべき所と言えそうです。

今年後半のカード 「隠者」

ソウルカード「2」の人
先月の積み残しのような情緒的問題が続き、その解消・浄化も継続します。また同時に、環境的・現実的にも結構多忙だったり、慌てたりする事態に見舞われそうです。いわば、てんてこ舞いのような感じで、それに対応しているだけで消耗してしまうかもしれません。それだけに自分の聖域のような時間と場所の確保をし、メンター・先生のような人と話をして、自分を整理するとよいでしょう。

今年後半のカード 「正義」

(さらに…)


6月のソウルカードアドバイス

6月のソウルカードアドバイスです。
なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 6月

ソウルカード「1」の人
理想を追い求めるのもよいのですが、あまりに高い目標は、かえってモチベーションを下げますので、自分のできる範囲のものに置き換えて、やれることから始めるとよいでしょう。また、親しい友人間、またはパートナーシップに何らかの変化があるかもしれません。見た目、相手に不信感を持つような事があっても、深い意味では信頼があることに気づくでしょう。とにかく性急に判断しないことです。

ソウルカード「2」の人
思ってもみなかった事態が、特に人間関係を中心に発生しそうです。それはあなたにとって信じられない展開だったり、裏切りに近いものだったりと、深刻な場合も考えられますが、結局、これらはあなたが成長し、変わるための大きなきっかけであり、強制的なレベルアップのためのステージ移行のようなものなのです。そして、あなたはこのことによって、意外な収穫を得ることができます。
(さらに…)


5月のソウルカードアドバイス

5月のソウルカードアドバイスです。
なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 5月

ソウルカード「1」の人
これから新しい段階が始まることが予想されます。その道は、将来性としては希望に満ちている反面、精神的にはつらいことや、今まで経験しなかったような世界が待ち受けています。これまでのような力押しや知識の拡大、行動の積極性だけでは通用せず、むしろ精神の落ち着き、熟成、シンプルな物事への考え方が必要とされます。つまりは、物質的には大きな変化なく、精神が充実するのです。

ソウルカード「2」の人
これまで周囲の助けや予想以上の幸運もあったかもしれませんが、今後は自分の力自体が試されることになり、うまく行っていたタイミングも変化し、言わば、自分の周波数というものを変える必要があります。それには、より高いレベルの人と交流したり、指導してもらったりするとよいです。また、意外な組合せの男女ペア、パートナーが期待でき、二人によって予想外の効果が出るでしょう。
(さらに…)


4月のソウルカードアドバイス

4月のソウルカードアドバイスです。
なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 4月

ソウルカード「1」の人
いつもより忙しい日々が予想され、自分を見失いがちになることもあるかもしれません。人に合わせたり、過度の責任を感じて仕事をし過ぎたりしないよう、調整が必要です。少しくらい、わがままにに思うくらいの程度でちょうどよいです。楽しむことを忘れずに、今はフィーリングがよいと感じるもの、わくわくするものを選択するのがベターで、心配には及ばず、楽観的に行けば大丈夫です。

ソウルカード「2」の人
過去のことや、去ってしまった人のことを悔やんだり、思いを寄せる時期があっても、次第に時間とともに気にならなくなり、前向きになっていくでしょう。仕事の面でも、昨年度分の残務処理などに追われることもありますが、それもあと少しのことです。自分が思うほどに過去はあなたを引きずらず、すでに新しいステージが用意され、それに進むよう、自然に導かれるて行くのがわかります。
(さらに…)


3月のソウルカードアドバイス

3月のソウルカードアドバイスです。
なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 3月

ソウルカード「1」の人
これまでの苦労が報われ、その収穫と恩恵を味わうことになります。しかしそうした喜びの後には、次の目標に向かって進むことも求められます。なかなかそれがはっきりとわからないかもしれませんが、少しずつ明確になってきます。いずれにしても、誰かに教えてもらう類のものではなく、自らで開拓しなければならないことです。それは、次代への育成や種まきにもなってくるでしょう。

ソウルカード「2」の人
自分の信じる拠り所や指導者に従って、これまでは順調に進んできたところもあります。しかし、同時に限界も見え始めて来ています。もう一度初心に戻り、新しい何かを学ぶ必要がありますし、従来の仲間の枠を超えた人たちとの交流も起こして行きましょう。仕事の上でも異動など、ポジションの変化が予想され、物質的にも精神的にも、様々な準備を行っておくとよいでしょう。
(さらに…)


Top