メッセージ

10月のソウルカードアドバイス

10月のソウルカードアドバイスです。
なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 10月

ソウルカード「1」の人
友人やハートナーとの距離感、付き合い方がテーマとなってきます。関係性において、慣れや、いわゆる惰性的なものが現れる人もいて、新鮮さが薄まってきているおそれもあります。また、互いに不信感や、秘密があるように感じられ、不安になることもあるかもしれません。いずれにしても、お互いに本当の自分でもって心を開き、新たな世界と関係を創造していくことが求められます。

ソウルカード「2」の人
空想、夢想気味でフワフワしていた人は、現実に引き戻され、仕事や生活基盤の安定に向き合わされることになります。一方、逆に、普段、現実にどっぷり浸かっている人は、甘いロマンや夢を見るような出来事に遭遇し、忘れていた気持ちを蘇らせてもよいでしょう。つまりは、バランスであり、その調整作用が、今月は特に実際の現象として見られることが予想されるのです。
(さらに…)


9月のソウルカードアドバイス

9月のソウルカードアドバイスです。
なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 9月

ソウルカード「1」の人
今後の予定や計画に、変更や狂いが生じてくるおそれがあります。その対応に右往左往してしましうこともありますが、思い切ってあきらめたり、大幅な変更をしたりする決断も時には必要となりますし、そのほうが、あとで全体から見るとよいことになります。とにかく、細かいことにはこだわらず、物事を大局的に見て、本当の目的、方向性さえ見失わなければOKです。

ソウルカード「2」の人
仕事で大きなことを任されたり、責任の重いものに取り組む必要が出たりと、精神的な疲れ、プレッシャーも過大になりそうです。また恋愛や人間関係の厳しい選択も待ち受けている可能性もあります。従って、できるだけストレスをためず、精神的にも楽になる方向を選び、無理はしないように心がけ、人に任せられるものは任せ、心身ともに休息や癒しが大切になってきます。
(さらに…)


8月のソウルカードアドバイス

8月のソウルカードアドバイスです。
なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 8月

ソウルカード「1」の人
バカンスの時期でありながら、仕事や家庭など、いろいろと融通の利かないことが起こり、その対応に苦慮するかもしれません。全体的にやるべきところとやらなくてもいいところのバランスが崩れ、無理矢理やらされている感が増します。組織や集まりから一歩離れた立場の人、中間的存在の人にアドバイスやサポートをもらうとよいでしょう。

ソウルカード「2」の人
暑さなどのこともあり、外に出るのが億劫になったり、一人の時間を楽しんだりする傾向になるかもですが、それはそれで悪くはなく、内的にはよい発見があります。一方で、意外に交際範囲を広げたり、特別な人との出会いのチャンスがあったりと、外出する機会を増やしてよいのです。気になる人には、思い切って自分から誘い出すのもありでしょう。
(さらに…)


7月のソウルカードアドバイス

7月のソウルカードアドバイスです。
なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 7月

ソウルカード「1」の人
闇から光、夜が朝になるように、沈んでいた気分や、混沌していた状況にも明るい兆しが出てきます。それはまさに希望となるもので、やっと長いトンネルを抜けた心境になるかもしれません。ただ、人によっては、その過程で激動や大きな改革が否応なく生じることがあり、その意味では試練の時と言え、つらく苦しいこともあるでしょう。しかし、いずれにしても出口は見えてくることになります。

ソウルカード「2」の人
最初の頃は、思うに行かなかったり、体調がすっきりしなかったりすることがあるかもしれませんが、次第にはっきり、すっきりしてきます。やるべきことが明確になり、自分に足りないところ、学ぶべきところがわかって行動にも移せるでしょう。公私ともに、いろいろな企画やプロジェクトに関わることもありそうで、忙しい中にも、ポジティブな気持ちでいられるでしょう。
(さらに…)


6月及び、今年中期のソウルカードアドバイス

今回は、2018年として、すでに半分近く来たこともあり、中盤(6月から9月あたり)についての中期的なアドバイスをメインとし、6月そのものはワンポイント的に示します。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 中期と6月

ソウルカード「1」の人
仕事がテーマとなり、何か転退職・資格に関わる重大な決断をするきっかけが起こる可能性があります。自身というより、上司的・責任者的立場の人の異動・変化も予想され、それに伴う職場環境の調整も働くでしょう。プライベートにおいては、交際・交流はそれなりに活発にはなりますが、これも自分との関係性に、ある種の決断が求められそうです。結局、公私ともに決着やメリハリをつけるということが、課題として挙がりそうです。6月は、深い学び(特に精神性)を行うとよいでしょう。

ソウルカード「2」の人
変化は大きくはないのですが、ゆっくりと、しかし確実に起こってきます。自分としては抵抗もあるのですが、少しずつでも変わっていく流れに乗ることが大切です。また過去のものが再び現れるという暗示があり、旧友との再会や、かつて取り組んでいたことの再開もあるかもしれません。全体的にはのんびり行く姿勢がよく、自分が必死でやらなくても、任せれば他人がしっかりやってくれますので、柔軟な姿勢を持ちましょう。6月は、ここぞと思う場所に出かけるとよいです。
(さらに…)


Top