メッセージ

2月のソウルカードアドバイス

2月のソウルカードアドバイスです。
なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 2月

ソウルカード「1」の人
上司や目上の人、あるいは自分のメンターのような人の指導のもとに、着実な成果(結果)を出すことがテーマとなります。まずは精神的な変革から始まり、次第に具体的な行動へと動いていくことになります。頭だけで考えていても始まらず、言われたことを実際にやってみる姿勢が大切です。その過程では、なかなかつらいこともあるかもしれせんが、それだけあなたは評価されることになります。

ソウルカード「2」の人
精神的、愛情的なことでの選択がテーマと言えそうです。つまり、物質的・効率的視点では選べないことが起こるか、すでに起きており、その狭間で葛藤する状態です。全体的にうまく物事が行かないことも予想され、そのために自信喪失となることがあっても、心の支えのようなもの(人)があなたには与えられ、それが従来の価値観を変える大きなきっかけとなり、強い愛情関係も育まれることでしょう。
(さらに…)


2018年のソウルカードアドバイス

年初ということで、2018年の全般のソウルカードアドバイスをお送りします。
また、1月につきましては、ワンポイントアドバイスを載せておきます。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 2018年

ソウルカード「1」の人
他人や環境の変化をあてにしても何も変わらないか、ただ時間が過ぎていくだけです。今年は自らが動き、目標に向かって進むことで、確実に状況が変わっていくことになります。また、到達すべきレベルや、やり遂げなければならないものがあり、その完成・完結を見ることがテーマになってくるでしょう。精神的なことの充実を果たすと同時に、物質的・経済的・形となって確かめられる収穫を得ることも大切です。さらには、これまでとはまったく違った価値観を身につけ、生き方もガラリと変質する可能性も示唆されます。

1月のワンポイント
すぐの効果を期待するより、コツコツとした努力が望まれます。

ソウルカード「2」の人
仕事や公のことで、二者択一、あるいはいくつかの選択肢に迷うようなこともあるかもしれません。いずれにしても、今年はあなたの社会的な地位、所属、関わり方、あり方がテーマとして浮上し、今後、職場でどのように自分を活かしていくのか、これから働いていくのかにおいての課題に取り組むことになりそうです。その結果、転職や独立を選ぶ人もあるでしょう。全体的(プライベートも含む)には悩みながらも決断をする年といえ、結局、中途半端に済ますことはできず、本年においての決着が求められます。

1月のワンポイント
シンプルな生活を心掛け、たまったものを処分することです。

(さらに…)


12月のソウルカードアドバイス

12月のソウルカードアドバイスです。
なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

一年の最終月ですので、当月のアドバイスの意味もありますが、今年一年のテーマや課題・達成について思いを巡らせていだたく(2017年は、あなたにとってどのような年の意味であったのかを振り返る)内容になっています。

ソウルカードアドバイス 12月

ソウルカード「1」の人
今年は自分の心や感情を揺さぶるような選択、出会いなどがあったかもしれません。そしてそれはいまだ尾を引いている人もいれば、ある程度の整理がついた人もいるでしょう。いずれにしても、ただ仕事をする毎日よりも、自分の楽しみや喜びを、違う形で知る必要があったと言えます。簡単に言えば、これからの自分にとって、人生をさらにエンジョイするための準備であり、来年以降も続きそうです。

ソウルカード「2」の人
女性の人には、自身の女性性への取り組みと開花のプロセス、男性の人にとっても、自分の中の感性を磨いたり、直感を受け入れたりする柔軟性を身につける目的がありました。これまでの成功概念、常識や感覚が通じなくなってきていることも感じ、臨機応変に、しかも自分の内なるものを信じて行動する基礎づくりが行われてきたとも言えます。来年は新しいものを生み出すことになりそうです。
(さらに…)


11月のソウルカードアドバイス

11月のソウルカードアドバイスです。
なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 11月

ソウルカード「1」の人
思い残しや悔やみのような感情が起き、過去を回想することがあるかもしれません。全体的には足踏み状態が考えられ、前に進もうとしても、環境・心情両面で足をとられることがあるようです。ここは無理矢理納得させようとせず、悔恨があるのなら、今できることはやっておいたほうがよいでしょう。少なくとも、過去にふたをせず、少々の痛みや金銭的消費があっても、滞りは解消しておくことです。

ソウルカード「2」の人
これまでのことに片が付いたり、最終的な決着をつけたりする時期と言えます。まさに「仕上げ」と言った段階で、交際している人は結婚、夫婦には子どもの誕生、仕事では転職や異動、趣味や友人関係では旧グループの終わりと新しい人との交流の始まりなど、人生においても何らかの区切りがつく時でしょう。それがたとえネガティブと思える変化や結果であっても、あなたにとっては祝福です。
(さらに…)


10月のソウルカードアドバイス

10月のソウルカードアドバイスです。
なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 10月

ソウルカード「1」の人
以前から、特に感情的・精神的に悩みがあった人も、よい人の助言やアドバイスで解消することが予想されますので、一人で悩まず、誰かに相談する行動を起こすことです。学びや気づきのレベルにおいても、一段向上することが予想され、躊躇していたことにも、意外に思えるほど、あっさりと取り組むことができるようになるでしょう。また、物質(経済)的にも投資していくことで実りが得られます。

ソウルカード「2」の人
仕事を新しく始めたり、今までの家や土地を離れたりして、未経験や新規の環境に身を置くことがありそうです。すでにそういう状況に踏み出した人もいるでしょう。希望を胸に、新環境で活動的になる反面、足をすくわれるようなことも起きるかしもれません。要するに、ポジティブさだけではなく、自分を守る慎重さも併せ持つ必要があるのです。健康面にも注意し、無理しないよう気をつけましょう。
(さらに…)


Top