メッセージ

10月のソウルカードアドバイス

10月のソウルカードアドバイスです。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 10月

ソウルカード「1」の人
自分が思うより、この先の未来は期待できるものと信じましょう。どうやら、今のあなたには、何か落ち込むことがあったり、周囲の情報に惑わされたりしていることで、自分に自信が持てなくなっているきらいがあります。落ち込む必要がないこと、情報はもっと別のルートや、希望を与えてくれる人から得ることなど心がけましょう。自分の気持ちが変われば、実際の状況もよくなってきます。

ソウルカード「2」の人
経験ということがテーマとなります。仕事など、あるフィールドで、自分がまだ未熟だと思う人は、先輩方の指導を受け、経験を積み重ねる必要があります。逆に、年配者や上の立場の者は、経験を重視し過ぎない斬新な見方が求められます。プライベートでは、未知の経験をすることがよく、知らない方法、新しい趣味、心を揺さぶる人との関係などに挑戦していくと、人間性に深みが増します。

(さらに…)


9月のソウルカードアドバイス

9月のソウルカードアドバイスです。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 9月

ソウルカード「1」の人
事態の打開には、ただ待っているだけではだめで、自分から動いていくことが必要です。特に人間関係に惰性が見られますので、このあたりで、区切りをつけるなり、改善を施すなり、現実に何らかの行動を起こすとよいでしょう。ただし、自分の好ましい方向になることを期待し過ぎず、状況の変化には段階があることを思い、やるだけやって、あとは成り行きに任せる姿勢も大事です。

ソウルカード「2」の人
冒険はしても構いませんが、それなりに準備をしておくことが必要です。しかし、何もせず、じっと動かないというのも問題です。あなたは今、好奇心に満ち、新しいものを求めて内的にも動き始めています。同時に、あなたを求める人や組織、グループがあり、あなたはそこに、面白い人材、刺激をもたらす人として迎えられるでしょう。あなたが自由でいられる、守られた場所を探しましょう。

(さらに…)


8月のソウルカードアドバイス

8月のソウルカードアドバイスです。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 8月

ソウルカード「1」の人
目上の人や指導者の引き立て、紹介などがあり、よいポジションについたり、責任ある立場を任せられたりしそうです。ということは、それだけ、自分の努力が報われると同時に、やってきた自信を持っておく必要があります。人の縁も、仕事、私的交際など各方面で広がるところがあり、自らも積極的に動くことで、さらによい情報に出会え、精神的、経済的に発展していくきっかけをつかめます。

ソウルカード「2」の人
全体的に性急すぎる面があり、もう少し落ち着いたほうがいいでしょう。ただ、もう少しで波に乗れそうなところもあり、タイミングを見誤らなければ、浮上や躍進につながります。ですから、慎重を期するところはそうしつつも、ここぞと思う時は大胆に出るという、ふたつの姿勢がいります。失敗をしても回復・挽回するチャンスがありますので、恐れず、前に進む気持ちが大切です。

(さらに…)


7月のソウルカードアドバイス

7月のソウルカードアドバイスです。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 7月

ソウルカード「1」の人
自分の判断に迷いが出そうです。逆に、すでに信念や確信を抱いて、進むべき道が決まってくる人もいます。いわば、両極端な人に分かれるという感じでしょうか。迷いの出る人は、魅力的ではあっても悪意や下心のある存在につかまったり、騙されたり、弱みに付け込まれたりしないよう気を付けましょう。以前から信用のおける人や、正しく判断できる身内の者からのアドバイスを求めることてす。

ソウルカード「2」の人
これまでの方針からの転換の必要性があります。それだけに、なかなか勇気のいることですが、時にはやり直しや撤退、あるいは続けていた方法の変更も受け入れることで、なかなか突破できなかった限界を超えることが可能になります。指導者やコンサルタントがいる場合は、そのレベルを上げることも策のひとつです。プライベートでは、力を抜いて、レジャーを楽しむとよいです。

(さらに…)


6月のソウルカードアドバイス

6月のソウルカードアドバイスです。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 6月

ソウルカード「1」の人
力のかけ方のアンバランスさが目立つかもしれません。もっと集中し、まじめに取り組むべきところが弱くなっていたり、逆に、いい加減にしてもよいところに力が入り過ぎたりしていないか、チェックしてみましょう。また独力で解決しようという傾向が強く、そういう時ほど意固地になったり、視野が狭くなったりしており、他人の力を素直に借りたほうが、スムースに行くことを知りましょう。

ソウルカード「2」の人
現状やこれからのことについて、心配や問題を思う人がいるようです。反対に、比較的すべてが順調に行く人もいます。その違いは、こだわりの強さ、自分に課するルールが縛りになっているか、成長のもとになっているかによるところが大きいでしょう。要するに、自分を追い詰めないことです。「何とかなる」という気楽な姿勢が、あなたの精神を解放し、発展する材料を発見しやすくするのです。

(さらに…)


Top