メッセージ

10月のソウルカードアドバイス

10月のソウルカードアドバイスです。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 10月

ソウルカード「1」の人
攻める時は攻め、守るべき時は守りという、メリハリをつけた生活を心がけるとよく、周囲のサポートもあって、前半はスムースに行くことが多いと予想されます。しかし、後半は人間関係が焦点・課題となり、特にパートナーシップとしての二人の協力関係、行く末が注目されます。しかも精神的なことよりも、実際的なことがテーマとなりますので、理想だけではなく、現実を見ての対応と向き合いが必要となります。

ソウルカード「2」の人
公共性・客観性が重んじられる時で、あまり私利私欲に走り過ぎると問題が大きくなります。ただし、いつも利他になる人、自己犠牲を払い過ぎている人は、それ自体が自分の私利私欲だと理解しなければならず、もっと自分のためにエネルギーを注ぐことです。そうではない普通の人は、初めに述べたように、普段よりも、相手とか皆のための選択と役割をこなすことになりそうです。要するにバランサーが働くのです。
(さらに…)


9月のソウルカードアドバイス

9月のソウルカードアドバイスです。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 9月

ソウルカード「1」の人
あせらず、少しずつというのが全体的に言えることです。高い目標や大きな野望があっても、一気に到達は難しく、段階を踏んでいくことが求められます。また、一人で悩んでいても停滞するばかりですので、思い切って他人の力を借りるなど、プライドや意地を捨て、助力を願いましょう。友人、パートナーとの親交を深めるにはよい時期ですので、一緒にどこかに旅に出るなどして過ごしてみましょう。

ソウルカード「2」の人
様々な情報、たくさんの興味などがあなたに向かって来ることがありそうです。しかし、それに振り回されて、肝心なことが疎かになったり、注意が散漫になったりして、問題となる場合もあります。今は、中心となること、本当に必要なことに集中し、それを遂行していくことです。また夏の疲れが出やすい時でもありますので、健康管理に注意しつつ、リラックス、緩めることを心がけましょう。

(さらに…)


8月のソウルカードアドバイス

8月のソウルカードアドバイスです。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 8月

ソウルカード「1」の人
自分としてははっきりさせたい状況でも、事態はあまり進まず、曖昧模糊とした感じのままかもしれません。こういう時は無理をせず、変化を求めるよりも、気持ちや心を安定したり、満足させたりすることに力を入れることです。そのためには「環境を選ぶ」ということが大事で、そのための行動はありです。全体的には準備期という認識で、体力・気力を蓄えておきましょう。

ソウルカード「2」の人
選択や決断がテーマです。ただ、そのための試練があり、有用・無用、善悪含めた様々な情報があなたに入って来るかもしれません。要するに、決めるための情報にふりまさわれやすいということです。ネットや知らない他人の意見よりも、案外と身近でローカル、直接的な人の言葉に価値があり、考え過ぎす、なるべくシンプルに決めることが重要になります。

(さらに…)


7月のソウルカードアドバイス

7月のソウルカードアドバイスです。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 7月

ソウルカード「1」の人
物事が思うように進まず、イライラしたり、投げやりになったりするかもしれません。どうやら願望や欲求が強すぎる傾向にあるか、逆に、エネルギーが低下し、生きる気力も少なく、虚無感にとらわれているという状態のようです。前者は自制を心がけつつ、クリエィティブなことに携わるとよく、後者では、癒しや自分に対しての制限を解放し、何をするのでも許可を与えるとよいでしょう。要はバランスの問題なのです。

ソウルカード「2」の人
他人の犠牲にならないように気を付け、自分の希望、したいこと(もしくはやりたくないこと)ははっきりと主張したほうがよいでしょう。反対に自信過剰になって、人を軽く扱うような場合もあるかもしれず、どちらにしても、人間関係においての問題となります。特に公や仕事上のことで、そうした事態が生じやすいので注意です。全体的にゆっくりと事を進めるのがよく、心身ともに余裕をもっておくことです。
(さらに…)


6月のソウルカードアドバイス

6月のソウルカードアドバイスです。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 6月

ソウルカード「1」の人
白か黒か、右か左か、やるかやらないか、など、極端な考えに囚われる傾向がありそうです。努めて中庸や第三の選択を見るようにし、あるいは、どちらも選ばないという道もあるのだと余裕をもって対応することです。人間関係では新しさが期待できますし、積極的に自分から話しかけてもよいでしょう。長いつきあいの間柄であっても、何かしらのフレッシュさをともなう企画を実行すれば楽しくなります。

ソウルカード「2」の人
「他人事のようにとらえてみる」というのがテーマです。つまりは、今自分が必要以上に当事者意識があり、そのことに執着したり、囚われていたりするので、客観性をもっと持つとよいということです。ですから、一度、問題や現場から離れてみる、冷却期間を置く、人に相談してみるなどの対策を取るとよいでしょう。全体的に、関わり過ぎるより、少々冷淡なくらいか、逃避するほうが自分を守れます。

(さらに…)


Top