メッセージ

8月のソウルカードアドバイス

8月のソウルカードアドバイスです。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 8月

ソウルカード「1」の人
自分としてははっきりさせたい状況でも、事態はあまり進まず、曖昧模糊とした感じのままかもしれません。こういう時は無理をせず、変化を求めるよりも、気持ちや心を安定したり、満足させたりすることに力を入れることです。そのためには「環境を選ぶ」ということが大事で、そのための行動はありです。全体的には準備期という認識で、体力・気力を蓄えておきましょう。

ソウルカード「2」の人
選択や決断がテーマです。ただ、そのための試練があり、有用・無用、善悪含めた様々な情報があなたに入って来るかもしれません。要するに、決めるための情報にふりまさわれやすいということです。ネットや知らない他人の意見よりも、案外と身近でローカル、直接的な人の言葉に価値があり、考え過ぎす、なるべくシンプルに決めることが重要になります。

(さらに…)


7月のソウルカードアドバイス

7月のソウルカードアドバイスです。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 7月

ソウルカード「1」の人
物事が思うように進まず、イライラしたり、投げやりになったりするかもしれません。どうやら願望や欲求が強すぎる傾向にあるか、逆に、エネルギーが低下し、生きる気力も少なく、虚無感にとらわれているという状態のようです。前者は自制を心がけつつ、クリエィティブなことに携わるとよく、後者では、癒しや自分に対しての制限を解放し、何をするのでも許可を与えるとよいでしょう。要はバランスの問題なのです。

ソウルカード「2」の人
他人の犠牲にならないように気を付け、自分の希望、したいこと(もしくはやりたくないこと)ははっきりと主張したほうがよいでしょう。反対に自信過剰になって、人を軽く扱うような場合もあるかもしれず、どちらにしても、人間関係においての問題となります。特に公や仕事上のことで、そうした事態が生じやすいので注意です。全体的にゆっくりと事を進めるのがよく、心身ともに余裕をもっておくことです。
(さらに…)


6月のソウルカードアドバイス

6月のソウルカードアドバイスです。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 6月

ソウルカード「1」の人
白か黒か、右か左か、やるかやらないか、など、極端な考えに囚われる傾向がありそうです。努めて中庸や第三の選択を見るようにし、あるいは、どちらも選ばないという道もあるのだと余裕をもって対応することです。人間関係では新しさが期待できますし、積極的に自分から話しかけてもよいでしょう。長いつきあいの間柄であっても、何かしらのフレッシュさをともなう企画を実行すれば楽しくなります。

ソウルカード「2」の人
「他人事のようにとらえてみる」というのがテーマです。つまりは、今自分が必要以上に当事者意識があり、そのことに執着したり、囚われていたりするので、客観性をもっと持つとよいということです。ですから、一度、問題や現場から離れてみる、冷却期間を置く、人に相談してみるなどの対策を取るとよいでしょう。全体的に、関わり過ぎるより、少々冷淡なくらいか、逃避するほうが自分を守れます。

(さらに…)


5月のソウルカードアドバイス

5月のソウルカードアドバイスです。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 5月

ソウルカード「1」の人
感情的に違和感を覚えることは無視せず、その原因を探ってみることです。おそらく、ひっかかっているもの、放置できないものがあるはずです。その見当がついてきたら、少しずつでもよいので、対策や解決を図っていくとよいでしょう。一気にしようすると余計に悩ましくなりますので、できることから順次処理していきます。また、孤独を感じやすい時でもありますので、誰かと一緒にいる機会を多く持つとよいです。

ソウルカード「2」の人
リーダーや責任者として、何かを任せられることがあるかもしれません。難しいことも予想されますが、大きく自分を成長させるチャンスでもあります。日常的にも、グループや仲間内で、リーダーシップを取るようにしてみるとよいでしょう。やってみると、自分の意外な力に驚きます。それから、人によっては自己犠牲が目立ちます。もっと自分を大切にすることを思い、意に沿わないものはきちんと拒否しましょう。

(さらに…)


4月のソウルカードアドバイス

4月のソウルカードアドバイスです。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 4月

ソウルカード「1」の人
まだ少し、先月の積み残しのようなことがあって、その対応に追われることがあるかもしれません。全体的には、あなたの周囲の環境が大きく変わったり、騒がしくなったりしそうですが、それに惑わされず、自分を守ることが大事です。誘惑も多く、心を乱される事柄も増えますが、自分が何を大切しているかを考え、自分自身が楽しめることを優先し、無理に他人に合わすことは避けたほうがよいでしょう。

ソウルカード「2」の人
下の者の面倒を見たり、指導をしたりすることが増えそうです。逆に自分が下の立場であれば、わからないことは上の者に尋ねるとよく、自分勝手な判断は、かえってまずくなります。中盤から後半は落ち着いてきて、自分のことに向ける余裕もあるでしょう。新しい情報にふれ、新規オープンした場所や、初めて試みられるものなどに機会があれば挑戦し、自らの情報バシージョンを上げることが勧められます。

(さらに…)


Top