メッセージ

4月のソウルカードアドバイス

4月のソウルカードアドバイスです。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 4月

ソウルカード「1」の人
なかなか調整の難しい事態が訪れそうです。無理に処理や解決を図ろうとすると、余計に収集がつかなくなる恐れがあります。一番の方法は様子見となります。つまりは無暗に動くべからず、ということです。夫婦や家族、親しい者との協力関係も示唆されており、そのことがあなたを救います。一方、様子見とは言え、運動そのものは大切ですから、体は動かしておきましょう。

ソウルカード「2」の人
誘惑や欲望をいかにコントロールするかが課題です。それでなくても、情勢が禁欲的な方向にあるので、なかなか我慢も限界になることもあるかもしれませんが、今は辛抱したほうがよさそうです。これくらいはいいだろうという思いと行動が、あとで取り返しのつかない事態を招く恐れがあります。迷わすような人や甘い言葉を述べているような人には近づかない、受け入れないことです。
(さらに…)


3月のソウルカードアドバイス

3月のソウルカードアドバイスです。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 3月

ソウルカード「1」の人
人に教えてもらうより、今は自習・独学で、準備を進めたり、復習をして学びを落とし込んだりする時と言えます。社会状況にも合致しますが、全体的に外でというより、内にという印象であり、自分を内的に高めには格好の時期となります。精神的な落ち着きが、何よりも自身の健康とも結びついてきますので、必要な情報以外は遮断し、静かな環境で穏やかさを保つことが重要です。

ソウルカード「2」の人
叶わぬ夢や抽象的なことを言っている場合ではないようです。極めて現実性を重視する示唆が出ており、無駄なこと、役に立たないこと、根拠のないことは避け、効率的で、確実であり、実際的な選択と行動をしていくことてす。決断力とスピードも要求され、優柔不断でいては、ますます事態を悪化させます。ただ、あせりは禁物で、時間が解決するものもあることは見ておきましょう。
(さらに…)


2月のソウルカードアドバイス

2月のソウルカードアドバイスです。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 2月

ソウルカード「1」の人
周囲の喧騒をよそに、あなた自身は充実した日々が過ごせそうです。特に仕事や外向きの活動分野で、これまでやってきたことが認められ、大きく評価されることもあるでしょう。また、春先の異動に向けて情報で、新しいポジションや役割を担わされるかもしれず、組織のあなたへの期待がうかがえます。まさにチャンス到来の時期といえ、それを逃さず、タイミングを見誤らないことです。

ソウルカード「2」の人
今月は、自分の限界を知り、現状の自分以上の能力や知識を持つ人に学んだり、指導を受けたりするとよいです。また、別の言い方をすれば、うまく他人を利用するということで、これは悪い意味ではなく、自分ができないことは人にやってもらうという、要領・効率の良さを意識しましょうと言っています。それから心にため込まず、きちんと外に向けて発散しておくことも重要です。
(さらに…)


1月のソウルカードアドバイス(+2020) 

1月のソウルカードアドバイスと、年初ということもあり、簡単ですが、2020年全般についてのメッセージもお送りします。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 1月+2020年

ソウルカード「1」の人
今月は考えあぐねているより、行動したほうが早いです。また、自分が思っているよりも高い目標を目指してみるのもよいでしょう。自分を過小評価せず、自己を尊重し、自分はできる人間だと言い聞かせてやってみると、案外うまく行きますし、あなたよりも上の立場の人からもサポートが得られるでしょう。情報にはいつも以上に注目し、あなたにとって確実によいものもありますので、それを探すことです。

今年は仕事での大きな決断があるかもしれません。もしくは、自分の望ましい環境を手に入れるべく、行動に移す年になりそうです。プライベートでは、新たな趣味や仲間を持つことも考えられます。

ソウルカード「2」の人
いきなりの転機があるかもしれません。古い人間のアドバイスは、まさに時代遅れであり、あなたにとってはあまり益にならないでしょう。今、苦境にある人は、あなた自身が動くことで救いがもたらされます。逆に言うと、待っていてばかりでは、何も変わらないおそれがあります。責任のある仕事が早々に任されることもありそうですが、しっかりとした準備をすれば、あなたならやれるはずです。

今年は特に経済、もしくは健康の基盤を確立させるテーマがあります。これまでの常識とは異なる方法も考えましょう。急な拡大というより、少しずつ成長し、しかし確実に成果を得る年となるでしょう。

(さらに…)


12月のソウルカードアドバイス

12月のソウルカードアドバイスです。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 12月

ソウルカード「1」の人
比較的好調さが続きそうですが、それゆえに、やや自信過剰になり、慎重さを欠いた行動もしがちです。仕事面においても、予想外のことや、能力的に難しい課題が出ることもあるかもしれません。ですから、ここは謙虚さを取り戻し、周囲の人や、目上の人に気遣い、困難な事態は素直に相談する態度がよいでしょう。意欲は旺盛でも、無謀にやり過ぎないよう注意しましょう。

ソウルカード「2」の人
先月ではっきりとした決別があった場合、新しいフィールドに導かれるでしょう。まだくすぶっている時は、いよいよ、今年中に決着をつけるべきです。全体的にはよい方向にチェンジする流れにあり、古いモノを終わらすことができれば、望ましい変化を期待することができます。人間関係、特に恋愛に発展する出会い、学びの質を上げてくれる人・仲間との巡り合いなども起こりそうです。
(さらに…)


Top