メッセージ

1月のソウルカードアドバイス(+2020) 

1月のソウルカードアドバイスと、年初ということもあり、簡単ですが、2020年全般についてのメッセージもお送りします。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 1月+2020年

ソウルカード「1」の人
今月は考えあぐねているより、行動したほうが早いです。また、自分が思っているよりも高い目標を目指してみるのもよいでしょう。自分を過小評価せず、自己を尊重し、自分はできる人間だと言い聞かせてやってみると、案外うまく行きますし、あなたよりも上の立場の人からもサポートが得られるでしょう。情報にはいつも以上に注目し、あなたにとって確実によいものもありますので、それを探すことです。

今年は仕事での大きな決断があるかもしれません。もしくは、自分の望ましい環境を手に入れるべく、行動に移す年になりそうです。プライベートでは、新たな趣味や仲間を持つことも考えられます。

ソウルカード「2」の人
いきなりの転機があるかもしれません。古い人間のアドバイスは、まさに時代遅れであり、あなたにとってはあまり益にならないでしょう。今、苦境にある人は、あなた自身が動くことで救いがもたらされます。逆に言うと、待っていてばかりでは、何も変わらないおそれがあります。責任のある仕事が早々に任されることもありそうですが、しっかりとした準備をすれば、あなたならやれるはずです。

今年は特に経済、もしくは健康の基盤を確立させるテーマがあります。これまでの常識とは異なる方法も考えましょう。急な拡大というより、少しずつ成長し、しかし確実に成果を得る年となるでしょう。

(さらに…)


12月のソウルカードアドバイス

12月のソウルカードアドバイスです。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 12月

ソウルカード「1」の人
比較的好調さが続きそうですが、それゆえに、やや自信過剰になり、慎重さを欠いた行動もしがちです。仕事面においても、予想外のことや、能力的に難しい課題が出ることもあるかもしれません。ですから、ここは謙虚さを取り戻し、周囲の人や、目上の人に気遣い、困難な事態は素直に相談する態度がよいでしょう。意欲は旺盛でも、無謀にやり過ぎないよう注意しましょう。

ソウルカード「2」の人
先月ではっきりとした決別があった場合、新しいフィールドに導かれるでしょう。まだくすぶっている時は、いよいよ、今年中に決着をつけるべきです。全体的にはよい方向にチェンジする流れにあり、古いモノを終わらすことができれば、望ましい変化を期待することができます。人間関係、特に恋愛に発展する出会い、学びの質を上げてくれる人・仲間との巡り合いなども起こりそうです。
(さらに…)


11月のソウルカードアドバイス

11月のソウルカードアドバイスです。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 11月

ソウルカード「1」の人
問題を放置していたり、単独で解決しようとしたりしても、今回は難しいかもしれません。論理的なアプローチよりも、感情に根ざした、気持ちの浄化や整理、わだかまりを溶かすかのようなことが必要です。困った時は人に相談し、自分の感情を抑圧せず聞いてもらい、解放していくことが大事です。後半は驚くような事件もあるかもしれませんが、それはよい意味でのことになります。

ソウルカード「2」の人
しばらく厄介な案件、人との関わりが続くかもしれませんが、それも自分がきちんと決別の意志と行動を示すことで、すっきりと解消されます。情報の切り替えと、新しいものを用いることが重要になり、これまでと同じことをしていくのは限界です。環境と意識の拡大が望め、自分を成長させるグループからの勧誘、自己の将来に大きく関係してくる人との出会いもあるかもしれません。

(さらに…)


10月のソウルカードアドバイス

10月のソウルカードアドバイスです。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 10月

ソウルカード「1」の人
自分が思うより、この先の未来は期待できるものと信じましょう。どうやら、今のあなたには、何か落ち込むことがあったり、周囲の情報に惑わされたりしていることで、自分に自信が持てなくなっているきらいがあります。落ち込む必要がないこと、情報はもっと別のルートや、希望を与えてくれる人から得ることなど心がけましょう。自分の気持ちが変われば、実際の状況もよくなってきます。

ソウルカード「2」の人
経験ということがテーマとなります。仕事など、あるフィールドで、自分がまだ未熟だと思う人は、先輩方の指導を受け、経験を積み重ねる必要があります。逆に、年配者や上の立場の者は、経験を重視し過ぎない斬新な見方が求められます。プライベートでは、未知の経験をすることがよく、知らない方法、新しい趣味、心を揺さぶる人との関係などに挑戦していくと、人間性に深みが増します。

(さらに…)


9月のソウルカードアドバイス

9月のソウルカードアドバイスです。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 9月

ソウルカード「1」の人
事態の打開には、ただ待っているだけではだめで、自分から動いていくことが必要です。特に人間関係に惰性が見られますので、このあたりで、区切りをつけるなり、改善を施すなり、現実に何らかの行動を起こすとよいでしょう。ただし、自分の好ましい方向になることを期待し過ぎず、状況の変化には段階があることを思い、やるだけやって、あとは成り行きに任せる姿勢も大事です。

ソウルカード「2」の人
冒険はしても構いませんが、それなりに準備をしておくことが必要です。しかし、何もせず、じっと動かないというのも問題です。あなたは今、好奇心に満ち、新しいものを求めて内的にも動き始めています。同時に、あなたを求める人や組織、グループがあり、あなたはそこに、面白い人材、刺激をもたらす人として迎えられるでしょう。あなたが自由でいられる、守られた場所を探しましょう。

(さらに…)


Top