メッセージ

8月のソウルカードアドバイス

8月のソウルカードアドバイスです。
なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 8月

ソウルカード「1」の人
バカンスの時期でありながら、仕事や家庭など、いろいろと融通の利かないことが起こり、その対応に苦慮するかもしれません。全体的にやるべきところとやらなくてもいいところのバランスが崩れ、無理矢理やらされている感が増します。組織や集まりから一歩離れた立場の人、中間的存在の人にアドバイスやサポートをもらうとよいでしょう。

ソウルカード「2」の人
暑さなどのこともあり、外に出るのが億劫になったり、一人の時間を楽しんだりする傾向になるかもですが、それはそれで悪くはなく、内的にはよい発見があります。一方で、意外に交際範囲を広げたり、特別な人との出会いのチャンスがあったりと、外出する機会を増やしてよいのです。気になる人には、思い切って自分から誘い出すのもありでしょう。
(さらに…)


7月のソウルカードアドバイス

7月のソウルカードアドバイスです。
なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 7月

ソウルカード「1」の人
闇から光、夜が朝になるように、沈んでいた気分や、混沌していた状況にも明るい兆しが出てきます。それはまさに希望となるもので、やっと長いトンネルを抜けた心境になるかもしれません。ただ、人によっては、その過程で激動や大きな改革が否応なく生じることがあり、その意味では試練の時と言え、つらく苦しいこともあるでしょう。しかし、いずれにしても出口は見えてくることになります。

ソウルカード「2」の人
最初の頃は、思うに行かなかったり、体調がすっきりしなかったりすることがあるかもしれませんが、次第にはっきり、すっきりしてきます。やるべきことが明確になり、自分に足りないところ、学ぶべきところがわかって行動にも移せるでしょう。公私ともに、いろいろな企画やプロジェクトに関わることもありそうで、忙しい中にも、ポジティブな気持ちでいられるでしょう。
(さらに…)


6月及び、今年中期のソウルカードアドバイス

今回は、2018年として、すでに半分近く来たこともあり、中盤(6月から9月あたり)についての中期的なアドバイスをメインとし、6月そのものはワンポイント的に示します。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 中期と6月

ソウルカード「1」の人
仕事がテーマとなり、何か転退職・資格に関わる重大な決断をするきっかけが起こる可能性があります。自身というより、上司的・責任者的立場の人の異動・変化も予想され、それに伴う職場環境の調整も働くでしょう。プライベートにおいては、交際・交流はそれなりに活発にはなりますが、これも自分との関係性に、ある種の決断が求められそうです。結局、公私ともに決着やメリハリをつけるということが、課題として挙がりそうです。6月は、深い学び(特に精神性)を行うとよいでしょう。

ソウルカード「2」の人
変化は大きくはないのですが、ゆっくりと、しかし確実に起こってきます。自分としては抵抗もあるのですが、少しずつでも変わっていく流れに乗ることが大切です。また過去のものが再び現れるという暗示があり、旧友との再会や、かつて取り組んでいたことの再開もあるかもしれません。全体的にはのんびり行く姿勢がよく、自分が必死でやらなくても、任せれば他人がしっかりやってくれますので、柔軟な姿勢を持ちましょう。6月は、ここぞと思う場所に出かけるとよいです。
(さらに…)


5月のソウルカードアドバイス

5月のソウルカードアドバイスです。
なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 5月

ソウルカード「1」の人
“なくしたものを見つける、探す”がテーマとなりそうです。それは特に、家族や家庭、自身のルーツに関係する可能性があり、生育歴において、自分がかつては自信や温かさとして持っていたものいうことが考えられます。また、テーマとはまったく逆のパターンの人もおり、その場合は、“積み上げてきたものを手放す”ことにより、新しい自分と道を確信します。

ソウルカード「2」の人
“今を楽しむ”ということがテーマです。過去や未来に気を取られ過ぎず、今自分が楽しめること、集中できることにフォーカスし、人として生を受けた喜びを味わってみましょう。少々はめをはずしたり、お金を使ったりすることは許されるところです。注目するところは、個性や異質性であり、人と同じではない自分自身と他人のオリジナリティを尊重しましょう。
(さらに…)


4月のソウルカードアドバイス

4月のソウルカードアドバイスです。
なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 4月

ソウルカード「1」の人
これまでの選択は方向性としては正しかったのですが、方法(論)で修正すべき点が幾つか出てくるでしょう。つまり目標達成には、やり方を変える必要があるわけです。しかも、あまりゆっくり時間をかけている暇はなく、周囲の変化も加速していきますから、それに追いつくことも要求されます。使えるものは躊躇なく使い、甘さや情は捨て、効率性を重んじていくとよい結果が残せます。

ソウルカード「2」の人
自分にはまだ無理な仕事や、高度な作業・処理が求められるかもしれませんが、手を差し伸べてくれる人もあり、結局、自分にあったペースをつかむことができるでしょう。ただ、最初から助けてくれると思わず、自助努力は必要です。一方、プライベートでは、グループの中などで、心から親しくなれる人が現れ、絆を深めていけそうです。全体的に、見せかけではなく、本物を選ぶことが大切です。
(さらに…)


Top