メッセージ

10月のソウルカードアドバイス

10月のソウルカードアドバイスです。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 10月

ソウルカード「1」の人
なじみのもの人や、離れがたい人との別れが予想されますが、それぞれにとっての成長につなかることだと思いましょう。一方、何も変化がない人は、かえってあせりが生じやすく、大げさなものや、奇をてらうものに惹かれるおそれがあるので注意し、むしろ地道で細やかな配慮があるほうを選択しましょう。疲れも溜まりやすく、心身のケアを十分にしておくとよいです。

ソウルカード「2」の人
これまで行ってきたことにシビアな評価が下される時です。いい加減でおろそかにしていたもの、頑張って努力してきたもの、それらに相応な結果が出るでしょう。神頼み、夢想の類は通じず、人間的次元での働きかけが、とにかく重要です。そして、やるからには途中で放棄せず、最後までやり切る覚悟も求められます。それができない場合は、最初からやらないほうがよいです。
(さらに…)


9月のソウルカードアドバイス

9月のソウルカードアドバイスです。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 9月

ソウルカード「1」の人
新しい仕事や事業などに関わる可能性があり、まずは気分を一新し、リフレッシュしておくことが求められます。次に、未処理の案件などを終わらせ、資格取得、技術向上にも励み、次なるものへ対応する知識、能力をつけておくことです。人間関係的にも、新たな人と知り合い、その人とのつながりが濃くなることも予想され、いわゆる出会いについても期待できる時となります。

ソウルカード「2」の人
迷っていることについて、基準は論理より感情が決定の鍵となりそうです。一言でいえば、「直感を信じること」ですが、それでも、調べられることは調べ、情報は集めたうえで、最終的には直感に戻るというような過程を経ることです。少し悲観的になっているかもしれず、リラックスできて明るくなれることをして、自分をいたわること、許すことが大切になります。
(さらに…)


8月のソウルカードアドバイス

8月のソウルカードアドバイスです。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 8月

ソウルカード「1」の人
前半は力を蓄え、どちらかと言えば温存しておいたほうがよいでしょう。後半は波乱含みなところも予想されますので、そのために備えていたパワーを使えるようにしておくことです。波乱はあるものの、ある意味、大きな飛躍のチャンスともいえ、場合によっては、すばらしい実績や成果をあげることも可能です。ですから、後半は機会を逃さず、積極的に動くことが重要になります。

ソウルカード「2」の人
この先、やや不透明とも言える時期を過ごすことになるかもしれませんので、心残りなこと、あるいは未処理になっているものなどあれば、きちんと完了させておくことが大事です。その後は周囲の環境が混乱を迎えても、あせらず、様子見し、物事の本質を見抜く姿勢で、いろいろと調べておくとよいでしょう。人間関係に悩んでいる人は、思い切って関係を断つ勇気も必要です。
(さらに…)


7月のソウルカードアドバイス

7月のソウルカードアドバイスです。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 7月

ソウルカード「1」の人
他者との協力関係によって、何かを成し遂げることがテーマとなります。もちろん独力でやるのも構わないのですが、やはり、経験者や知識のある人の意見を聞くことで、さらにスムースに進むと言えます。意外に自分が見逃していることもあり、その指摘や対策をアドバイスしてくれる可能性も高いです。全体的に勢いがあり、いつも以上に前向きに、パワフルな行動ができる時です。

ソウルカード「2」の人
仕事上のトラブルに注意が必要です。特に余計な気遣いによる人間関係の悪化、処理の遅れ、割り振りの行き違いなどによる問題の発生に注意しましょう。対策としては、いつも以上に広い視野を持つと同時に、細かいところまでチェックを強めることです。プライベートでも目先のことにこだわらず、長期的・広域的な観点で見直し、損得ではなく、トータルが面での選択をすることです。
(さらに…)


6月のソウルカードアドバイス

6月のソウルカードアドバイスです。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 6月

ソウルカード「1」の人
前半は比較的穏やかな状況が続くと考えられます。もしピンチに陥っても、助けてくれる人や機会があり、何とかしのげそうです。後半は深刻になり過ぎないよう、楽観的な態度でいることが大事で、さらに独断は避け、なるべく他人の意見を参考にし、人に相談して行ったほうが安心です。ただ、安易なものに流されたり、見せかけの情報にひっかかったりしないように注意は必要です。

ソウルカード「2」の人
人の裏側を知ることになるかもしれません。信頼していた人や、仲良かった人にも何かの事情とか、自分の思い違いで、これまでのその人の異なる面を感じ、違和感を覚えることもあるでしょう。しかし、それも本当の関係に至るための試練・テストのようなもので、遅かれ早かれ起こることだったのです。たとえ不和や別離があっても、それもまた、あなたの学びとなることです。
(さらに…)


Top