メッセージ

4月のソウルカードアドバイス

4月のソウルカードアドバイスです。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 4月

ソウルカード「1」の人
まだ少し、先月の積み残しのようなことがあって、その対応に追われることがあるかもしれません。全体的には、あなたの周囲の環境が大きく変わったり、騒がしくなったりしそうですが、それに惑わされず、自分を守ることが大事です。誘惑も多く、心を乱される事柄も増えますが、自分が何を大切しているかを考え、自分自身が楽しめることを優先し、無理に他人に合わすことは避けたほうがよいでしょう。

ソウルカード「2」の人
下の者の面倒を見たり、指導をしたりすることが増えそうです。逆に自分が下の立場であれば、わからないことは上の者に尋ねるとよく、自分勝手な判断は、かえってまずくなります。中盤から後半は落ち着いてきて、自分のことに向ける余裕もあるでしょう。新しい情報にふれ、新規オープンした場所や、初めて試みられるものなどに機会があれば挑戦し、自らの情報バシージョンを上げることが勧められます。

(さらに…)


3月のソウルカードアドバイス

3月のソウルカードアドバイスです。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 3月

ソウルカード「1」の人
やり直しや、過去におけるものへの対応ということがテーマになりそうです。気持ちは新年度に向けて新しくなってはいても、方のついていない問題が浮上し、その処理に向き合う必要性が出ます。特にうやむやにしていた人間関係は、はっきりさせておいたほうがよいでしょう。それでも、過去に向き合いさえすれば、今後の展開には希望が持て、信頼できる人や環境のもとで過ごせることも予想されます。

ソウルカード「2」の人
ふたつのパターンがあり、ひとつは、ぬるま湯の環境や腐れ縁でつながっていた者との決別の時で、もうひとつは、人生がエンジョイできる楽しい方向に変わって行くことです。どちらにしても、自動的にそうなるのではなく、自分自身がどうしたいのかを決め、行動しましょう。両方の共通テーマは「自由」と「解放」で、自分を縛っているもの、我慢して続けているものからは逃れることです。

(さらに…)


2月のソウルカードアドバイス

2月のソウルカードアドバイスです。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 2月

ソウルカード「1」の人
守り、育ててきたものが開花する様子が見られます。これまでの努力が実るという印象です。しかし逆に、心配を募らせている人はその種が悪い意味で育ち、悩みが深くなることもあります。いずれにせよ、謙虚さを持って、自分ができることに集中し、役割をこなしていくことが大事です。自分の力を出し惜しみせず、全体に貢献できることを考え、しかも無理をし過ぎない姿勢だとうまく行きます。

ソウルカード「2」の人
自分が指示する立場の者は、あまりくどくどと言わず、ポイントだけ示し、信頼をもって自主性に任せることです。反対に、自分が指示を受ける側の場合、その命令が間違っているおそれもあり、理不尽なものは自分だけで判断せず、他の人にも相談するとよいでしょう。上司の場合は、さらなる上の者に話をつけてみるのも一案です。全体的に待つ姿勢がよく、いろいろと吟味し、うかつには動かないことです。
(さらに…)


2022年のソウルカードアドバイス

新年ということで、2022年全般のソウルカードアドバイスと、1月のワンポイントアドバイスを掲載いたします。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 2022年

ソウルカード「1」の人
コミュニケーションということがテーマのようです。最初は友人や仲間、パートナーなど身近な人との関係においてのコミュニケーションを深める出来事が起こり、次第に、自分をもっと開いていくことになります。さらに、その後、コミュニケーションのレベル・範囲を上げて行くことを目指し、コミュニケーションの新たな方法にも挑戦することで、これまで以上の知見を得られていくことになります。人によっては、人間だけではなく、動物、高次の存在などとのコミュニケーションを行い、自分の使命、あるいは生きがいなどを見出していくこともあるでしょう。

1月は、ゆったりと過ごすことを心掛け、年始計画もラフにして、根を詰めないことです。

ソウルカード「2」の人
すべてにおいて、レベルを上げ、ステップアップを図る時のようです。まだまだあなたの中には潜在的な能力や発揮されていない力があり、それは学びを行い、指導者を持つことで、自分の中から現れます。無理だと思うことでも、それはこれまでの自分による判断であり、より難しいことに挑戦することで、必要に応じた力が調整されるようになります。ただ慎重さも必要で、大胆さとをうまくバランスさせて、ここぞという時は、お金や時間もかけ、自分を未知なる世界に飛翔させて、これまで経験したことのないような感覚と、何よりも自分自身に出会ってください。

1月は、時間をかけ過ぎないように気をつけ、シンプルさを基本にするとよいでしょう。

(さらに…)


12月のソウルカードアドバイス

12月のソウルカードアドバイスです。

なお、自分のソウルカードの出し方については、「メッセージ」の過去ログ2006年12月1日の記事をご覧ください。

ソウルカードアドバイス 12月

ソウルカード「1」の人
自分の抱えていた問題がクリアーになっていくための手助けが与えられます。それは新たな人間関係であったり、仕事の変化などであったりする場合もあるでしょう。年末の大掃除の習慣を利用して、実際的な汚れはもとより、自身の心に溜まったものも浄化させ、すっきりとさせるのは今のあなたには重要です。また、神社仏閣・聖地などに赴き、祈りや払いによる浄めも効果的でしょう。

ソウルカード「2」の人
くよくよと悩んでいても始まらず、実は自分が思うより、行動すれば結果は順調についてきます。つまりは、やればうまく行く可能性は高いのです。不安であれこれ想像しているよりも、現に調べ、行動し、客観的な判断を下せる手段を講じることです。キリがいいので来年に延ばそうとするかもしれませんが、チャンスは今着手することでつかめます。視野を広くし、人より先んじて動くことです。
(さらに…)


Top