ブログ

心理的タロットの活用

タロットを自己活用するという使い道があります。

一般的には、タロットは占いの道具だと思われていますので、もっぱらタロット占いをして、他人のために何らかのアドバイスをするという活用方法が多いかと思います。

たとえ占いではなくても、他人に対してタロットリーディングをするという形式も、誰かのために行うということでは同じですよね。

これに対して、自分のためにするものがタロットの自己活用です。もちろん、自分への占いをしたり、リーディングしたりする方法も自己活用としてはあるわけですが。

タロットの自己活用の方法は、実はあまり知られていないですし、テキストとか本なども、そのテーマのものはほとんど見かけません。

また人間というものは、物質社会中心で生きていますので、実用的なものに価値を置く傾向もありますから、いわゆる(現世利益的な)願望実現へのツールとしてタロットを使う場合もあります。

まあ、経済的に豊かになりたいとか、よい人と巡り合っておつきあいしたいとか、そもそも幸福で運のいい人生を送りたいとか、バリバリの現世利益を求める人は、実際にはタロットを活用する方は少ないかもしれませんが、それでも、自分の人生を少しでもよくしたい、思いをかなえたいという目的でタロットを使うということはあるでしょう。

従って、現世利益を望まなくても、例えば、心理的に楽になりたいとか、穏やかに生きたいとかの意味でもいいわけですし、自己の成長に、自分を見つめ、整理し、統合していくための使い道も、タロットではあると考えられます。

一方で、その使い方の内容・種類ですが、大きく分けて、占い的、魔術的、心理的、さらに霊(魂)的な見方と技術によるものがあるように思います。

いろいろな意味で効果が高いのは、おそらく(西洋)魔法的なものですが、これはサイキック、心霊的な世界と関わることになるため、そういう世界を良く知り、コントロールできる師匠的な人物の指導のもとに行わないと、危険でもありますし、実際の効果も低いでしょう。

占いは現実の人生では実は活用度が高いものの、依存を発生させたり、狭い世界観の中に囚われてしまったり、悪いと決めつけた事象・エネルギーの反動を受けたりして、のちのちに厄介な状態をもたらすことがあります。

一方、霊的な活用というのは、具体策としてはわかりづらいので、一般的ではないと言えましょう。

ということで、一番安全で、結構、(タロットの自己活用で)効果的なのは、心理的なメソッド・方法ということになると思います。

特に、マルセイユタロットはユング派と関わりが深いので、マルセイユタロットを使って、ユングの言う、個性化とか、自己の統合を図るのに役立てられると考えます。

難しい言い方をしなくても、要するに、自分を知る道具にするということです。

実のところ、自分を知ろうと作業を続けて行くと、他人や世界をも知っていくとこになるのです。個人的なことと普遍的なことが結びつくとでもいいましょうか。

それに自分を知っていくと、自分を悩ますものに対して理由を知ることにもなって、人間、「わけがわかる」と、安心したり、物事のコントロールがしやすくなったりしますので、より自分らしい生き方ができるようになってきます。

自分らしい生き方とは、つまるところ、無理のない生き方ですので、まあ、楽になっていくという人もいるわけです。

しかも、タロットは違う分野とレベルを結びつけることができるので、時間と場所を超えたモノの見方、知識、感覚も入り、最終的には何らかの霊的覚醒とか気づきを導いていきます。

これは自分一人の時代(人生)で言いますと、終活、つまりは死へ向けた準備にも相当するのです。

心理的な意味でタロットを自己活用する場合、大アルカナを使うのがよく、大アルカナを素直に、知識のない状態の時から眺めて、起こる映像、言葉、感情などを記録していくのがいいでしょう。

そして、一枚一枚の細かな象徴の意味や背景、歴史などを知識部分として入れていくことで、論理的(ロゴス的)で普遍的な見方が呼び起こされ、それ以前の自動(受動)的、感覚的な見方のものと矛盾を起こしたり、逆に意味がよくつかめたりすることが起こります。

この知的な学びの段階がないと、単なるカードの印象だけでは、心理的にも活用が難しくなります。

こうして、学びの段階別に、何度も大アルカナと対話していくことで、自分の中に隠された様々なものを浮上させ、受け入れ、時に壊しつつ、再生、復活、再統合、創造していくことになります。

これは自己の拡大であり(また別の意味では収斂でもあります)、宗教的なたとえで言えば、天使や神(仏)との邂逅なのです。それは「審判」がもっともカードとして象徴しているかもしれません。

このような作業は、願望実現的(現世利益的)には役立たないかもしれませんが、自分の実際の人生も、心の広さとか整理の度合いによって決まってくるところがありますので、心理的タロットの自己活用は、現実的にも決して無駄ではないと思えます。


コミュニケーションとリーディング

少し家族的にバタバタしておりまして、投稿もしばらくしておりませんでしたが、ようやく落ち着いてきましたので、ブログ再開です。(と言っても、アメブロ時代とは違い、こちらのブログはかなり不定期で、当方に何もなくても、長い間が開く時もあれば、短期連続投稿もあり得ます)

今日はタロットリーディングについての話を少し。

タロットリーディングというものはなかなかに面白いと言いますか、一筋縄ではいかないところがあります。

しかし、案外、単純に考えた(見た)ほうが読める(リーディングできる)時もあります。

タロットの学習がそこそこ積みあがってきますと、得た知識も相まって、複雑に読もうとする傾向も出ます。

木を見て森を見ず」ではありませんが、細かいところに気を回し過ぎて、意外に全体的に見れば答えはシンプルなのに、迷ってわからなくなってしまうことはあります。

あと、他人リーディングだと、相手の求めるものと、タロットが示すものとの調整ができず、どう伝えていいのかもわからず、特に性格が優しいタロットリーダーは、クライアント(相談者)の気持ちに配慮し過ぎて、いわゆる「迎合」となり、タロットの真意からはずれてしまうリーディングになることもあります。

結局、タロットリーディングというものは、自分、タロット、相手(クライアント・相談者)との三者によって成り立つもので、それぞれの間でのコミュニケーション、理解が必要になってくるのです。

それゆえに、単にカードの示す内容そのものだけではない汲み取り方、気の使い方みたいなものも入って、また人それそれに個性があるものですから、さらに解釈もひとつとはいかなくなってきます。

まあ、人間同士のコミュニケーションというところは、タロットそのものとは別問題になりますが、タロットとのコミュニケーションということでは、当たり前ですが、タロット特有のことになります。

ここで、「コミュニケーション」と言っているのには意味があります。

唯物主義的な考えの人とか、タロットや精神世界に興味のない人からすれば、カードとのコミュニケーションなどあり得ないでしょ?と思うのが普通でしょう。

いわば、タロットカードをモノ扱いするのが通常で、まるで生物・ヒトであるかのようにコミュニケートするのは異常となります。

しかしながら、タロットリーダーたるもの、タロットカードは単なるモノとはならないのです。個人的な意見では、ツールや道具(の機能)でもありなから、それそのもの(道具)でもないというのがタロットだと思っています。

要するに、生き物的な扱いをしているということです。(笑)

タロットの世界では、「タロットの精霊」という存在がいると信じられています。

「信じる」という言葉が宗教的で奇異だと思う人は、ひとつの概念や、モノとのコミュニケーションするための「設定」だと見てもよいでしょう。(「タロットの精霊」はそのようなものではないのですが、心理・理論的に考えたい人は、です)

タロットは、そもそも、人間世界における合理的な側面と、不合理的な側面とを統合できるものでもありますし、別の表現をすると、合理・非合理の矛盾性をあえて見せるものだと言ってもいいでしょう。

ですから、無理矢理、私たちの納得する因果関係とか、ストーリーの整合性などをタロットに押し付けても(というより、人間側が、人間側の説明で理由のつく解釈をしなくてはならないと強迫的に思うやり方は)、両者の共同作業の意味では、受け入れがたい面があるのです。

タロットは、普段私たちか意識しないこと、見えていないものなどを、カードの象徴性を通して浮上させることがあります。

それは象徴としての絵柄と、人間の心理の相互作用とも言えますが、あえてメルヘンチックに言うならば、タロットの精霊という存在が、タロットに読む人に対してマジックを施し、いろいろなことを見させているということもできます。

タロットの精霊の代表は、大アルカナの「愚者」で表されることがあり、「愚者」の絵柄とか意味、その言葉自体からしても、普通の論理性や通常の世界観で片づけられるような代物ではないことがわかります。

混沌と言っていいものも、「愚者」によってもたらされることもあるわけですし、トリックスター的に、ただかき回してトラブルを起こし、それを見て楽しむ存在かもしれないのです。

ゆえに、タロットが正しいことを伝えていると、必ずしも言えず、むしろ、間違ったことさえ見せていることもあるかもしれないのです。

ここで言う「間違い」とは、あくまで通常の私たちが考える、あるいは見ている合理性(現実性)の世界・ルールにおいての話で、あちら(タロットの精霊の世界、非合理や無意識の世界)では正しいかもしれないのです。

そのため、タロットリーディングとは、タロットの世界(精霊)と、私たち人間の世界(常識的世界の人間)との話し合い、協議であると言えます。

相手を認めつつも、お互い、変に譲ったり、折れたりするわけでもないですし、だましだまされの状態もあるかもしれません。

「手品師」などは、いかさま賭博師の象徴性もあるのですから、私たちが騙されているおそれもありますし、「悪魔」のカードならば、彼によって幻惑され、魅了されている節も時にはあるかもしれないのです。

まあ、例えれば、「異世界人との、不思議ながらも愛着のある交流」をしていくというような雰囲気でしょうか。(笑)

タロットリーディングの一面には、そういうところもあるのです。知識での解読とか、絵を見ての自分の直感・感性のもので読むなどとは別種のリーディングです。

ということで、タロットリーディングには、タロットとのコミュニケーションによって左右されるところもある話でした。


4つの生き方から

タロットは大アルカナと小アルカナというパートに分かれています。

この違いについては、抽象と具体、元型と現象みたいなことで考えていくのが一般的です。(でもないかな?)

しかし、マルセイユタロットに関して言えば、絵柄の具体性が、大アルカナ→小アルカナ宮廷カード→小アルカナ数カードとだんだん抽象化していく(具体性でいえば、大アルカナより小アルカナの宮廷カードのほうがあるかもしれませんが)ので、絵柄だけのイメージで言えば、むしろ小アルカナのほうが象徴的であり、全体性を示すのではないかと個人的には思うところもあります。

そのことは、いずれマルセイユタロット小アルカナ講座を創設して、詳しくお話と、方法論を提示したいと考えているところもあります。

ともあれ、今回の話は小アルカナなのです。

小アルカナはタロットを知っている人には当たり前ですが、4つの組に分類されます。私はカモワン流から入りましたので、剣・杯・杖・玉と日本語で呼び習わしていますが、普通は、ソード・カップ・ワンド・コインという英語的言い方がされるようです。

その4組が何なのかは、ここでは語りませんが、それが基本であるのが小アルカナです。

さきほど、小アルカナは現実性を表すという話を最初にしました。

よって、小アルカナの基本である4組は、まさに現実に関係するのです。平たく言えば、私たちの実際生活、現実の人生についての示唆が強いということです。

すると、単純に、剣の生き方、杯の生き方、杖の生き方、玉の生き方の4つが、この現実の世を生きていくうえにあると考えることもできます。あるいは、そのどれかにフォーカスしたり、意味や目的、趣味嗜好を持つ生き方だったりと言えましょうか。

4つ組にもいろいろと意味を当てはめることはできますが、今回の「4つの生き方」みたいに考えると、あえてシンプルに言えば、学問や探求、哲学を大事にする生き方、心や人間関係が満たされる(心が豊かである)生き方、仕事とか何か使命・情熱を持った生き方、モノやお金(実際)が豊かであろうとする生き方と言うことができるかもしれません。

自分はいったいどのタイプか、あてはめてみるのも面白いでしょう。

結局、簡単に言えば、何を一番大切にしているか(価値観)、何を思ったり、していたりする時、自分の喜びがあるかということになりそうです。

もちろん、4組の現実性というのは、もっといえば、この4つすべて現実の人間にはあると見ることもできるわけですから、一人の中に4つの趣味嗜好(志向)があるとも言えますし、タイプとか種類でいえば、やはり、どれかをもっとも強く意識する人生になりがちであるとも言えます。それが個性というわけです。

大アルカナの世界は、一人で4つを覚醒(統合・超越)させる生き方とも言えますが、現実の世界では、私たち一人一人が個性を持ちますので、まさに得意不得意、価値観の多様性があることから、一人での完全性を目指すより、相互扶助的(悪く言えば対立的なところもある)であるのが特徴とも言え、それが小アルカナによって表現されているように思います

要は、この現実は違って当たり前が前提ですので、それをいかに調整していくか(全体として活かすか)ということが重要かと思います。

これは、「人は違うのだからお互いを認め合いましょう」と、簡単に言っているのではありません。だからこそ、さきほど対立もあることを書いています。人はそう簡単に、違いをフラットに見たり、受け入れたりはできないものです。

全部は言いませんが、そして繰り返しになりますが、「全体として活かす」という視点が大事なのではないかということです。それは、大アルカナの視点によって得られるものです。

こうしてみると、大アルカナと小アルカナの構成であるタロットは、実によくできていると感心させられるのです。


コメントリーディング企画

アメブロから、自分のホームページブログで記事を書くように変えてから、数カ月経ちます。

アメブロは辞めたではなく、少し思うところがありまして、現在「吊るし」中、停止中ということで、またいずれ再開したいと考えています。

それで、こちらのホームページのブログは、おそらくアメブロ時代よりかは、読者は少数(アメブロもそんなにいませんでしたが…苦笑)だと思いますが、こんなマイナーところにも、訪問して読んでくださる方がいるのはありがたいので、ちょっとした謝恩企画をいたします。

アメブロ時代にもちょくちょくやっていた企画ですが、コメント欄を利用したワンポイント的なリーディングを提供したいと思います。

まあ、そんなにここを見ている方は多くはないと想像していますので、また、こちらのブログは、アメブロのように気軽にコメントてきない設定なこともあり、書かれる方も少ないと予想されますから、今回は3名様への提供とさせていただきます。

 

以下方法(手順)です

●まず、この記事のタイトル部分(グリーンの部分)をクリックして、記事を全体表示にしてください。

●すると、コメント記入欄が出ます。

●お名前(仮名でもOK)、メールアドレス(フリーアドレス、捨てアドレスでもOK、記入されたアドレスに、こちらから送信することはありません)をご記入のうえ、タロットに質問したいことをコメントで書いてください。

●コメント送信後はまだコメントが表示されません。当方が内容を確認し、許可した時点でコメント内容が表示されるようになっています。そのため、質問から回答までにタイムラグが発生しますことをご容赦ください。

●質問をもとに、私がタロットを一枚、あるいは数枚展開して(どんなカードが出たとか、展開方法が何であるかなどにはお答えいたしません、ただし必要があれば出たカードを示唆させてもらうこともあります)、そのリーディングをコメント回答の形で書かせていただきます。

●枠は3名様(先着順)までです。4名様以上のご質問は、勝手ながら削除させていただきます。(随時、コメント記載状況はこのブログで報告いたします、もしかすると、3名も埋まらないかもしれませんが、その時は適当な期間経過後、締め切ります)

なお、この企画は、本格的なリーディング提供ではなく、簡単なワンポイント的のものになりますので、そのこともご理解ください。

あと、質問の内容で、新型コロナウィルス関係、特にワクチン接種の是非については、タロットで判断するようなことではないと考えますので、その質問にはお答えいたしません。ご自身の判断でお願いします。

では、よろしくお願いいたします。

 

枠は埋まりました。ありがとうございます。


偏りを利用する

いろいろ学び、考察していくと、宇宙の真理というものは、どのレベルにおいてもバランスが取れている、言い換えれば中立であることではないかと思います。

ただ、人間レベル、特に感情を入れていくと、その中立性は偏り、真理からどんどん遠ざかり、いわば、幻想の世界に住むことになるのでしょう。

真理としては、文字通り真の意味(理)で公平・バランス性が取れており、それがために、問題というものも生じず、無のような境地になることが想像されます。

逆に言えば、問題とは「偏り」であり、(無ではない)重さを持つものであり、真の中立性から、はずれた見方をしている状態とも言えます。

だから、こうも思います。

現実世界で生きる人間において、真の(中立)状態をずっと維持することはほぼ不可能であると。

とすれば、これも反対に考えて、この世(現実で生きること)は、そういうことを経験する世界・次元なのだと割り切ることもできます。

だから、現実レベルにおいて「悟り」を目指すとか、スピリチュアルレベルで真理に目覚めようというのも、それがいいのかどうかは、難しいところだと言えます。

タロットで言いますと、小アルカナ的生き方(ただし、小アルカナの使い方・象徴性の解釈によっては、真理の方向性に進むレベルのものもあると考えます)のようなもので、現実で生きることは、傾いた見方・思い込みもうまく使いこなし、自分が楽に生きられたり、生きる喜びを得られたりする方法を選ぶこともありなのかもしれません。

本質的には中立で傾きのない真理の世界であったとしても、人間として現実に生きる時間においては、幸福と感じたり、ポジティブになれたりする選択を意識して行うと、それがたとえ思い込みであっても、言い方は悪いですが、自分自身をだまして生きることで、幸せになれることもあると思えます。

簡単に言えば、真理を求める前に、自分自身の暮らしや生活、気持ちがよくなることをやったほうが、案外、生きやすいかもしれませんよ、ということです。

その意味では、タロットで占いをして、吉凶判断で吉的なものを選ぶことを参考にするのもよい場合があると言えます。

この場合では、自分が現実(幻想ではあっても)生活において、得したり、よくなったりすればいい(という気持ちや満足感が出ればいい)からです。

心理的にも、トラウマとか思い込みが行動を規定・抑制してしまうということが知られていますが、これも、よくよく考えると、トラウマのもとの事件そのものよりも、そこから生じたひとつの癖のようなものが固定化されて、そのために悪循環のようになり、悪い状態が堂々巡りしてしまっているとも考えられるわけです。

つまり、何か思いこんだり、トラウマになってしまったりする原因(事件)はあったとしても、それがすべてではなく、むしろ、そこから発生した癖とか傾向が、次第に習慣化され、固定化されて、行動とその結果にまで影響してしまっていたということです。

最初の原因自体、偏りの発生と言え(もともと偏りの世界で生きているわけですが、さらに偏りがひどくなった状態になる)、その修正を図ろうと自動的に心身の機能が働いたものの、それが癖となってしまったということが考えられます。

身体的にことで言えば、例えば、何かのことで右足に怪我をしてしまい、それをかばうように左足に体重がかかるように歩くようになって、それがずっと続いたがゆえに姿勢がおかしくなり、さらにそのせいで、ほかの体の部位にも影響が出て、体調が全体的に悪い状態になっているというようなケースです。

これと同様、心理的にも、最初のショックが起因となり、その回復や修正、あるいはショックを和らげようと、何かの思い込みが生じて、それがパターン化され、歪な形で残り続けてきたがゆえに、意識と行動にも変な偏りが出て、問題として出ている、あるいは結果としてよくない状況が生まれているということが考えられるわけです。

ショックやトラウマが原因というより、その事件によっての調整力がかえってあだとなっているというケースです。一般的には、このほうが多いのではないかという気がします。

そこで、原因にアプローチして中立化を求めるのではなく(言い換えれば浄化とか癒しの方法ばかりではなく)、物事に反応する癖のほうを変えることで、逆にバランス化が図られ、問題も軽くなったり、消えて行ったりすることが想定できるわけです。

ネガティブに思い過ぎる癖があるのなら、ポジティブになる方向や、思い方の癖を強制的にしみ込ませることで、ネガティブ認知機能の癖を意図的に修正するようなものです。

ちょっと対症療法的ではありますが、まずはそちらから変えた方が効果的なこともあるような気がします。

タロットでは、本来、カードに吉凶を見ないほうがよいのですが、それでもタロットは絵ですから、見た目、人によってよい印象を得るカードもあれば、怖かったり、変な感じを受けたりするカードもあります。

このカードの印象を利用すれば、見ていて気分がよくなる、ポジティブになれる、気持ちが落ち着く・・・というように、自分(の状態)にとってよいと思われるカードの絵柄があります。

ことあるごとに、そのカードの絵柄を見ることで、気分が変わり、それを今度は癖にしていくことで、今までの認知パターンが次第に変化していって、以前の、自分の傾いていた癖が修正されていく可能性があるのではないかと思っています。

絵柄の印象だけではなく、意味もわかってくると、さらに思考にも働くので、効果が倍増するかもしれません。

とはいえ、思考よりも感情・感覚が、このようなケースでは重要ですから、やはり、第一は自分が感じる絵柄の反応(印象)でしょう。

ということで、真理は中立かもしれませんが、人間の現実生活では、偏りが基本ですから(笑)、その偏りを逆に利用していくことで、生きるのが(一時的かもしれませんが)、楽になる可能性を示させていただきました。

ですが、最終的には、真理に至る道のほうが、自他ともに救いになるとは思います。


Top