ブログ

選択と(霊的)自立

以前にも何度か書いておりますが、タロットへの質問重要なことです。

しかし、矛盾するようですが、究極的には、質問はあまり意味をなしません。

ただ、それはあくまで他人向けのタロットリーディングにおいてのことです。タロットを自己活用の意味で使う場合、質問はどのレベルにおいても大事になってくると考えられます。

一般的に、タロットに向かって質問(問いを)をする場合、「なになにはどうなりますか?」という形式を取ることが多いのではないでしょうか?

特に、「占い」としてタロットを使用する時は、そうなりがちです。それが悪いわけではありませんし、そのように聞きたい気持ちは、人として当然とも言えます。

なぜタロットに質問するのか?を考えてみれば、今起こっていることや、先行きが不安でわからないことがあるためと主に言えます。

すると、「このことはどうなるんだろう?」と未来目線で、人は質問をしたくなるわけです。これにはタロットからの情報を得て、不安をなしくたい、はっきりとした未来像を見たいという気持ちが含まれるでしょう。要は安心したいわけです。

しかし、これだと、タロットからの情報・示唆を得るだけで、受動的な態度となってしまいます。

あくまで不安を和らげ、少しでもほっとしたい、明るくなりたいということでは、先行きの情報を“占って”もよいかもしれませんが、情報をただ受け入れるだけでは、能動性の発動が起こりにくくなります。

ここて言う「能動性の発動」とは、自立に関した自らの(意思による)選択と行動を意味します。

先日のブログ再開(仮)の記事にも書いたように、「自我の確立」ということは、これからとても大切になってくることだと、私は考えております。それはマルセイユタロットが示す、自己の成長面をテーマにした見方からも言えることです。

それは、トータルな意味での自立ということ(テーマ)になるでしょう。

私たちの普通の人間としての成長から見ましても、赤ちゃんから子供、大人、老人へと移り変わって、途中で親から独立(自立)してくことになりますし、後半はむしろ、子供を育てたり、後進を育成するなど、保護、指導側にも回ります。(まあ、老後では逆に介護が必要になったり、人に助けてもらったりすることもあるかもしれませんが)

これと同様に、霊的な意味でも、私たちは自立を果たしていく必要があるものと考えられます。

「霊的な自立」というのは難しい言葉でもありますが、ひとつ言えるのは、受け取る側だけではなく、自らが創造し、選択し、その結果にも責任を持つというような態度があると思われます。

スピリチュアルな世界では、神や高次存在とつながるとか、神のパワーがあるところに行き、エネルギーをいただくとか、そういうことを言っている人も多いです。

ですが、これらの態度は、全部、受動的な発想から出ています。(一応、何らかの行動はあるので、すべてがそうであるというわけではないですが、発想・考え方のことを言っています)

これは、「外に神がいて、救ってもらう」(だからその神を信じ、神に適うルールを作り、きちんと守られているかを監視しなければならない)」という、宗教が支配のために使うものと似てくるようにもなってきます。(宗教が悪いと言っているのではなく、支配や依存構造になることが問題と言っています)

とは言え、霊的・精神的に未熟であったり、弱って助けを必要としたりしている場が人には(段階・状況として)ありますから、別に受動的態度が悪いわけではありませんし、子供が親に保護してもらわないと生きられないように、私たちには、外からの(霊的・精神的な)救済・援助・補助が必要なケースはあります。

ですが、いつまでもそのような態度では、霊的・精神的自立ができなくなってしまいます。

外の神もまた過保護になり、場合によっては、悪魔的依存を生み出し、あまりよくないサイキック的存在を引き寄せてしまうこともあるでしょう。心理的には見えない存在を利用した共依存とも言えます。(見えない存在は自分で生み出していることもありますから、結局自作自演にもなりますが)

よって、最初の話に戻りますが、タロットに質問する場合でも、「どうなるか?」というようなものから(判断材料の一つとしてみるならば、そういう質問をしてもよいですが)なるべく離れ、「どうすればよいか?」とか、「どのような選択や解決方法が考えられるか?」「この状況で私ができることは何か?」というような形にするとよいと思われます。

そして、普段からも、「自分が選択する」「選ぶ・選べる」という意識を強く持ち、他人や大きな外部存在、洗脳的情報などと同化してしまわないよう注意することです。

マルセイユタロット的に言えば「」のカードと関係し、力、フォルス(フォース)を他人に簡単に明け渡さないようにするということです。

どうにもならないとか、どうしようもないとか、無理だとか、(投げやりな意味で)自然に任すとかの受動的態度の日常的継続、あるいは、特段の意思なき態度を取り続けることは、たちまちのうちに、外の巨大なパワーに飲まれ、自分が自分でなくなって、ただのエネルギー発電装置として利用されることになります。

自分の選択権を意識しないと、大きな影響力を持つ人に、自分の持つパワーを提供してしまうことになるのです。

だから悪い意味でカリスマ性を持つ人は、どんどんエネルギー的に肥え太り(見ようによっては、その人はとても魅力的存在に映ります)、またそういう人は「もっと食べたい」という欲求も出るので、ますます自分の下に引き寄せようと、誘蛾灯のような餌をたくさん撒くことになります。

自らが自立的意思を持たないと、このような人の格好の餌食になります。これがマルセイユタロットの「悪魔」の、悪い意味での構造・仕組みです。

確かに、私たちには与えられているものも多く、それなしでは生活も世界も成り立ちません。ですが、それを生み出した者も、受け取る(利用する)者も、自己の創造性・能動性・選択性が働いているのです。

概念、あるいは観念として、外の神とか仏とか、天使とか、高次存在などを置くことは、時と場合によってはよいと思います。

さらに、それらとコンタクトしたり、守ってもらったり、示唆を与えてもらったりするのも、ある段階や、ひとつの(エンターティメント的)表現としてありでしょう。

しかし、真の自立のためには、少しずつ、そうした保護や依存から離れ、独立を目指していく必要があります。それは自分自身の神性を認識するというグノーシス的なことと一致します。

普段の行い、そしてタロットを使うことにあっても、受動的になり過ぎないように注意し、自己が選択できることを意識し、あくまで、そのための情報や判断材料として得るということにして、(どんな)結果においても(なっても)責任を持つ態度が大事になるでしょう。

ゲームやアニメーションではよく知られる言葉に「世界線」というのがありますが、これは自分の選択によって変わる多元世界の流れを意味します。つまりは、枝分かれするたくさんの世界(パラレルワールド)のことです。

無限の可能性とは言いませんが、少なくとも、かなりの数の選択肢による別の(結果の)世界が、瞬間瞬間にあると仮定します。

選択する瞬間の「今」は、本来ならば、何の枷もない自由な状態(無限のパラレルワールドがある)と言えますが、おそらく現実時空に生きる私たちには、過去・現在・未来の意識による縛り(因果関係とか、自己評価による限界・信じているルール・観念)があります。

そのため、世界線は無限ではなく、現意識による限界や壁のようなものはあるでしょう。

しかし、それでも、何の選択意識もなく、ただ流されるままに受動的に生きていると、他者や大きな集団的エネルギーにより、世界線は自動的に選択され、結果、あなたは自分の望む世界とは違う、まさに相手の思うつぼの世界に移行されられることになるわけです。

ですから、自分自身を取り戻すためにも、また霊的成長・自立のためにも、能動的・自己選択的態度を意識することなのです。

ただ、何事も、習慣化されてしまったものは、楽に、簡単には修正できません。マルセイユタロット「神の家」のレンガ積みのように、ひとつひとつ経験を積み重ねていくことが求められます。

「神の家」が出ましたが、ちなみに選択を意味するカードには、「恋人」もあります。マルセイユタロットでは、同じローマ数字で「」の数を持っていることも必然的です。

ということで、タロットへの質問も、能動性・選択性が出るよう工夫してみましょうという話です。その意図は、トータルな自立に向けての作業(訓練)であるということなのです。


ブログについてのお知らせ

休止しておりましたアメブロの方を再開しましたので、ブログのメインは再び、そちら(アメブロ)に掲載いたします。

こちらHPのブログは、アメブロと同じものを載せておきますが、少し内容が違っていたり、時折、HP専用の記事もあったりするかもしれませんので、ご承知おきください。


タロットによる分析あるいは俯瞰

タロットの大アルカナと小アルカナ

このふたつの使い方には、様々な方法があります。

ところで、人は、困ったり、悩みや問題を抱えていたりすると、その解決策を模索します。

この時、分析的な解決の指向性と、俯瞰的あるいは直感的な解決指向性との方向があるように思います。

そして、大アルカナは統合的・直感的(直観でもあります)に使え、小アルカナは分析的な方向性に奏功します。(考えによっては、その逆の使い道もありますが)

小アルカナは4組に分かれているので、それを分析要素として見るわけです。

大アルカナは、全部で22枚ありますが、一枚一枚が、実は第五元素的なものと見ることができ、この第五元素というのが、小アルカナの4組(四大元素を象徴)の大元にになっている概念なのです。

従って、4組が統合されたもの(第五元素)として、大アルカナを考察することが可能になります。

悩みや問題は、要素別に分析したほうがはっきりと対処方法がわかったり、優先事項が判明したりすることもあるので、小アルカナを使って要素別(4組・四大元素別)に見るとよいわけです。

一方、細かな要素を見過ぎるがゆえに、大局的な見方ができず、かえって迷ってしまうこともあります。

「要するにこういうことなのね」「一言で表せばこうだ」「全体的には間違っていない」とか、そういう視点だと楽になる場合もありますし、どこに向かえばいいのか、ゴールのようなものから、今必要なことが逆算できるケースもあるでしょう。

分析的に見る場合、小アルカナを単純に使う方法があります。

ひとつご紹介すると、小アルカナの数カード(スート・数札)の一番(エース)を代表とし(特にマルセイユタロットは一番が絵になっているので、1の数札で代表するのに適しています)、剣・杯・杖・玉(ソード・カップ・ワンド・コイン)の4枚を取り出します。

ついで、大アルカナ22枚をシャッフルし、さきほどの小アルカナ・エース4組の位置に引いて、1枚ずつ置きます。(重ねてもいいですし、すぐ下に置いてもよいです)

正逆は取らない方がわかりやすいので、トランプシャッフルをして、カードを繰るとよいでしょう。

そうして、4組別に、出た大アルカナによって判断していきます。

ウェイト版のように、もともと数カードにも絵があるようなものだと、大アルカナと併用させる必要もないかもしれませんが、マルセイユ版は数カードは記号のようなものになっていますので、その意味を見るのには、大アルカナを併用させたほうがわかりやすいのです。

4組には、いろいろな解釈がありますが、こういうシンプルな分析に使う場合は、最初から単純な意味にしておくとよく、例えば、剣は学習・知識、杯は心・人間関係、杖は仕事・行動、玉はお金・経済みたいな感じです。

大アルカナを引くことで、4組の重要度もわかりますので、何を優先し、集中すればよいのかが明確になります。(4組の優先順位だけではなく、4組別のそれぞれにおいても、例えば「玉(お金)」では何が大事なのかということも、大アルカナの象徴性によってわかります)

これとは反対の、いろいろあり過ぎて(考え過ぎて)わけがわからなくなった人は、大アルカナを一枚から三枚程度、引けばよいでしょう。これも正逆はなしのほうがいいです。

そうして全体的にカードを眺め、意味というより、直感的に絵を見て、まさに“感じる”がごとく、あり方や大きな方向性を知るようにします。

もちろん、自分用だけではなく、タロットリーダーの人は、クライアントの悩みや状況に応じて、こうした分析的小アルカナの活用と、大局的大アルカナの活用を、相手に施していくことができます。

タロットはよくできていますので、様々な使い分けも可能なのです。


タロットリーディングの関係性

この(現実の)世の中は、どこまで行っても、ある種の二元による世界と考えられます。

二元に分かれる(ように感じる)からこそ、形や実感としてとらえられてくるとも言えます。

例えば、一日の区切りも、昼と夜の違いが生まれ、私たちは「一日がある」「一日である」と見ることができます。

要するに、識別、理解、認識には、逆説的ではありますが、物事を分けて見る力が必要なわけです。

そして、その分けている世界を統合できる見方・レベル・次元に自らを導くことができれば、まさに次元上昇として、認識・理解のレベルも向上すると予想されます。

これはまた逆からの話になりますが、次元を上昇させるには、その今の次元においての二元の区別が、はっきりできないといけないわけで、そのうえで、分けられたふたつが、どちらも本質的に同じであるという認識が生まれる必要性があるのです。

この、「違いでありながら同じである」とわかることが、すべてにおいて、統合、あるいは、次元上昇の鍵を握っているものと思われます。

さきほどの一日の昼と夜の例においても、昔は、太陽が昇って沈むという二次元的、平面的見方が中心で、すなわち天動説的な見方であったわけです。

この状態では、昼と夜の違いは、太陽があるかないかの違いであり、しかし、太陽のある昼と、太陽のない夜とでは、「同じである」という見方はなかなかできないものでした。(このため、太陽が死んで生まれる・再生されるという見方も普通にありました。←ただし、この太陽の死と再生の見方は、哲学的・象徴的には高度なものを含んでいる場合があります)

ところが、地動説的観点により、地球が回転(自転)して太陽の周りを回っている(公転して)いるという発想が出てからは、昼と夜の違いは、ただ回転体の見るポイントの違いであり、地球ひとつとしては同じものだということの理解ができるようになりました。

さて、ここで、話題が変わりまして、タロットリーディングについての話になります。

タロットリーディングは、クライアントの問題についてタロットを展開させることで、タロットからの示唆をふまえて、クライアントを援助するものと言えます。

とすると、タロットリーダー(タロットを読む人)とクライアント(他人の場合)との間には、助ける者と助けられる者、援助者と被援助者という関係性が出てきます。

これは、分かれているので「二元」ということになります。

タロットリーディングの関係性に限らず、およそ、誰かを助けたり、援助・サポートしたりしようとすれば、そこに対象としての(助けられる、助けられたい)存在(者)が現れます。

ですから、ボランティアであれ、仕事であれ、助けるということをしたいと思った時、同時に、助けられる存在の想定が(どこかで)生まれていることになります。たとえ実存しなくても、想像の世界では必ず生まれたことにもなります。

つまり、助けるという救済の行為は、出発点からして二元である、分離の世界であるということです。恐ろしいことに、助ける行為や思いは、自然に分離を生み出すという構造になっているわけです。

よくスピリチュアル傾向にある人は、人を助けたいという思いを持つ人は少なくありませんが、分離を嫌うところがあるように思います。

しかしそれは、先述したように、助けたいということは、すでに分離であるのだという矛盾を抱えることになります。

まあ、普通はそんなに深くは考えずに、助けに邁進するものではあるでしょうが。

ここで、言葉遊びをしたいわけではありません。

タロットリーディングが何かしら、人の援助、助けるという行為のひとつであるならば、必然的に助けられる者を生み出す構造にあって、分離の世界を創出するわけですが、また、助けることによって、助けられた人が、その時点での二元の世界から逃れるきっかけにもなります。

単純に見ましても、クライアントが助けられたのであれば、それまでの助けてほしい状態がなくなったわけですから(完全になくならなくても、最初の意識よりかは変化しているはずです)、助けられる者がなくなれば、助ける者もいなくなる(いらなくなる)わけです。

何が言いたいのかいいますと、タロットリーディングの行為によって、一時的に助け・助けられる者という二元構造の関係性になりますが、終わる頃にはそれが解消され、(これまでいた意識とは)別の(次元の)世界にクライアントもタロットリーダーも移る可能性が高いということなのです。

まあ、うまく行かないリーディングもありますので、その際は、同じレベルや次元にとどまり、特にクライアントはまたその自分の問題を抱えたまま、別の人の助けを求めていくことになるかもしれませんが。

最初にも言いましたように、この世は二元構造(分離の)世界です。

しかし、二元が統合される瞬間があるのも事実です。

正しくは、この世(現実)において、二元が完全統合されるわけではありませんが、その今の自分の見方によるふたつの(分離された)見方が統合されるレベル(次元)がある(訪れる)のだということです。

そして、そういう統合を起こすには、皮肉なようですが、二元の分離世界を経験していくことなのです。

ただ経験するだけでは統合は難しいので、思考と感情をうまく使いこなすことだと思います。モノの見方の多重性とでも言いましょうか。

タロットリーディングをする意義や目的はいろいろとあるのですが、ひとつには、助け・助けられる関係性をあえて演出・経験し、自他ともに次元の上昇(今の二元レベルの統合)を図ることにあると言えます。

ひとつの統合を果たすと、世界は確実に変わります。それがこれまでの問題認識の消失であったり、今まで見えなかった解決策(の世界に移行)であったりするわけです。

こうしたことから、タロットリーディングは、究極的には、実は主体としてのタロットリーダー、つまりは自分(大きな意味では世界)のためでもあると言えるのです。


愚者 何者でもないこと

私はタロットを扱い、いわば仕事にもしていますので、人から見れば「タロットの専門家」という感じになるかと思います。

しかし、自分自身は、タロットの専門家でもないですし、かといって、タロットの愛好家とも言えません。

前にも何回も書いていますが、たまたま、自身の好みと探求の方向性において、「マルセイユタロット」をモデル・ツールとして使うことがふさわしく、理に適っていると考えているからです。

従って、奇妙なことが私には言えます。

それは、タロットにおいて“何者でもない私”になってしまうということです。

ここで言う、何者でもない、というのは、タロットの歴史・研究マニアでもなければ、魔術的タロット実践者でもない、かといって、タロット占い師でもなければ、また心理的タロット研究者でもない、ましてやタロットコレクターでもないわけです。

ただ、自分の弁明(笑)のために言っておきますが、一応、マルセイユタロットにおいては、深くやっているつもりで、少しずつつまみ食いをして、広く浅くタロットと関係しているというタイプではありません。(笑)

で、何を言いたいのかと言えば、何者でもない感と、何者かでありたい感について、ちょっとふれたいがためです。

「何者でない感」は、逆に、「何者かでありたい」という感情が裏返し・セットになっていることがほとんどです。

人は、自分が特定できる何者かであり、人からも「こういう人だ」と認められることに安心感を持ちます。

一方で、特に、他人から言われる「自分像」に抵抗を示す気持ちも、多くの人にあります。

心理的によく言われるように、「自分だけ知る自分」というものがあり、さらには「自分さえ知らない自分」というのもあります。だから、当然のように、他人から見られている自分像というのは、ほんの一面に過ぎないことを、自らも(無意識な面も含めて)わかっています。

この、特定されたい、個性を指摘されたいという一面と、反対に、特定されたくない、人の言う自分ではない(人の言う自分にはなりたくない)という一面との、アンビバレンツな感情が人にはあるわけです。

結局、安定と自由の葛藤であり、維持と破壊のふたつで揺れる存在(が人間)とも言えます。

「何者かである」とされた時、人は固定され、言わば自由を失います。束縛と同じようになるわけです。しかしながら、その恩恵も大きく、何かに属し、レッテルを貼り(貼られ)、個性が与えられると、その箱(範囲)で安心して暮らすことができます。

自分がそう振る舞うことで、ほかの余計なこともしなくて済み、精神的な(組織に属せば、物質的にも)安定が得られるでしょう。

ただ、いつか「本当に自分はこうなのだろうか?別の自分がいるのではないか?」という、確保した安定性と付与された個性を放棄したくなる「破壊」的な疑念と、新たな自分を見出したい衝動も出てきます。

マルセイユタロットの大アルカナで言いますと、皆、どれかひとつ(か、幾つか)のカードが表す「自分」というものに、一度は落ち着きます。ただ、本当は「愚者」かもしれず、「愚者」は数を持ちません。ということは、どの数でもなく、自由であり、何者にも特定されていないわけです。

「愚者」の絵柄を見れば明らかなように、旅姿をしています。つまり、「愚者」に戻れば、本当の旅が始まると言えるのです。

あるいは、特定されたカードから「愚者」に戻って、また別のカードになるために旅する、その繰り返しかもしれません。

もちろん、人には生まれ持った性質とか、宿命のようなものもあるでしょう。それらは言わば、初めからなじみのあるカードとも言えますし、手札として最初から配られたカードとも言えます。

ですが、基本、皆、「愚者」だと思えば、ほかのカードは、自分の仮初の姿に過ぎないと言えます。

人との違いが商売とか経済的なもの、あるいは生きる楽さ(落差)にもつながってしまう今の世の中で、「自分は何者でもない」と悩む人も多いかもしれません。

それでも、マルセイユタロットで言えば、皆、「愚者」なのですから、それが当たり前と言いますか、「愚者」であることが旅を自由にさせるとも言えます。

これは責任放棄を勧めているわけでは決してありませんが、「愚者」という何者でもない者として自分を取り戻せば、背負い過ぎているもの、強制的に演じさせられているもの、それらからは解放されて行きます。

マルセイユタロットを手にすれば、あなたは「愚者」として本当の旅を始めることができます。

占いも救いになるかもしれませんが、かえって自分を何者(成功者など)かに固定することに迷わされ、空しくなることもあります。そういう人たちは、マルセイユタロットの学びによって、実は守られるかもしれません。

矛盾した言い方ですが、特定からはずれることで、自分自身が守られることもあるのです。これは語弊がありますが、言い換えれば、(いい意味での)目標放棄に近いものなのです。


Top