ブログ

あなたが悩み苦しむ意味

タロットを勉強したい、習いたいという人の目的はいろいろとあると思います。

それでも大きくわけて、自分への趣味とか探求とか、もっぱら自分用に活用したい、知りたいというタイプと、占いやリーディング、ヒーリングなど主に技術を学んで、他人のために役立てたい、仕事やビジネスのツールとしたいというタイプがあるようです。

ただ、自分用に学びたいと言っていた人も、他人に対してリーディングしたいと思うようになる方が多いですし、もともと他人のために使いたいと思っていた方でも、タロットを学ぶうちに、タロットの自己活用、自己探求を深く求めていくようになるケースもあります。

まあ、タロットに限らす、当初の目的というものが変わることはよくありますし、言ってみれば、最初の目的はまさに動機であり、きっかけとして機能し、やっているうちに自分の本当のしたいこと、本当の目的というものが見つかるわけです。

そういう意味では、何かを始めたいけれど躊躇してしまっている人には(これもタロットのことだけに限らず)、とにかくやってみて、それから続けて行くかを決めるのも悪いわけではないと思います。

とりあえず、体験とか初心者向けコースに入って味わってみてから、やる・やらないを最終的に決めてみてもいいのではないでしょうか。

思うに、現実の人生とは、自分の中にある可能性や力を、外部からの刺激によって呼び起こし、時には無理やりでも体験させることで、今生での成長や発展を促しているように見えます。

マルセイユタロットで伝えているように、私たちには神性ともいうべき「完全性」が眠っています。

完全であるからこそ、究極的には何もしないでもすべてがあり、すべてを知っているわけで、理屈的には何も経験しなくてもよいとは考えられます。

ただし、あえて完全性を忘却することで、制約した環境の中からの刺激によって、その完全性の一部を少しずつ回復しているゲームに身を置いて楽しんでいるのかもしれません。

完全性の回復には、ゲームですから個人差があり、制約や枷をはめた状態によって、そして出会うきっかけ・環境によってひとつひとつ違うように、それはとてつもない種類とシチュエーションが用意されているのでしょう。まさにバラエティに富む、個人体験です。

最初にも言ったように、体験せずとも本来は知っていることではありますが、それでは最初から種明かししているようなもので、ゲームとして成立せず、興がそがれるわけです。

また、完全性回復ゲームの過程においては、創造性が発揮されることになり、そのアイデア・思い付き、体験によって放出されるエネルギーが、おそらく宇宙全体の創造性の力を増幅していることになるのだと思われます。

「すべて知っているから、何もしないよ」という態度では出ないエネルギーがあり、それは体験しないと、質として本当の意味では現れないものなのだと想像します。

このようなことが、一人一人、違った形で人生を体験している霊的な理由になるのかもしれません。

そうすると、人生では、どんどん体験したほうがよいということにはなるのでしょうが、一方、体験する・しないで悩むそのこと自体も体験だと考えることもできます。

完全性が忘却されていない場合は、そもそもが悩むことはありません。

ですから、あれをしたほうがよいのか、これをしないほうがよいのか・・・と葛藤することもないわけです。

例えば、マルセイユタロットには「恋人」カードというものがあります。

このカードは、私たちに伝えられているある思想・概念では、現実的階層(天上的・霊的階層と比較した場合)に位置するカードとされています。

ということは、まさに一人一人の実際の人生において起こることや意味の象徴を表現していることになります。

このカードは、三人の人物たちが恋愛模様や選択シーンで(特に真ん中の人物が)、悩んでいるようにも見えます。

つい、タロット占いやタロットリーディングになると、カードから答えとか確実な意味を見出そうとしますが、素直に絵柄を観察しますと、さきほど言ったように、悩んでいるようにも、三人が話し合っているようにも見えるわけです。

迷いや悩み、あるいはそれらについての話し合うシーン・・・こんな風なニュアンスが出ます。

「恋人」カードは、私たちの人生、実際のフィールドを表す階層のカードだと述べましたが、そこからしますと、そのままズバリ、迷い悩み、話し合う・・・それそのものが体験であり、重要であることが示唆されているように見えます。

この三人のほかにエンジェルのような、天使、キューピッドも上空に描かれており、三人の人間たちのことは、天使的・天上的なものが関わっている、あるいは見守っている状態だとも解釈できます。

この天上性こそが、自分の完全性・神性であるとも考えられ、それならば、人生での悩み・迷いも織り込み済みであり、そういう体験が大事であり、そこからすると、正しいことを選ぶ、間違いをしない、現実の価値観でよい人生を選ぶというものには、天上的にはあまり価値がないことになります。(価値あるなしというより、本来の目的性が異なり、言ってしまえばとちらでもよいこと)

だからと言って、今本当に悩み、つらく苦しい人生を送っている人には、現実的に何の解決にもならないでしょう。

しかし、その苦しみは限りあるもので、ひとつの体験として味わっている可能性があり、天上的に見れば、それさえも幸福であるわけです。

単なる気休めのように聞こえるでしょうが、地上的視点だけではなく、天上的視点を持てば、完全性の回復や、ゲームの進展性に変化が訪れやすくなり、実際に、悩み事・苦しみ事が、地上において変わって行くこともあるのです。

苦しみから逃れようとする体験も、もしかするとしたかった体験かもしれず、逆に、その苦しみを違った観点から見て、受け入れていく感覚を得ることで、体験の質を変え、途中で完全性を早く思い出すためのきっかけとしてスパークさせるという、そういう体験を望んでいたかもしれないのです。

世の中にはいろいろな方法・考え方があります。それらに出会うのもまた縁と体験と言えましょう。

「恋人」カードには三人も人がいて、「話し合っている」ように見えると指摘したように、自分一人だけで悩まず、文字通り、他人と話し合うことで解決としての体験を味わうことができる可能性もあります。

あなたの完全性への気づきのためには、他人(視点・手助け)が必要なこともあるかもしれません。

とにかく、かっこ悪くても、あがいてみてもいいのではないでしょうか。

そうする中で、体験が体験を呼び、味わっていく現実フィールドの体験イベントも変わって行き、それが実際の悩み事の質を変容させることにもなるかもしれないからです。

霊的に見れば、ひとりひとり、あなた自身の体験も、宇宙に貢献しているので、その意味では、生きているだけですごい価値が誰にでもあるのです。

もうちょっとだけゲームに身を置いて、地上的な意味では悩み苦しむかもしれませんが、天上的意味てば喜びだと見て、過ごしてみましょう。


四大元素、4組の順番

タロットの小アルカナでは4つの分野、エレメントに分かれています。

私たちマルセイユタロット組は、日本語に言葉を置き換えることが多いので、その4つの組を、剣・杯・杖・玉の組と呼んでいます。(それにも理由があります)

この4組に順位というものがあるのかどうかについては、いろいろと議論の分かれるところです。

元はと言えば、エレメントとも書いたようにこの世界を構成していると考えられている風・水・火・地(土)の要素から、物質的な、わかりやい形で4組で表したものです。

これに順位をつけるとなると、今風に言えば、分子とか原子とかのものに、優劣とか順位があるのかという話と似たものになり、そもそもがなじまない議題と言えます。

しかし、さきほど、剣・杯・杖・玉と書いたように、私たち、マルセイユタロットを扱う者では、その順番で述べることをノーマルとしています。

ただ、少し現代的にこの4つの要素を考えるとすれば、分子の運動のようなものをイメージするとわかりやすいでしょう。(まあ私は物理学は素人で文系人間なので、勝手な例えになりますが)

物理の世界では個体・液体・気体といわれるように、分子の運動や配列的なものによって状態が変わるのだと想像すると、玉は個体的で、そこから中を構成している粒子・分子的なものの運動が激しく流動的になればなるほど、液体から気体へと変わって行くので、すなわち、水、風へと変化するわけで、また風は空気とも言えますので、そこに水分が含まれていると、冷えて固まればとなって降ってきます。

それが集まると、川となり、湖となり、さらに冷えると冬にができるように、固まって個体ともなります。言ってみれば、例えば「水」ひとつ取っても、個体・液体・気体と、ただ内部運動の変化、並びによって、同じものの見た目が変わるだけです。

こうして考えると、四大元素の4組とて、実はもとは同じもので、分離した状態として見ると、まさに4つの要素として現れ、分離していない状態、元の要素になればひとつであると言い換えることができます。ですから、優劣や順位も四大元素、4組ではないと考えられるのです。

ちなみに、錬金術や西洋密儀的なことでは、四大の元は第五元素と表現されています。何のことはない、四大とはすべて第五元素であり、第五元素のレベルや表現が、分離して変わっただけに過ぎないわけです。

この考え方は実は非常に重要で、宇宙の本質、表現を示していると言えます。

そうした四大元素と第五元素のシステムを持つマルセイユタロットなので、マルセイユタロットは宇宙のモデル、図式を象徴していると考えてもいいわけです。

ところで、本質的には四大・4組には順序や優劣がないと言いましたが、ある見方をすれば、それでも順位としてつけることもできるのです。

それが、さきほど述べた、剣・杯・杖・玉、四大で言えば風・水・火・地です。これは、マルセイユタロットならでのもので、分野とかタロットの種類が異なれば、同じ四大でも、火を最上位とする考えが実は主流と言えます。

ではなぜ、マルセイユタロットは風が最上位なのか、そして、もうひとつ疑問を挟むとすると、水と火の順位はどうなのか、火のほうが上ではないのかという意見も出てきます。

ただ、玉(地・土)が一番下であるというのは、どの流派も共通しているように思います。

それは、玉、土の次元が、すなわち、物質的な私たちの現実次元をもっとも象徴しているからです。

「玉」はコインであり、ズバリお金です。お金が物質的、実際的であることはよくわかると思ます。

しかし、そのお金を動かすのは人であり、感情や計算も働きます。ですから、玉(コイン)の背後には、上部概念として、風(思考)や水(感情)、火(モチベーションや情熱)もあり、それらが玉に影響している(させている)と言えます。

話がそれましたが、玉、地の要素が最後に来ることは比較的共通した見方だということで、それは、結局のところ、四大の順位のつけ方が、神や宇宙、もっとも高次なレベルから、もっとも人間的で、言い方は悪いですが、次元の低いレベルにエネルギーが降りてくる状態を示しているからだと考えられます。

これは古代密儀的な考えでは普通のことで、私たちは神のレベルから人間動物レベルに、言わば貶められており、神に戻る道を発見すれば神に回帰することができ、その過程はまるで闇から光に満たされていくようなもので、見えなかったものが見えてくる過程とも表現できます。※神とは、宇宙の根源や完全性、仏教的には仏と解釈してもよいです。

しかし、ここでいう「見えてくるもの」とは、今までは「見えていなかったもの」であり、見えていたことが反対に見えなくって行くという、逆説的な話になります。

すなわち、私たちが通常見ているモノ・世界は実は偽物のようなもの、仮の姿のようなもので、一見、しっかりとした「形」、物質的・三次元的に見えてはいますが、その実、神への道が進むと、それらは解体され、真の姿を見せ始め、次第に希薄なものへと変化していくのです。

物理的な表現をあえてすると、個体が液体となり、気体となり、さらにはプラズマ化して、見た目には消失したかのようになる状態です。

ですから、その意味においては、玉(土)はやはり最低次元を示し、神への道に入ると、さきほど、お金の裏の話、お金を動かす本質をほかの四大で見てきたように、水や火、風の要素が立ち現われ、次元が次第に上昇していくわけです。

従って、四大にも順位があると見ることが可能なのです。

マルセイユタロットの場合は、神への回帰の道が、四大的には、地から天への、地⇒水⇒火⇒風となっています。その根拠は大アルカナや宮廷カードにも示されています。

けれども、別の観点でも指摘したように、この四大はそれ自体が第五元素であり、分離しているようで分離しておらず、ただそのように4つに表現されているだけでもあるのです。

つまりは、私たちは、どのレベルにおいても神の要素を有しているという話になり、遍く一切、まさしく神は遍在しているのだと例えることができます。

低レベルな自分、ダメな自分、欲望やエゴでまみれた自分においても、人はいつでも神に転じる気質をその中に存在させているのです。

分子が運動して、他の状態に変化したように、私たちは、一見悪いことや低次のようなことに遭遇したとしても、数々の体験が自分の内なるものを運動させ、やがて本質の魂、神の素養を輝かせることになり、それがすなわち、自らが神に還る道を照らす「ともし火」となるのです。

それはまた、マルセイユタロットで言えば、「愚者」を導く、「隠者(智者、導師)」のランプでもあります。


タロットとイメージ

タロットというのは、絵柄が基本ですので、視覚の効果、視覚の作用が中心となります。

ですから、逆に言えば、視覚以外の機能・センサーとタロットは、つながりにくい部分もあるわけです。

しかし、人間の感覚・センサーは、五感だけではなく、いわゆる第六感とか、直感のような、五感とは別だったり、超越したりする感覚もあると言われています。というより、そういうものは普通にあると考えたほうが、今や半ば常識的かもしれません。

そして、五感をはじめ、感覚器官は、一見、バラバラに存在しているようでいながら、情報として統合される形にあり、それは科学的には脳が行っているとされていますが、スピリチュアル的には、脳を超えた何か、本来の自分の何かが行っていると考える向きもあります。

とにかく、例えば、視覚の情報が中心であっても、ほかの感覚・センサー連動したり、情報が加味されたりして、ひとつにまとまって来ると推測され、その意味においては、タロットは確かに視覚中心とはいえ、ほかの感覚への刺激もあるのだと見ることも可能です。

それでも、視覚中心は確かですから、そうなりますと、イメージという言葉が思い浮かんできます。

そう、タロットはイメージと強く結びつくツールであり、絵がイメージと関係するのは誰にでもわかるので、そのことは当たり前のことではありますが、意外にイメージの力とか使い方については知られていないものでもあります。

イメージの力で大きいのは、思考では難しい方法や答えを簡単に導くことができることです。

私たちの悩みの多くは、考えることによって発生し、また、考えてもわからないから悩むわけです。(笑)

世間では、考え方を変えることで解決を図る手段がよく述べられていますが、考え方を変える方法そのものがわからなかったり、実際に考え方を変えても、悩みは消えないということもあります。

ところが、イメージを使うと、思いも寄らなかった解決方法とか、問題へのアプローチが見えてくことがよくあります。

それは、イメージと思考(考えること)の回路と道程が違うからで、イメージのほうが、一般的にダイレクトに潜在意識など、普段意識しないところとつながる傾向が強いからです。

ただし、ここで誤解されがちなのは、思考は役に立たない、思考を働かせると、本当の自分とつながりにくい(つながりにくくなる)と言われることです。

思考が問題なのは、同じ考え方のレベルに留まっていること、一般的・常識的・論理的回路によって問題と解決を見てしまうことにあります。

つまりは表面意識、顕在意識、普段の自分、社会的で合理的な意見をよしとする基準で見てしまうことが多いわけです。それでは、特に個人の問題が解決しにくいのはわかる思います。(集団と個人、普遍性と個別性の違いが大きいため)

しかしながら、思考が一段上になり、これまでより高度の思考に導かれると、問題のとらえ方と解決策のレベル・次元も上昇して、解決策もわかってきますし、高次の自分に、より近づく手段の一つにもなり得ます。

ですから、思考そのものが悪いのではなく、思考レベルと扱いの問題のほうが大きいと言えるのです。

ただ、思考レベルを上げるにも、それこそ、頭の回転を上げなければならないので、なかなか難しいところもあります。

それならば、堂々巡りのような同水準思考の中でグルグル回っている状態に対して、イメージという違う回路を使えば、案外あっさり、別の道が見えてくることもあるわけです。

ということで、タロットの絵を利用してイメージを喚起させ、今の悩み・問題への解決を、イメージの力でもたらせることを志向できるのです。

ところで、イメージというと、「私はイメージするのが苦手」という人もいます。

昔、カルチャーセンターのタロット講座の体験会をしていた時、こういう場所では、がっつりタロットに興味があり、学びたいという人より、なんとなく覗いてみたい・・・というライトな感じで来られる方も少なくありませんでした。

すると、タロットを見て何かイメージするということが苦手と言いますか、「この絵を見て何でもいいですので、思ったこと、感じたこと言ってみてください」とこちらが指示しても、「別に何も出ません・・・」「イメージが浮かびません・・・」という方がちらほらいるわけです。

これには、いくつか理由があります。

そもそも、私も講師としてまだ経験が浅かったこともあり、カルチャークラスレベルの人に、タロットから自由に発想してもらうという作業自体、無謀であったのが、今ならよくわかります。(苦笑)

人は「自由にイメージして」「何か感じて見て」といきなり言われると、実はしにくいものなのです。(慣れてないと、ある程度、誘導がいります)

次に、「イメージする」というレベルや質の問題があります。

一般的に人は、「イメージしてください」とか、「何か思い浮かびますか?」とか言われると、具体的でしっかりしたカラーの絵柄とか、何か言葉とかメッセージとか、意味が浮かんでこなければならないと思い込んでいる節があります。

最初からそんなことができるのは、サイキック的な力があったり、ビジョン瞑想に慣れていたりする人などです。

普通は、うっすらと何か見える、感じる、出てくる、そんな気がする・・・レベルです。そして、それで最初はいいのです。

イメージは絵とは限らず、音とか、温度か、触感とか、視覚とは違う感覚も入れてのイメージの場合もあります(正確にはイメージを補強するもの)。

また、イメージが浮かんでも、言語化するのが困難な人もいます。それはイメージと言葉も、イメージと思考同様、回路が違うからです。

あと、イメージすること、感じていることを表現するのに、何らかの形でブロックしてしまっているケースがあります。このことはまた別項でいつか述べたいと思いますが、今日は詳しくは書きません。

いずれにしろ、このように、イメージひとつ取っても、レベルや質の違い、イメージから何かを見出す道筋の問題もあって、「これがイメージの正しい方法、使い方」というものは言えないわけです。

タロットによる、悩み事や問題の解決というのは、タロットリーディングで普通に行われることでありますが、タロットの絵柄から想起・刺激されるイメージを使った解決法と、タロットの絵柄(数などのサブ情報も含める)の象徴性を通じて、意味を探って解決法を考えるのとでは、実は違う回路を使っていると言えます。

それでも、タロットリーディングの目的が、自分やクライアントの問題解決、癒し、変化にあるのなら、結果的にそれができればいいわけで、方法や回路は違っていてもOKと言えます。

「押してダメなら引いてみな」という言葉があるように、タロットの意味を考えてもわからない(うまく当てはまらない、よい方法がわからない)のなら、タロットの絵柄からイメージを浮かべて見る、想像してみるというのでもよいですし、その逆もまたありで、イメージや絵からは、さして思い浮かばないというのなら、カードの意味、知識から思考的に、解決法を見出してもよいわけです。

要するに、情報の取り扱い、ソースからの通り道・ルートが違うだけです。

ですが、イメージの力と使い方によっては、ずっと考え続けてもわからなかったことが、突如ひらめいてわかったり、何をすればよいのかがイメージで見えたりします。

イメージの世界には、現在的・常識的思考の世界とは違うものがあり、それはいろいろな分野を超えた、悪く言えばごちゃ混ぜの混沌とし世界のように思えますが、それだけに、普段考えつかないような、多種多様で時間空間にとらわれない情報が眠っています。

そこへアクセスするには、タロットの絵柄が必要なのです。

メルヘン風に言えば、タロットの精霊の世界にあなたが入り込む、もしくは連れて行ってもらうようなイメージと言ってもいいかもしれません。

タロットを扱っていると、イメージにも慣れてきますので、魔法的には、イメージの世界のほうを現実と置き換える、塗り替えるみたいなことも可能だと言われています。

イメージをどう扱うのかは、「月」や「力」のカードに隠されてもいます。

最初は弱弱しいイメージしか出せない人も、タロットと接していると、自分の中にあるイメージ・ビジョンの力を発現させていくことができるようになるでしょう。

それをどう扱うのかもまた、本人次第ではありますが、大きくは、まさしく自分と周囲の世界を変えてしまう力を持つのです。


占星術、水星逆行より

今、西洋占星術的には、水星逆行の時期になっています。

逆行(天文学的には逆行するわけではありませんが)する惑星のうち、水星は頻繁なので、逆行と言えば水星というほど、比較的星占い好きの人たちには知られていると思います。

このブログは、タロットがメインですから占星術的な話は詳しくせず、水星逆行によって何が起きるのか、どんな意味があるのかについてはここでは説明しません。

知りたい方は、いろいろな人が説明されていますのて、検索して読まれるとよいでしょう。

ただ、これはタロットにも一部言えることですが、あまり強く信じすぎないほうがよいかと思います。

水星逆行については、その昔、私は個人的に試してみたことがあるのですが、意識しなくても、確かに何らかの作用が自分にありました。逆行が順行に戻った時に、明らかに変わったのも覚えています。

それでも、あくまで大きな意味では「象徴」であり、個別次元まで関係してくることもあるとは言え、その現れ方こそ、人の意識次第、惑星や占星術コンセプトとのリンク次第と言えるかもしれません。

つまり、やはり強く信じている人、惑星意識の強い人には顕著に個人レベルまで影響が現れるということです。

占星術の扱いで懸念されることのひとつは、「星を使うと思っていては、逆に星に使われるようになる」ことです。

実はタロットにもその危険性はあるのですが、タロットの場合は、占星術よりかはある意味、危険がないとも言えますし、反対に扱い方によっては、占星術以上に危険になることもあります。

わかりづらい言い方をあえてしますが、ツールはあくまでツールであり、本質そのものではありません。しかしながら、単にツール扱いしていると、ツールを本当の意味で使いこなすことにはなりません。

言ってみれば、ツールは道具でありながら、生き物であり、宇宙と自分自身そのものでもあるという認識が必要です。この見方に立てば、タロットも占星術も偉大なものとなります。

ツールだけではなく、「知識」についても同様で、知識はあくまで知識にしか過ぎません。

ですが、その知識も智慧となり、もとの本当の自分につながるための架け橋となるのであれば、知識もまた偉大なものとなっていきます。知識があることをただ自慢したり、知識を集積したりすることだけに囚われていては、知識も単なるモノ、ツールでしかないわけです。

占いにおいても、使い方によっては、自らと他人の人生、生き方に大いなる指針と幸福の導きとなるものではありますが、扱い方を間違えると、自分と他人を縛るものとなります。

もう一度言いますが、知識とかツールは、基本的には向上と解放の福音となりえますが、逆の束縛と支配の道具にも化けます。

占いでも、吉凶、良し悪しの現世的二元観点ばかりで見ていると、常にいいと言われるほうを選択したがるようになり、さらには自分で決められない依存体質にもなってしまいます。

「いいこと・幸福なこと」である、と、伝統的・知識的、現在的に判断されることであっても、時代が変わったり、人々の価値基準が変化したりすれば、悪いことになるおそれもありますし、その逆の、悪いことと思われていたことも、よいことに変わる可能性もあるのです。

物事には両面があり、今の認識力では、片方しか見らない狭い了見になっていて、それはレベルが上がらない限り、両面を見ることは不可能なのです。

ボールで例えると、ボールの表面からの視点では、明るいほうと暗い側の区別しかできず、それが球体であることすら気づかないのです。

もし球体であることがわかれば、球体の回転、もしくは観察者側の回転によって、光が当たる部分が変わる(暗い部分も同じく変わる)ことは、一目瞭然です。

しかなしがら、球体であることを認識できるには、球体の表面から出ないとわかりません。球体の外、上の視点ですね。ちょうど、地球が球体であるとわかる前と、わかった後での視点の違いみたいなものです。

占い(だけに限らず)で、いい・悪いを判断して、悪い方を避け、いいほうを選んでいく視点は、ともすれば、球体の表面にいて、光が当たるところはこちらだけだと選んでいるようなものになります。

言ってみれば、どこまで行っても、新しい観点、次元上昇の位置を得るのは難しいことになります。同じ位置でずっと続くのは、あくまで過去から今の認識に基づく、幸せで豊かな生活をする観点です。

それはそれでいいのですが、一方で、過去と今を超える未来、あるいは今の認識の当たり前を超えた、超幸せ世界(笑)までは思いが至りません。

自分一人だけでは、過去から今の視点でいいのかもしれませんが、もっと先で高次な世界へ、一人一人から全体として超越していく、移行させていくには、統合視点、これまでの視点を超えた見方が必要となってきます。

タロットでも占星術でも、そういった目的で使うこともできます。

水星逆行で一喜一憂したり、現世利益的な視点で、良し悪し選択の行動指針にするのは、それはそれで面白いですし、現実的なところの影響もあるにはありますが、あまりそれに囚われ過ぎると、例えるならば、水星の神、ヘルメス・マーキュリーの移り変わり、魔法に幻惑されます。(笑)

間違っても、すべてを水星のせいにしてはいけません。水星逆行のせいではなく、単純に、あなたのうっかりミスということのほうが多いでしょう。(苦笑)

とは言え、アストラル(星)的な力はなかなか強く、私たちの通常の肉体を超えた、ある「からだ」に作用し、それは無意識レベルと言えます。

惑星を「しもべ」として扱っていると、とんでもないしっぺ返しを食らいます。それゆえ、ギリシア・ローマ神話では、惑星は神々で例えられているのです。

今回の水星逆行、個人的な意見ですが、タロット的には火と関係し、「残火(ざんか、のこりび)」というキーワードが浮かびます。残り火があるのなら、それを消火・鎮火するための再生があるかもしれません。


小アルカナ的人間関係の問題と解決

前回のコメント企画、ご協力いただきありがとうございました。

これは、私の中で、小アルカナと大アルカナの使い方を検討する意味で、少し皆さまに、試していただいた次第です。

今回の意図や詳しいことは、私の生徒さんのZoom勉強会やメルマガでお話したいと思います。

一般的にマルセイユタロットを扱う方の場合、どうしても、その絵柄の違いから、大アルカナだけを使うことが多く、小アルカナの活用がおざなりになってしまう傾向があります。

何事も、使えば使うほどなじんできますし、反対に、使わなければ、いつまでたっても疎遠な存在になります。

小アルカナに関しては、食べず嫌いのところが、多分にマルセイユタロット使いの人には多いのかもしれません。

しかしながら、そもそも使い方を説明されないと、どうしていいのかもわからないのが実情だと思います。

私も、自分がタロットを習った時は、ほとんど小アルカナのことは説明されませんでしたが、今は自分なりに研究と実践を進め、おそらく、ほかのところでは言われていない活用法や考え方を開発してきました。

私の生徒さんで、ほかでマルセイユタロットを学ばれた方でも、初めて小アルカナの有意義な活用法を知る人もおり、それは非常にシンプルな方法なのですが、知っているのと知らないとでは、かなり実用度においても異なるところです。

そして、活用法とは、それが生まれた原理や背景をきちんと知っておかなければ、本当の意味では、使いこなせません。なぜそれが言えるのか、そう使うことができるのかの理由です

技術だけをただ教えられても、応用度が低くなります。学ぶ側は、先生のコピーであってはならないのです。

さて、今回のコメント企画では、比較的人間関係に悩んでいる方が多くいらっしゃったように感じました。

そこで、小アルカナの基本である4組をベースにした、人間関係についての処理とか扱い方について、簡単に記したいと思います。

小アルカナの4組とは、すなわち、剣・杯・杖・玉(一般的にはソード・カップ・ワンド・コイン)と呼ばれるスート(組)のことで、それはもとは四大元素という、世界を構成していると考えられる要素として見る西洋の古代概念です。

この4組の応用範囲はなかなかすばらしく、古代思想とはいえ、さすがによく練られている象徴概念だと、タロットを使っていると感じます。

それで、人間関係の問題と解決にも、この4組で、とらえたり分類したりすることが可能です。

詳しく説明すると長くなるので、ここでは簡単なことだけ言いますね。

●剣 考え方を変える 関係を断ち切る 離れる 環境を変える ルールを作る

●杯 思い方(感情・トラウマなど)を変える、浄化する、 人間味のつきあいをする

●杖 使命や目的の見地からつきあう、行動を変える、相手に仕事(役割)を与える

●玉 仕事やお金のためと割り切る 自分を守る 金銭や利害を調整する

人間関係の問題は、主に、自分でどうにかできる部分と、他人や外部からの助力を必要とする場合、もうひとつの分け方は、自分の思考や感情の中での問題と、明らかに客観的に見ても相手にも問題や否があるというケースがあります。

これらも4組で分類が可能であり、錬金術(現代的なお金を生み出す意味ではなく、古代中世の四大元素の性質を見る意味)的な応用から、4組の組み合わせ(相性や反発性)を検討することもできます。

まあ、自分がその人と付き合わないように移動したり、引っ越ししたり、関係を断ち切れたりすればよいのですが、職場が同じだとか、友人として関係を続けたい(修復したい)、事情があって割り切れない・・・などがある場合は、結局、相手自身をなかなか変えることはできませんから、自分の思考や感情を変えるか、行動・環境を何らかの形で変えるかでないと難しい場合があります。

まあ、しかし、タモリさんではありませんが(笑)、友達なんかいなくても生きていけるわけで、いい意味で自分中心、エゴイスティックになったほうが、結果的には相手も自分も楽になることが多い気がします。

誰しもがペルソナ、社会的、場面的役割をもって、自覚・無自覚において、いわば演じているわけで、夫婦関係や恋人関係ですら、お互いがそういう役割になっているわけです。

つまりは、真の自分など、どこにも現実的生活の中にはいないわけで、そうであるならば、助け合える人、比較的わかりあえ人は、それはそれでそういう役割同士の関係だと見て楽しくつきあえばいいですし、逆に嫌なやつ、面倒な人、攻撃してくるような人は、これまた、そういう役割の人と割り切って(自分が嫌ったり、避けたりして)考えることもできます。(真の人間同士としてのつきあいではないから)

ですから、相手との関係における「自分自身の役割」も、その人と関係してしまう役から、ほとんど関係しない役にするとかで、自分の心の中では決められるわけです。

そんなことでは問題は解決しないかもしれませんが、相手を憎んだり、自分を卑下したりせず、心の中でお互いの役を変えて、相手を飛ばしてしまうイメージでも持ち続けていれば、現実の関係性が変化することもあり得ます。

要は、相手を意識し過ぎると、それだけ強く自分の中で存在と役割が刻印されていくので、ますますその悪い関係性が固定されるという悪循環に陥ります。

自分に向かってくる意識ではなく、自分から離れてしまう意識やイメージ(願望や祈りにしてしまうと、また意識が強まるので、ゲーム的な方法がよいかと思います)を持つほうが、実際的にはいいのだ考えられるわけです。

うつ病になった私が言うのもあれですが、たとえ人に嫌われても、最終的には自分を守り、自分を大切にしたほうがよいと思います。

自分が壊れてしまえば、その回復に多大な時間を要しますし、もしいじめている相手からすれば、それこそ思うつぼと言いますか、悪い相手を守ったところで、あなたには何の恩恵もないのが普通です。

自分さえつぶれていなければ、人間関係など、別の人とまた新たに結ぶこともできますし、あなたと相性のいい人とか、理解してもらえる人とかと出会う可能性もあります。

魂は永遠ですが、今の人格、人間としては有限の時間の中に生きています。

限られた時間は貴重であり、できれば幸せに、あるいは自分が楽に、思うように生きたいものですよね。その決断を、ただあなたがすればよいのです。※不幸や困難をあえて選択する生き方もありますし、それは自由ですが。(苦笑)


Top