ブログ

人間関係の問題(スピリチュアル)

人間関係は、人の悩み事の中でも、大きな位置を占めると言いますか、多く人が問題とするものです。

タロットリーディングでも、クライアントの悩み、質問ごととして、よくあるテーマです。

それもそのはずで、単純に考えても、自分以外の人間は、世界で何十億もの人がいるわけで、しかも、その一人一人が、自分とは異なる好み、志向、考え方、経験等、いわば個性的世界観を持っているわけですから、普通に生きていれば他人と必ず関わりますので、そこに衝突や葛藤が起きるのも当然と言えます。

とすると、これもまたシンプル(単純)に見れば、ふたつの解決策が考えられます。

ひとつは、この現実世界は、違う人たちの集まりでできているのだから、完全に分かり合えることはないと割り切る方法、もうひとつは、一種のゲームように見立て、違う人たちであっても、理解し、協力し合える道を求めていく(そのプロセスや方法を楽しんでいく)という方向です。

ああ、あとひとつ、完全に他人との接触を断って、一人で生きていくという道(人のいない世界・場所に行く方法)もないわけではないですが、これだけ世界中が開発され尽くした今となっては、他人のいない世界、もしくは他人からの影響を受けない場所などというものは、ほぼない言ってもいいでしょうから、現実的ではありませんね。

それに、この完全孤独の世界で生きることは、修行者みたいなもので、普通の人にとっては、つらく苦しい方法となるでしょう。

しかしながら、話は少しそれますが、現代の普通の世界においても、人との接触・関係をなるべく断って生活する人が増えているのも事実です。それは、いわゆるニートとか引きこもりと言われる人たちです。

もちろん、これにはいろいろな理由があるわけですが、人間関係の意味から見れば、人との関りによって自分が傷ついたり、面倒なことになったりするのを避けていると言え、中には、自分だけではなく、他人を傷つけてしまうことを恐れている人もいるでしょう。

要するに、人間関係の問題について、彼ら・彼女らなりの解決策が引きこもりなわけです。

言ってみれば、最初に述べた解決策・三番目の、「人のいない世界に行く」という道の、現実バージョン(自分が移動するのではなく、自分の環境自体一人にする策)と言えましょう。

このように見ると、引きこもりの人が増えているということは、人間関係のおそれ・不安が増大していると考えられます。

そして、話は戻ってきますが、人間関係の問題は、実は深刻化していると同時に、全体的には別の形で、解決に向かっているのではないかということです。

最初に単純思考から、解決策としては、割り切り(完全に理解し合うのは難しいとあきらめる)か、挑戦(理解への道を、ゲーム攻略みたいに楽しみながら求めていく)かという話をしました。

どちらにしても、根本は、人間には相互理解と相互不理解(無理解)があるからと言えます。

人は、お互いのことが完全にはわからないようにできているものの、理解し合える部分も少なくはないわけです。

ですから、「協力」の文字通り、力を合わせ、一人ではできないことも可能になります。(余談ながら、「協」の字は面白く、「十」の字と力三つの構成で成り立ち、タロット的でもあります。キリスト教的には、十字架のもとに力を合わせるみたいにも見えますね)

ここが現実と人間の仕組みをよく表していると思います。

ところで、マルセイユタロットでも、カバラーの生命の木も象徴もそうですが、神のような宇宙的元型的状態(エネルギー)が、現実としての人や物事に個性的に表現されていく過程が示されています。これを逆に辿れば、人は神・宇宙・原初に戻ることができると考えられています。

一方、降りる、上がるという型ではなく、交互に回転(交替)していくという見方を取ることもでき、そうすると、神と人は、まるで並行次元のように、ただ形態の違う同じ存在というとらえ方ができます。

今の、まさに「人間」として存在する次元や時代があり、同時に、神のような存在になる次元や時代があると見るわけです。

このふたつは、おそらく逆転した世界状態としてあり、なにもかも反対・反転した意味にあるのではないかと考えられます。(この中間に、人間でいう「死」の状態があるとも想定できます)

もしかすると、ふたつの状態・次元を統括する、さらなる大宇宙の意志、存在次元があるのかもしれませんが、とにかく、このようにして見ると、私たちが「ただの人間」でいる状態には(大宇宙からすれば)、必然性があると考えられます。

そして、話はまた、人間関係に戻ってきます。

人間状態にある今の時代(次元)では、神状態とは違い、相互理解がなかなかにできにくい状況になっているでしょう。それは肉体と個性(自我)を持って、強固にその中にいると思い込まされる仕組みがあるからだと考えられます。

従って、私たちが、他人・相手のことが理解できず、人間関係に葛藤や悩みを起こすのは、心(人間性)の問題というより、人間自体の(霊的)構造の問題であると言い換えることができます。

この理屈からすれば、最初に述べた解決策のひとつ、割り切りを取るのもあながち、間違いとは言えません。しょせん、人はわかりあえない構造を持つからです。

割り切り法を取れば、話しが通じる相手、相性のよい相手を中心に人間関係を形成し、自分とは合わない人、考えの違う人などと、極力関わらない、あるいは、ビジネスライクにその場限りの対処でつきあっていくということができます。

ここで大事なのは、割り切り法は、自分も相手に理解してもらおうと過剰に求めないことです。相手には相手の考え・世界があり、話し合うことはあっても、無理矢理、お互いの世界を共通させることはせず、それは押しつけも、押し付けられもしないという意味になります。

一方、人は分かり合えない構造を持つのであれば、なおさら、それに挑戦していこうという立場も出ます。創造的対策とでも言いましょうか。

おそらく、このように理解しにくい個別の世界観を持つ人間たちであふれる次元が作られているのも、ゲームで言えばハンディがあるようなもので、最初から全員分かり合えていたら、何も新しい創造が生まれないという欠点を補うためではないかと想像できます。

違う考え同士の者がぶつかり合うことで、そこで妥協もあれば、両者が統合した第三のアイデアも生じる可能性もあります。

完全に分かり合えなくとも、一部の協力で、何かが新しく生まれることもあるのです。また、わかり合えない構造を補助するために、機械や装置も発明されるかもしれませんし、違う考えや文化、言語間のコミュニケーションの方法も、実際、様々に開発されてきました。

そもそも、男女の結婚というのも、まさに人間ならではの特徴と言え、最初は違うもの同士が和合するわけですから(やがて別れることもありますが)、相互理解へのチャレンジ、創造と言えましょう。(二人から子供も生まれますし、共同生活の過程で、一人の時には思いもつかなかったことが現れます)

人間関係の問題は、断ち切りや割り切りも、重要な対策と言えますし、違う世界観・考え・経験を持つ者同士、何とか理解しよう、協力し合おうとする挑戦の道は、苦しさがあっても、それ以上の喜びももたらせます。

これも、人間だから味わえることと言えます。私たちは、なぜかはわかりませんが、神ではなく、人間としての時代に存在しています。その理由は今はわからなくとも、必ず合理的な(宇宙的)理由があるのだと思います。

ただ、すでに時代は神への方向へ交替しつつあるように感じますし、上下型で言いますと、多くの人が下降ではなく、上昇への梯子を、かなり無意識下においても登り始めている気がします。

引きこもり現象も、一見、人間関係からの逃避のような、ネガティブなものに見えますが、一方で、もはや「人間」の型における、相互理解の難しさのピークの結果として現れているのではないかと思います。

いわば、人間としての構造の限界であり、人間経験の終了、物質次元での個々の理解や交流を何とかしていこうとする、挑戦の時代が終わりを迎えようとしているからではないでしょうか。

神的な存在になっていくと、おそらく、個々の意識はありながらも、集合的で巨大なひとつの意識に統合されていくと考えられ、すると、以心伝心的になり、言葉や行動で語らず(示さず)とも、お互いのことがわかるようになっていくはずです。そのような構造に人が変わっていくとでも言いましょうか。

こうなると、もはや今までやっていた人同士の(チャレンジ的な)交流の方法は古いものになり、また割り切り的な方法も、意味がなくなってきます。

引きこもりを全面的に肯定するわけではないですが、これまでの社会の仕組み・状態、人間関係の構築のやり方が、根本的に変わろうとしているのかもしれず、そのひとつが引きこもりの人たちを生んでいる(異質な見せ方でありながらも、時代の移行を象徴させている)可能性があるということです。

今は割り切り法、挑戦の方法など、それぞれの人が人間関係で採る道は混沌としています。

ただ、人間性や人格ばかりにフォーカスせず、人の構造自体に思いを馳せ、自身の愛を広げ、優しい世界をイメージしていくことは、重要だと思います。


タロット技術の向上と個性

タロットの、特にリーディング技術向上について、質問を受けることがあります。

そして、これさえも、全体と個別のシステムに基づいていることがわかってきました。

全体と個別というのは、いわば、全員に共通するようなものと、個人として通用したり、しなかったりする、要するに個性のことです。

ですから、ほぼ誰でも効果があるものと、そうではなく、ある人には効果はあっても、ある人にはないものがあることを、タロットの技術向上においても考慮しなくてはなりません。

まず、全体的なことでは、(タロットの)知識と直感力を高めねばならないでしょう。これは誰しもに当てはまると思います。それから、リーディング経験の積み重ねも重要です。

そういった大前提をもとに、あとは、そうしたものを個別で磨いていく必要があります。それが、一人一人、合っているやり方とか程度が違うので、単純にはいかないのです。

指導者がいる場合は、そのあたりの個性を指導者が見極め、その人に応じた技量の向上方法を示唆します。

ただ、指導者においても、自分の得意とする方法と、そうではないものが「個性」としてありますから、自分の得意とするものではないものを、指導される側のほうで求められる時は、うまく(説明や指導が)行かない時もあります。

そういう場合は、別の指導者(自分と似たタイプの人)や自分に合った指導方法なども取り入れたほうが、伸びが早いこともあります。

そして、個人個人の違い(個性)でも、技術向上の(方法の)要素は、大まかにわけることはできます。

まず、知識よりか直感よりかのタイプがあります。

タロットの象徴の意味、システムなどを良く学び、自分の中で理解を得ないと、なかなか次に進まないタイプが知識よりの人です。

逆に直感よりの人は、知識や理論よりも、感性・直感のほうでタロットを読む傾向が強く、そのほうがスムースにリーディングができることが多いという人です。

両者のありがちなものとして、知識タイプの人は、自分の理想とする完璧なリーディングを目指そうとし、それゆえ、実践がなかなか遅れてしまうということがあります。

また、意外に、テキストやカードの意味表などをカンニング(笑)してしまうのが、このタイプのほうです。自分のやっていること(読んでいる内容が)正しいかどうか、確認したがるわけです。まじめなタイプの人に多いです。

一方の直感・感性派の人は、知識における合理性より、タロットを見て、自分がひらめいたことや降りて来たものを「読み」とする傾向がありますから、覚えた意味を飛び越えて語るところがありますし、それは結局、間違いとか合っているとかの見方ではない(ある意味、自分の中では確信に近い感覚もあるので、間違いという感じはない)ので、たとえ自信がなくても、とにかく伝えようとします。

ただし、このタイプは、言葉で伝えるのが苦手な人もいるので、自分の感性ではわかっていても、それをどう説明すればよいのかわからず、とまどったままになることがあります。これは読めていないというより、説明の仕方の問題です。

ということで、それぞれ、タイプによって得手不得手があり、読み方や伝え方も違いがあるわけなので、自分がどのタイプかを知り(指導者に見てもらい)、自分に合った修練方法をトレーニングするとよいと思います。

知識派の人だからこそ、直感力や感性の柔軟さは必要とされますし、感性派の人は、タロットにおける象徴論理・システムの把握は捨てていいものではありません。ともに補い合いながらも、ここで重要なのは、フィフティ・フィフティのような真ん中のバランスを求めないということです。言い換えれば、得意なほうはそのまま伸ばして、足りないところを少し補強するようなバランスを目指すということです。

感性派の人は、まだ不安定で磨かれていない直感力の場合かあり、その暴走を避けるために、知識がいるわけです。それは自分の感性とタロットの象徴との統合ができていない理由もあります。(知識がその統合を助けます)

やがて知識側のチェックとうまく融合して、気づけば直感で思ったことが、タロットの論理に自然にあてはまるようになるでしょう。それはもはや「直感」ではなく、「直観」と呼ばれるものです。ですから、感性力はどんどん伸ばせばよく、要するにそのコントロールが重要というわけです。

知識派の人も、タロットが象徴システム(体系)でできているわけですから、それに基づけば、実は楽に読めることがわかります。何も直感やインスピレーションを無理矢理出さなくてもいいのです。

とはいえ、このタイプは、頭か固い(笑)人が多いので、イマジネーションの世界の感覚を取り戻すためには、やはり感性も豊かで、ある程度柔軟でなければならず、固定観念を打ち破るためにも、思考だけではなく、感性による判断を訓練する(感覚を復元する)ことが求められます。

そして、トレーニングの方法もいろいろなのです。やはり、個人・個性によって、合う合わない、効果的・非効果的なものがあるわけです。

例えば、実践をすればするほど、必ずしもうまくなるというわけでもありません。

基礎的な読み方、タロットの論理を入れておかないと、数をこなせばこなすほど、混乱してしますいます。(慣れや、度胸はつきますが)

これは、土台となる基礎や基準・ルールというものがおろそかな(理解しない)ままにやってしまっているので、比較したり、検証したりする、そもそもの元がない(あやふやな)ため、起きてしまうことです。モデルとしてのリーディングが見えないまま、やっているわけです。

逆に、いつまでも、勉強や自分リーディングばかりして、ライブの(他人向け)実践リーディングをしない人も問題です。

誰しも最初は怖かったり、失敗があったりしますし、そももそ完璧なリーディングというものは「観念」でしかなく、現実においては、どこか足りなかったり、うまくできていないと思ったりしてしまうものです。

マルセイユタロットで言えば、「斎王」のように学んでいて、「女帝」のように理想や計画をイメージしていても、「皇帝」として実行する現実場面では違うこともあり、臨機応変さの必要性では、「手品師」の体験も必要だということになります。

カードの意味・象徴は普遍的なものですが(全体性を持つ)、個人個人・クライアントの問題や悩みごと、そしてそれに対応していくタロットリーディングというものは、個別的、一期一会みたいなものなのです。

だから、全体性のフィルード・次元にいくら留まっていたところで、個別に対応することはできず、タロットによる宇宙的な考察だけをしたいのならそれでいいですが、タロットを実際に、人々の役に立つように使うとなれば、リーディングにしろ、講義にしろ、現実・生身の人のところへ出て行かないとなりません。

ですが、コミュニケーションの得手不得手もあるでしょうから、これも自分なりに適したやり方で、少しずつ実践をやっていく方法もあれば、顔出し・声出しのない方法でのリーディングスタイル(たとえば文章など)も取ることが可能です。

いきなり実践していくというより、仲間やグループで練習しながら、トレーニングしていくほうが向いているという人もいます。

反対に、プロ(を目指す)意識が高く、一人で活動し、料金をいただきながら、どんどん活動していき、自分をそういう世界のサービス業を行う者として環境的に慣らしていく(追い込んでいく)方もいます。

人間には自然と同じようにリズムがあり、外向きに積極的に出ようとする時期と、内に籠り、座学や瞑想などして、内的な方向性で静かにしている時期が交互にやってきます。もちろん、それも、万人に共通する期間というのは(大きな流れでは)あっても、一人一人は異なります。

普段は籠り系がメインで、たまに外交的になるというのが自然なスタイルの人もいれば、いつも活発に外で交流するのが好きで、たまに部屋で静かに過ごすことがあるというパターンの人もいます。ですから、誰かのやり方に合わせたり、強制されたりする必要はなく、自分の好ましいリズムというのを見つけ、それをもとにしながら、タロットの活動・学びもしていくとよいと思います。

ただし、アイデア(と実行)は、いつも巡らせておき、そんなことはできない、とあきらめてしまうわないことです。

タロットをする場所がない、タロットを受けてくれる人がいない、家庭の人に許可が得られそうもない、一緒に練習してくれる相手がいない、自分に今必要なトレーニングの方法がわからない・・・いろいろとあると思います。

確かに、それは個人にとって簡単に解決できない悩みで、困ったことではあるでしょうが、発想・アイデアを変えれば、可能になることもあります。

実は、やれない理由の多くは、今のあなたの世界観レベル(いわば、あなたなりの常識)にあり、それこそ、タロットによって世界を広く(上昇)させる必要があるのです。

昔、こういう人がいました。自分は家でもタロットを(他人に)する場所がなく、またどこか部屋をレンタルする余裕もないので、どこでタロットリーディングの活動をしようかと悩んでいた人がいました。

それで、その人は車好きだったため、ミニバンでよく出かけたり、とにかく車とその移動が大好きな方でした。ふと、自分の好きなことのふたつを掛け合わすという発想がタロットから導かれ、駐車場など問題のないところでカフェを出すような感じで、タロットリーディングしてみようと思い付いた方がいます。

今は、ネットでなんでも検索したり、調べたりできる時代です。意外なところから、解決方法も、これまで思っていたものとはガラリと違うことで見つかるかもしれません。

そういう手があったか!とある人のことをヒントに、自分流のものを思いつくことも、以前より、よくあるはずです。(つまり、アイデアは世界中の人が考えていて、それを目にしたり、聞いたりする機会が爆発的に拡大している状態)

タロットの読み方であっても、何もタロット(教)本が解決やヒントをくれるとは限りません。

私など、自分の経験から言わせてもらえば、タロット関係の本よりも、ほかの本からの発想を得て、タロットの読み方やタロットシステムの考察が進んだことのほう多いと言えます。(もともとマルセイユタロットの日本語の本は極めて少ないということもあります)

タロット技術の向上は、タロットの本やタロット関連のことから必ずしも進むとは限らないのです。

重要なのは、他分野でも、タロットとシンクロさせて考察すること、直感をタロットに置き換えて説明する、そのプロセス(結びつき)なのです。

それは、言い換えれば、あなたの中にタロットのコントロールパネルを作るようなものです。

あなたの個性に応じて、頑張ってください。自分に縛りをかけたり、追い込んだりしたほうが延びる人もいますし、反対に、楽しさを追求(楽しさ・楽だと思う方向、やり方を選んでいく)方が、よい人もいます。

いずれにしても、自分に合っていれば、やっている時はたとえキツく感じても、本質的には楽しく、嬉しいと思うはずですし、「コレジャナイ感」(笑)が続く時、それは、やはり合ってないかもしれず、やり方を変えたほうがよいでしょう。


カモワン流とホドロフスキー流

日本では、マルセイユタロットと言えば、ホドロフスキー・カモワン版マルセイユタロット(通称カモワン・タロット、以下カモワンタロットと表記)が結構有名になっています。

おそらく、世界的には創作系マルセイユタロットの区分に入れられ、マイナー扱いではないかと推察されます。

それは、カモワンタロットが、古いマルセイユタロットをもとにしながらも、現代において創作を加えながら、復刻されたものであるからで、言わば新しい(マルセイユ)タロットなのです。

マルセイユタロットは、17から18世紀にかけてフランスを中心に出回った(同じタイプの絵柄の)タロットの総称ですから、本来はその時代のものがマルセイユタロットだと言えます。

マルセイユタロットの歴史につきましては、研究家も世界では多く、日本でも夢然堂さんあたりが、とても詳しいですので、歴史的なことや成り立ち、各版における微妙な違いなど知るのに、非常に参考になりますし、日本でこのような方がいらっしゃるのは、すごいことだと思います。

ちなみに、日本ではカルタと呼ばれる遊戯カードの歴史も、意外に古いもので、タロットのようなカードが、ポルトガルなど南蛮貿易により入ったことで、カード類は日本人にもなじみになって行きます。

花札などもタロットと関係すると考えられます。今やコンピューターゲーム会社として名を馳せる、あの任天堂さんも、もとはと言えば、カルタ、花札などの遊戯カード販売の会社でした。(現在もカード類は販売されていますが)

それで、私自身は、もちろんマルセイユタロットリーダー、講師である以上、そういうカードの歴史には興味はありますが、それよりも、マルセイユタロットの象徴性自体に強い関心があり、それも学術的、あるいは歴史的にそれがどう成立したのかという観点は、私にとってあまり重要ではなく(軽視もできませんが)、私たち人間において、マルセイユタロットの存在・システム・絵柄の象徴が、どのよう意義を、古代のみならず、現代的な意味においても持つのか、考察と活用、そういう点に興味の中心があります。

ですから、カモワンタロットが、たとえ創作・復刻版的な現代のマルセイユタロットであったとしても、象徴性において優れているのであれば、大いに活用できるものだと考えています。

私自身、タロットと言えば、マルセイユタロットにしかほぼ興味がなく、最初にカモワンタロットから入った口ですので、今もって、リーディングにおいてはカモワンタロットを使用させてもらっていますし、このタロットを作ったフィリップ・カモワン氏とアレハンドロ・ホドロフスキー氏、さらには、日本でカモワンタロットを広め、教えを受けました大沼忠弘氏には敬意を表しております。

ですが、今は独自路線として、マルセイユタロット講師・タロットリーダーの道を歩んでおりますから、ある意味、どこにも所属していないフリーの立場で、客観性をもってカモワンタロットを見ることがてきます。

カモワンタロットを純粋に学ぼうとすれば、やはり本家本元、カモワン氏の認定講師のもとで学ばれるのがよいと思います。一方で、カモワンタロットは、もう一人の製作者、アレハンドロ・ホドロフスキー氏のタロットでもあります。

数年前に、このホドロフスキー氏が書いたタロット本が日本語訳されました。「タロットの宇宙」(国書刊行会 黒岩卓訳 伊泉龍一監修)という本です。

この本の訳が出たおかげで、ホドロフスキー氏流のタロット観、タロットリーディングが、日本でも多くの人に知られることになりました。

もともと、ホドロフスキー氏のほうが、映画監督や創作・芸術家としても世界的に有名ですので、どちらか言えば、カモワンタロットと呼ばれるより、ホドロフスキー・タロットと言ったほうが、世界では通じるかもしれません。

ホドロフスキー氏がタロットの愛好家、研究家であることは昔から知られており、彼の作品にもタロットをモチーフにしたものが結構あります。

ホドロフスキー氏はその作品もそうですが、強烈な個性を放つお方ですので、それだけ熱狂的ファンも多く、あのホドロフスキー氏が使うタロット、作ったタロットとして、マルセイユタロットに関心を持たれる方がいらっしゃいます。

ということで、カモワンタロット(ホドロフスキー・カモワン版マルセイユタロット)を独学する方の中には、カモワン氏関連からではなく、このように映画世界のホドロフスキー氏関連、特にタロットにおいては、日本語訳された「タロットの宇宙」を基にして学ばれる方もいらっしゃるのではと思います。

またかつて、タロット大学(現イシス学院)の講師や受講生であった方からタロットを学習する人もいるとお聞きしますから、そういう(習われた)方が参考書として、「タロットの宇宙」を手に取ることは想像に難くありません。

しかし、ここで注意が必要です。

私はさきほど、自身の経歴で、カモワンタロットを学びながらも、独立し、今は客観的立場で、カモワンタロット(カモワンタロットを教える講師ではありません)を見ていると申しました。ですから、カモワンタロットにおいての、いわば、カモワン流とホドロフスキー流の違いも指摘することができるのです。

同じタロットの製作者であるお二人ですが、そのタロット観とリーディング方法(技術)はかなり異なるものです。

特に、用いられるリーディング技術、展開法、読み方も、全く違うと言ってもよいくらいです。

例えば、カモワン流では、正逆の位置とタロットに描写されている人物の視線を追って展開していく方法が採られますが、ホドロフスキー氏展開法は、正立のみであり、視線との関連を見ることはあっても、それほどカモワン流ほど厳密ではありません。

むしろ、視線を取らないことのほうか多いと言えます。公開されている動画など見ますと、ホドロフスキー氏の主とする展開法は、スリーカードであり、最初に三枚、正立で引く(最初に三枚引くのは、カモワン流でも用いられますが)のが普通です。

解釈の違いの例も示しまょう。

例えば、二枚引き(二枚カードを並列に置いて読む方法)においては、ホドロフスキー氏は、その著書「タロットの宇宙」では、大アルカナの場合、数の順番通りに並ぶほうが、エネルギー、方向性としてよい、うまく流れると解釈するように記述されています。

しかし、カモワン流では、視線の向き合い方がかなり重要な意味を持ち、正立同士のカード人物の視線の向き合い、もしくは、視線が他のカードに注がれている場合、カードの数にはあまり関係なく、その二枚の視線の関連性が強調される読み方を取ります。従って、大アルカナの数が右方向にマイナス(左のほうが数が上)で並んでいても、よい解釈になることもあるのです。

もし、カモワン流を習い、まだタロットの理解が浅い段階で、ホドロフスキー氏の「タロットの宇宙」を読むと、特にリーディングの解釈において、かなり混乱したことになるのではないかと予想されます。その逆もまた言え、ホドロフスキー流に慣れてしまうと、カモワン流の正逆と視線を追う展開法が、なかなかわかりづらいものとなるでしょう。

もちろん、どちらの見方も間違いとか正解はありりません。ひとつの解釈の技術と言えます。

ただ、実際に、カモワンタロットを使い、リーディングをしていく場合、両者の読み方や解釈(を生半可で知った状態で)の整理がついていないと、どちらの読み方(解釈)が正しいのかわからなくなったり、どのケースにおいて、どの読み方を適用すべきかということも、よくわからないままで、いろいろなパターンを言うだけ言って、リーダーだけではなく、クライアントを迷わせてしまうこともあるのです。

知識自慢ではありませんが、たくさんの読み方や技術を知っているからと言って、よいリーディングができるとは限らないのです。自分の使ってる技術、読み方がどのようなものかをきちんと整理して理解しておく必要が、タロットリーダーにはあります。

そして、、ホドロフスキー氏とカモワン氏とでは、ここが決定的で重要な違いと言えますが、それぞれが「是とする思想」と言いますか、「本来的に人間はどうあるへきか」の考え、置きどころ、根本が異なるところがあると私は考えています。(さらに、人間向上のプロセスとしての、重要選択事項が異なるとも言えます)

土台となるタロット観自体が違うので、リーディング解釈も両者によって変わってくるのも当然です。

ホドロフスキー氏のほうがタロットと現実の扱いにおいて柔軟であり、より人間的と言え、カモワン氏は、よく言えば純粋であり、二元論的、物質と霊の対立、そこから(霊に向かう)浄化というところが強調される見方になっているように感じます。

一見、ホドロフスキー氏のほうが、限定的・地上的に見えますが、その逆で、むしろ宇宙的・包括的であり、カモワン氏のほうは一見、霊的で抽象的でありながら、その実、とても限定的・地上的なところがあるように見受けられます。

そして、リーディング技法においては、ホドロフスキー流のほうがシンプルには見えますが、学んだり、実際に行ったりするのにはなかなかなか難しく、カモワン流のほうが逆に取り組みやすく、読みやすいのではないかという(個人的な)感想です。

本業が映画監督であり、創作家として現実世界との関わりをたくさん持ち、サイコロジストであり、セラピストでもあるホドロフスキー氏と、タロットメーカーの子孫として生まれ、タロットを自身の至上命題とし、孤独に引きこもりのように霊的探求をし、スピリチュアリストとも言えるカモワン氏との違いとも言えましょう。

このように、かなり異なるお二人なのですが、それでも共同でタロットを製作したわけですから、二人の共通点、意気投合したところもあるはずです。

マルセイユタロットについて理解が深まってくれば、お二人の読み方の違いと、その奥にある共通観点も見えてきます。それこそが、私たちが(二人のタロットから)知るべきことなのです。

どのような人にも、タロットが好きであるならばなじみますし、タロットは、その人の思想・信条を補助したり、整理したりしてくれます。

そういう意味では、タロットは、どんな人が扱うにしても、(解釈・考え方に)自分色というものが出ます。

同時に、(マルセイユ)タロットは、ホドロフスキー氏とカモワン氏が違っていても、同じタロットを作り、それぞれがタロットを深く信頼しているように、何か普遍的で確かな魅力、論理、感性のようなものも持ちます。

一人一人、違っていて当たり前でありながら、深いところ、高いレベルではつながり、共通している・・・と言えば、それはまるで私たち人間と同じと言えます。

タロットによって人(自他)を知り、宇宙を知ると言われるのも、このような所以からだと思います。まさにホドロフスキー氏ではありませんが、「タロットの宇宙」なのです。


タロットの78枚と私たちの個性

タロット、そしてこのブログの主題となっている「マルセイユタロット」は、78枚もの枚数があります。

これら、一枚一枚が違うカードであるのは、もちろん絵柄から見ても違いは明白であり、だからこそ、数多の物事をカードで例えたり、事象をシンボル(象徴)として扱うこともできるわけです。

このことは、ごく当たり前のことを言っているのですが、それでも、実は、ある意味、重要なことなのです。

それは逆から考えてみればわかります。

占いでもリーディングても、タロットを引くことで、それが私たちの生活や物事、さらに心まで表していることを知りますが、ということは、この世界は、タロットの数だけ、いやそれ以上のバラエティさ(違い、種類)があるのだということになります。(たくさんの枚数を持つタロットが、私たちの世界を表すことができるのなら、私たちの世界も多数からできていると考えることができるという意味)

タロットの枚数が多いのも、私たちの世界を象徴させるためには必要だったと考えられます。

このことを踏まえて、改めてタロットを見ますと、マルセイユタロットにおいては、すでに「手品師」によって示されていたのでした。「手品師」のどの部分がそれを表すのかということは、暗号事項にもなりますから、ここではふれませんが。

ともかく、結局、この世界は、個性や違いでできていると言ってよいでしょう。

ところが、タロットは、現実の世界だけを象徴しているのではありません。

さきほど、「心」についても言及しましたが、心は自分や他人の部分として目には見えませんが、実際的であると言えます。それは、「(心が)ある」ということを、普通は意識できるものだからです。

しかし、もっと大きな範疇とも言える、宇宙の真理とか、集合的な意識など、全体的ともいえる目に見えない領域になりますと、あやふやなものになってきて、どうとらえていいのか、わからなくなります。

すると、タロットで言いますと、78枚に分離した、それぞれのカードの個性という見方ではなく、ある括りや、グループ、統一された概念、法則のようなものを見ていくことになります。

面白いことに、マルセイユタロットはそれさえも可能なのです。

ということは、マルセイユタロットは、私たちの(現実的な)世界の表現だけではなく、もっと何か別のものまで表している、または表すことができるのだと考えることができます。

とまあ、ここまでは前提の話、前振りです。(笑)

さきほど、私たちの世界は、個性の世界で、タロットで言えば、78枚のそれぞれの世界だという言い方をしました。

タロットでは、一枚一枚、本来はいい・悪いの意味はないのですが、シチュエーションによっては、ポジティブ・ネガティブな意味合いに取れることもあります。占いの場合は、明らかに、吉凶に分かれるカードの区別を持つ(区別をつけている)こともあります。

個性の世界(つまり現実の世界)では、それぞれが別々の価値観や思いを持つことになりますから、タロットカードのように、一枚一枚、つまり一人一人や各物事ごとに、違い(個性)を帯びることになり、それには、いい・悪いとか、良し悪し、ポジ・ネガみたいな見方も当然出てくるわけです。

仮にあなたが、ポジティブ、よいことだと思う個性を持っていたとしましょう。その個性は、皆からも認められ、賞賛され、言わば、華々しく自分の個性を表現できている状態と言えます。

ところが、こんな自分はダメだとか、劣等感のごとく、ある自分の部分が嫌だとかという意識でいますと、それはある意味、ネガティブな個性とも言え、自分で自分の個性を認めたくない、忌避したくなる心境となるでしょう。

加えて、周囲からはあまり良く思われず(実状は、自分がそう思っているだけのことが多いのですが)、とにかく、自分を認められず、そんな自分と周囲であるこの世界(現実)をも、否定したくなるかもしれません。

要するに、ポジティブな個性では自分の人生がよいように感じ、ネガティブな個性では、悪く思ってしまうことになります。

ネガティブな個性を自分自身が信じ、それに凝り固まってしまうと、なかなかその心境から抜け出せなくなります。先にも述べたように、ネガティブな個性にあると認めてしまうと、人生そのもの、いや、自分の生きている現実世界そのものが、悪くなってしまいます。

タロットカードで言えば、ある一枚に悪い意味を付与して、その意味だけで解釈してしまうような状態です。

できれば、自分は悪いカードになりたくありませんよね。(笑)

ここで、余談ですが(しかし極めて重要なことでもあるのですが)、「自分はネガティブな個性でもよい」と、あえてネガティブを選んでしまう人もいます。

それはなぜかと言いますと、たとえ悪い意味でも、目立つからです。いや、むしろ、悪ければ悪いほど、強烈な個性を放ち、周囲から埋もれることがなくなります。まあ、悪目立ちみたいなものです。

こういうタイプの人が恐れることは、没個性になってしまうことであり、凡人であること、普通であること、無視されることなのです。また、何らかの事情で、ある特定の人か、グループに向けて、自分の存在、すなわち個性を訴えなくてはならないと(潜在的に)思っているケースがあります。

すると、悪かろうが良かろうが、とにかく自分が目立てばよい、注目してもらえればよい、気づいてもらえればよいとなり、簡単なのは、むしろ良いことでよりも悪いことでのほうなので、その選択を自覚・無自覚に関わらず、やってしまう場合があります。

自分の問題(状況)、例えば、経済・健康・恋愛・人間関係等、よくある人の悩みは、これが起因していることもあると考えられます。

さて話を戻しますと、人はネガティブな個性を自分で認めてしまうと、人生や世界が悪くなる(ネガティブになる)と言いました。

ならば、自分の個性をポジティブなものに書き換えたり、思い直したりすればよいわけです。

そのための、特に実際的方法や、心理的技法などは、いろいろと紹介されたり、セッションされたりしていますよね。

結局、自分がどう思うかのことなので、自分の心と関係するのですが、自分への思いというのは、環境や他人によってもかなり影響されますから、外側から働きかける(環境の変化、実績づくり、成功体験、自分をよい意味で認めてくれる人たちと交流するなどの)ことでも、ポジティブな自我(個性)認識は可能です。

もちろん、心理的に、癒し・浄化、書き換えなどで、ポジティブな自分への変換ができます。どちら、あるいは両方をやってもよく、自然に人は、誰ても、何からの方法で、ネガティブな自分認識を、ポジティブなものへと、変えようとはしていると思います。

ただ、ネガとポジの関係は、次元(世界)が異なれば、実は表裏一体なものであり、ネガ、もしくはポジを意識すればするほど、その逆の性質も増えたり、強くなったりする仕組みがあります。

タロットカードで言いますと、ネガティブなカードを作れば(意味を与えれば)、逆のポジティブな意味のカードも同じだけ存在しないといけなくなるようなものです。あるカードの意味を変えたところで、ほかのカードが代わりに、その意味を受け持つだけです。

そこで、こういう方法を考えます。

それは、「統合」の概念や意識を使うということです。ポジもネガも表裏一体であるのなら、その表裏一体が見える(認識できる)位置にまで、意識を上昇(統合)すればよいのです。

タロットで言うと、一枚のカードにネガもポジも、両面の意味を見るということになりますし、78枚をバラバラで見るのではなく、ある種の統一感(法則、原理)をもって俯瞰するような形になります。

いい・悪いでカードを受け取ったり、78枚のそれぞれの個性を別々にして意味を見ていたりすると、いつまでもバラバラな次元(バラバラでつながりのない世界)に閉じ込められた見方に固執してしまいます。

それは、言い換えれば、私たちの現実世界で、個性をよい・悪いで見てしまって、いちいち起きる事柄に、吉凶的運命を感じ、喜んだり、悲しんだりする状況とも表現できます。

従って、自分の個性を、現実の常識に照らし合わせて、ただよい・悪いと判断するのではなく、そもそも個性とは何かとか、個性を超越した統合的本来的存在が自分であると認識することによって、少なくとも、ネガティブな個性を思って、自分と自分のいる世界を闇に変えてしまう恐れからは脱却できます。

タロットカードで言えば、カードを個々に、吉凶的に見る(と意味を覚える)状態から、カード全体を俯瞰し、グルーピング化を図り、最終的には78枚を巨大な一枚にしてしまうような感じです。

すべてのカードは我(われ)であり、違いと見えていた世界から、本質的に同じであると認識する世界への移行(旅)です。スピリチュアル的に言えば、自己アセンションとなりますし、心理学的には、人格統合、ユングの個性化のプロセスと言ってもよいでしょう。

言い換えれば、複雑で個性あるバラエティの世界から、単純で、ひとつであり、無(でいて、有)である世界に変わっていく過程です。しかし、不思議な言い方になりますが、同時に、正反対の方向にも進んでいることになります。(例えば、複雑から単純の方向でもあっても、裏の見方では、単純から複雑にも進んでいるということ)

正反対も同時発生しているというのは、なかなかわかりにくいと思います。ですが、タロットを見ればイメージができるのです。

タロット(マルセイユタロット)も、「手品師」と「世界」とか、小アルカナの数カードのエースと10番の関係、宮廷カードの小姓と騎士の関係などから、そのようなことが見て取れます。

ですから、個性を消すことでよくなると言っているのではなく、逆に、個性において、ネガティブもポジティブも受け入れ、認めることで、本当は進化し、悩みや問題もなくなっていく(本当は、なくなるのではなく、認識が変わる)ことを述べているのです。


タロットでの選択

何か選択に困った時、タロット占い(タロットで占ったもらうことで)決める人もいるかもしれません。

タロットが選択のツールとしては、なかなか優れているところがあるのも確かです。

まず、人は、自分で迷ったり、悩んでいたりする時というのは、自分で決められない状態であるからで、その場合、必然的に、他人や何か外からの示唆を求めます。

タロットは、たとえ自分が引くとしても、一応は外(にある)の道具なので、客観性があるわけです。

その意味では、別にタロットカードでなくてもよく、ほかのカードや、極端なことを言えば、トランプでも使えますし、えんびつごろがし(笑)でも、自分以外からの示唆と取ることもできます。

要するに、外からの刺激・示しがあれば、自己の堂々巡りからの打開が図られる可能性が高まるわけです。

さきほど、外からのものなら何でもいいとは言いましたが、タロットの場合は、極めて練られた象徴体系(シンボリズム)がありますので、その象徴の意味を理解していると、偶然引いたカードの中にも、心理的には潜在意識とか深層心理、霊的には多次元的な意識(高次意識)などと接触できる精度が高まり、解釈に合理性(現代の科学的な意味の合理性ではなく、象徴体系から来る合理性)が出ます。

つまりは、整った絵地図(解答書)のようなものが最初にありきなので、そこに照らして解釈することができるのです。

これがデタラメで、整っていない道具(の集まり)を使う時は、照らし合わせる大元がそもそも整理されていないので、解釈もデタラメになりやすい(整合性・合理性が取れず、判断がつきにくい)のです。

さて、そんなタロットを使った選択ですが、タロットに慣れてくると言いますか、探求が進みますと、タロットを使っての選択はあまりしなくなってきます。

というのも、何かを選択するというのは、ある良し悪しの解釈・基準によるということになりますが、(マルセイユ)タロットはそういった「二元的解釈・判断」を「統合していく」領域に入るためにあるとも言えるからなのです。

統合的な見方を進めてきますと、当然ながら、どちらがとか、どれがとかの、複数から選ぶ行為と言いますか、そういうモノの見方がなじまなくなってきます。

言わば、「どちらでもよい」「どちらもあり」「どちらもない」みたいな、不思議な見方になってくるのです。

もちろん、それでも、どちらとか、どれかを優先的に出す技術は、タロットの引き方で存在します。

しかし、たとえそうした方法で出したとしても、見る側が、包括的に見てしまうようになるので、セオリー的には、「こちらがいいですよ」みたいな解釈が可能でも、別の見方が出てきて、その優先順位がぐらつくようになります。

こうなると、選択において、タロットが使えなくなってきます。(苦笑)

ですが、「選択」「選ぶ」というより、選ぶための要素分析のような観点を持てば、何が今は優先されるのかとか、自分がどれを重視てしまっているのか、などがタロットでわかるようになります。

それを踏まえたうえでなら、選択する、選ぶことも可能になります。

例えば、今回は「経済的なことが中心の選択」であるとか、「気持ちや心の納得感が選択の重要なポイント」であるとか、そういう選択においての価値基準がわかるという話です。

こう書くと、すでにお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、そういった要素の分析・観点という意味では、小アルカナが適用されます。

小アルカナは、大アルカナに比べて、現実的なフィールドの象徴として使えるカードたちです。(実はそうとも言えない考え方もあるのですが、ここでは一般的な小アルカナの活用を述べています)

現実的なフィールドとは、私たちが普通に生活している世界での感覚であり、そこでは四大元素と呼ばれる四つの領域・要素が働いていると(古代からは)考えられています。

この四つの要素での分析によって、優先するもの、重要なもの、あるいは偏りが判断できます。

「偏り」と書いたように、自分が過度に肩入れしているもの、本来はもっとフラットに、ほかの要素も見たほうがよいのに、見えなくなっている状態、こだわり過ぎていることをチェックする意味でも使えるのです。

現実感覚の世界(常識的な世界)では、あれもこれもすべてを同時に選べるわけではありません。

だからこそ、私たちは選択に迷うのです。

それは、時間と空間が、強く、三次元的に認識されているからという理由もあるでしょう。

簡単に言えば、時間制限があるから、空間的制約があるから、選ばないといけなくなるというわけてす。

小アルカナの四つの要素は、それらが分離した時、このような時空制約のある意識とリンクしてきます。

言い換えれば、四つの要素が分離した時、私たちは現実の世界で生きている感覚を持つということです。

ですから、本当は、この四つを統合した世界に参入すれば、選択の迷いは消えることになります。それは意識(だけ)のうえ(世界)では可能ですが、肉体を持って通常の生活している場合は、なかなかそうした意識にはなりにくいです。

従って、人間として普通に生活している限り、選択の迷いは必ず発生すると見てよいでしょう。(意識の統合が図られれば、迷いは少なくなりますが)

そんな時のために、小アルカナでの選択が活用されます。言ってみれば、現実を生きるための、一時的な適用補助装置みたいなものが小アルカナにはあります。

そう思うと、タロットは本当によくできているなあと思えますし、やはり、人間(私たち、市井で悩む人)のために作られていると、感慨深いものがあります。

一方でタロットは、ちゃんと、悟りとか、現実(普通の人間)を超えて、霊的な向上を目指す人にも、大アルカナというもので、その示唆を用意してくれているのです。

このように、大・小を、その時その時によって使いこなしながら、自分の目指す方向性に向かって、タロットとともにに進むことができます。

ところで、タロットの代表ともいえるカードに「愚者」というカードがあります。

このカードには、旅をする人物に、犬のような動物が付き添っているのが描かれています。

まさに、この犬こそがタロットカードの役割なのだと感じられます。

あなたの旅のお供に、タロットカードを、です。


Top