ブログ

選択と可能性

現実の人生は選択の連続とも言えます。

毎日、習慣化されているとはいえ、起きて何をするのか、服を着るのも、何を食べるのかも、選択しているわけです。

ただ、さきほど、習慣化されていると述べたように、些細なルーチン的なことは、ほぼ定型化・パターン化されているので、いちいち選択について考えることはありません。

それのほうがエネルギーも使わず、でもあります。

しかしながら、何でも二面性があり、楽ではあるものの、変わらない選択をしているわけですから、いい意味ならよいのですが、悪い意味で変わらないのは問題となります。

つまり、今の状態がよいのなら、そのままでいいのですが、現状がよくないことを自覚しているのなら、何らかの方法で、選択を(意識的に)変える必要性があるわけです。

さて、選択においてもタロットカードが使えるかというと、結構、活用できます。

むしろ、現実的なタロットの使い方としては、選択の参考にカードを引くということがあげられるくらいです。

タロットには、大アルカナと小アルカナというふたつのパートがありますが、現実生活における選択には、小アルカナを活用すると、より実際とのリンク性が増します。

ただ、大アルカナも一緒に使うことで、選択もしやすいですし(読みやすくなる)、特に、変化を求める選択においては、大アルカナの示唆が有効になります。

ところで、現実の生活における選択のシーンでは、短期的なこと(今決めたいこと)が多いと思います。

ですから、ついタロットカードを展開しても、短期的な目線でカードを読もうとします。

選択に迷い、困っているケースでは、何とか決着をつけ、すっきりさせたいと思っているところがありますので、短期的視点になって、あせる気持ちもわかります。

ですが、ここで少し、選択への視点を長期的なもので考えみることを提案します。

長期的というのは、言い換えれば、可能性の拡大(的視点)ともいえ、マルセイユタロットていえば、「世界」のカードのような観点で、「手品師」を見下ろすみたいなことになります。(これは私のタロット講座を受けている方ならば、ニュアンスがわかるはずです)

例えば、Aという選択肢を選べば、どれほどの可能性が増えるのか、あるいは減るのか、同様にBだとどうなのか?と考えます。

短期的に判断していると、見えてこない事柄が、長期的可能性(あるいは問題性)としてならば浮上してくるはずです。

マルセイユタロットでは、拡大や可能性を示唆する細かな象徴が隠されていますので、そういうものが出ている選択肢を選ぶというのも、特に現状変化を望む場合は有効かと思います。

単に可能性といっても、偶然や自然に起こるものを想像するだけではなく、同じ音としての「創造」も意図するとよく、その選択肢を選ぶことで、何がどのように創造できるのか、創造の可能性をイメージ(想像)できることが、選ぶ基準のひとつにもなってくるでしょう。

特にお金を使っての選択(何かの購入、申し込みなど)は悩むこともよくあると思いますが、その選ぶものへ投じた金額と同等か、それ以上のリターンを想像と創造できるかによって、決まって来るところもあるでしょう。

その選択をすることで失うお金のイメージが、回復の望みも、方法もわからない・・・お金を失って気分が暗くなるだけの想像がある場合は避けたほうが無難です。

また、気持ちの不安が高いのに、それを無視して、「何とかなる!」と、無理矢理強引にお金を使う選択をするのも問題です。どちらにおいても、創造の想像ができていないからです。

※ワクワクするという気分だけのものではなく、どのように投資したお金の価値が回帰してくるか、人生の楽しみと幅が、一時的ではなく、中長期的に広がるかというイメージが想像できるかということです。ワクワクだけならば、一時的な快楽的満足、あるいは中毒症状継続の選択になってしまっていることもあるのです。

超長期的(一生を超えるような目線)で見れば、選択に間違いというものはなく、ただ選んだ経験をするのみ、ということなので、そのような考えも持っておくと、後悔というのも少なくなると思います。

さらに言えば、最近ではよく言われるように、自分の意思などなく、本当はすべて最初から決まっているという説もありますので、選択に迷うこと自体、プロセス(演出)でしかなく、悩んでも仕方ない(選択に悩むのはよくても、あとて選択したことを後悔して悩むことは必要ないということ←それさえも決まっていたことかもしれませんが)わけです。

※とはいえ、人間的・実際的・短期的・空間的には有効性、効率性、正解性というのはあり得ると考えますが。

そして、ここが実は本当に言いたかったことなのですが、現実での選択という行為そのものが、私たちが霊的な解放を目指すのか、牢獄のままで意識を眠らせておくのかの、まさに「選択」となっているのです。(詳しくはここでは述べませんが、マルセイユタロットの「恋人」カードにヒントがあります)

ですから、タロットを使うにしても、「どちらを選べばいいか?」の質問と活用をメインにしていると、マルセイユタロット的には、「運命の輪」に囚われ続けることになるのです。


「じしん」と神の家

日本語は面白いもので、「自身」と「自信」は同じ音になりますよね。

さらには、「地震」もそうですね。なんだか、自分に揺らぐ感じがあるのは、自らが信じられない、すなわち自信がないという、うまい具合に言葉のだじゃれ感も出てきます。

ほかにも「磁針」とか「時針」など変換で出てきますが、これなども、中心に磁力のような何かひきつけるもの、安定するものがないと自信につながらない気もしますし、時の針の示され方で、いちいち(その時々で)フラフラしていては、これまた自分の安定感がなくなる感じもしますので、一層、言葉遊び感が増します。(笑)

じしん」という言葉で遊んでみましたが、「じしん」と言いますと、マルセイユタロットのイメージとして、「神の家」が浮かんできます。

マルセイユタロットの「神の家」は、実は解釈が難しいカードのひとつと言えます。

一見、絵柄的には建物が崩れているかのようで、どこも崩れておらず、それどころか頑強な塔がきちんと建っているイメージが、よく見るとうかがえます。

私たち、マルセイユタロットを使う者は、このカードを崩壊とは取らず、むしろその逆で、完成に近い構築、積み上げという意味をメインで取ります。

「神の家」というからには、神と関係するのですが、人が建物を建てて、そこに神様に住んでもらうというような概念ではなく、自らが神となり、そして家(この家も普通言われる意味での家ではありませんが)となるという、自分の神性なるものへの変容、簡単にいえば神化(これも言葉遊びですが、進化がすなわち神化するようなもの)の状態を示していると考えられます。

もっと現実的でシンプルに言えば、さきほどから述べている「自信」の確信という意味にとってみてもよいと思います。

ただ、一口に「自信」と言っても、実は「自信」にも種類と性質があり、この神の家で構築する自信は、単なる一般的に言われる(獲得する)自信とは性質が異なるでしょう。

人が何かを得たり、他人と比べたりして持つ自信とは違い、もともとある自信というもので、それは自らの中に神性(完全性)、あるいは大いなる平和、天国があるという観念のようなものだと私は考えています。

それは誰しもが最初から持っているものなのですが、現実世界に生き、肉体と精神が癒着しつつ、一方では分離した状態にある時、本質の神性的なものは忘却され、体や心、周囲の環境、状況による反応によって、恐れ、不安、苦しみ、あるい反対の喜び、幸福感、高揚感のようなものも人は自分に巡らせることになります。

マルセイユタロットにある「運命の輪」の輪にいるに二匹の動物状態とも言えます。

しかし、そういうものとは別の、何ものにも動じず、汚れず、染まらず、輝きを放ち続けている天上的ともいえる「」が人にはあり、それが神性を持っているといってもよいでしょう。

ライトスピリチュアル的には、それとつながる平穏状態と表現できるかもしれませんが、結局、そのようなコアなものに自分の中心がシフトする時、まさに自分が神となって、当然のような自信が出るということだと思います。

「自身」が「自神」となって、本当の「自信」を思い出すといようなニュアンスです。ここでも言葉遊びが有効ですね。

そして、もともとは「神」のような魂を持つ我々人ではあっても、現実世界で生きていくことにより、忘却の幻想世界に閉じ込められ、(あるいはゲームし)、現実での様々な体験・経験・気づきを積み重ねていくことで、まるで、ひとつひとつ石やレンガを積み上げていくかのようにして、自身の神を見出していく(思い出していく)ことになるのです。

学びながら思い出していくようなイメージでしょうか。

または、マルセイユタロットの「手品師」のように、タネ(仕掛け)ある手品であっても、それを味わい、楽しみ、苦しむ世界を経験しながら、本質(偽物から脱却する世界)に目覚めていくという二重ゲームのようなものとも言い換えられます。

その経験、すなわち石積みの過程が、「神の家」の建物(塔)に描かれています。

そうなると、結果というより、積み上げていく作業そのものが重要であり、プロセスと結果の両方が神性開花には必要であることがわかります。

現実の実際世界では、完璧になることなど、誰しもあり得ません。必ず、何か悩みや苦しみもありますし、何らかの喜びや楽しさもあるでしょう。

人生が思い通りに、うまく行っている人もいるかもしれませんが、大半の人はそうでもないはずです。

宇宙人的な比喩で言いますと、この地球に慣れ、うまく暮らしていくことは案外難しい(簡単な人もいるでしょうが)もので、どこかの星ではまあまあバランスが取れていた人でも、この地球・地上世界では、アンバランスになってしまうことも多々あります。

(住む世界のルールが違えば、あるところでは完璧でも、別の場所ではマイナスになる場合もあります)

よって、うまく行かないことで、自分を責めなくてもよいかもしれないのです。あなたの能力やバランス性が、この地球の地上性、現実世界では、歪となってしまうこともあるからです。

ですが、この星(地上)に来ている人は、神性を帯びていると、グノーシス思想では言います。

難しくても、「神の家」の構築、その本質を思い出すようにしていくと、安寧は少しずつやってくるように思いますし、ここ(地上、地球)に来た何らかの意味や(意味付けでもあります)、思いを持つこともできるでしょう。

ワンダーランドでありつつ、牢獄でもあるこの星の世界を、いかにあなたらしく生きるか、過ごすか、「神の家」に限らず、ほかのマルセイユタロットのカードたちが示しているように思います。

あなたはどのカードになることもできますし、どのカードの生き方を選ぶこともできるのです。


タロットと人、意識、方向性

タロットへのアプローチ、方向性、ベクトルと言ってもいいかもしれませんが、それは、大きく分けて二つあります。

ひとつは、読み手(タロットを読む人、タロットリーダー)側からタロット側への方向、もうひとつは、タロット側から読み手側への方向です。

何かと何かの関係(性)がある時、それは必ず一方向ではなく、双方向的なものであることは、タロットをしていて気づきました。

それは、第三者的な目線から見れば、至極当たり前のことなのですが、ふたつ、あるいは二人の当事者同士の関係性では、意外に意識しないものです。

一般的に、タロットから何か示唆を得たいと思う時、質問をしてタロットを引き、その出たタロットと質問を関連付けようとします。

しかし、タロットから読み手側への方向もあるとすれば、それは、タロットを引こうとした人が引いたのではなく、タロット側が引かせてあげた、出してあげたというものにもなります。

自分が主体となってタロットから何かを得ようとしたのかタロット側が見せたいから(自分と遊んでもらいたい、使ってもらいたいと思って(笑))出したのかという見方の違いです。

タロット側が主体だと、一種の演出と言ってもいいくらい、ゲーム色が濃くなります。

もしかすると、タロットを主体として見た場合、人の質問の内容には関係なく、ただそのカードを、今のタイミングでタロット側が見せたかっただけかもしれません。

ただ、タロットと読み手側との間にラポール(関係性、親密性)がついていれば、タロット側もランダムに、あるいはタロットが見せたいカードをただ示すというより、相手(この場合は人のほうになります)の質問に対応したカードを見せてやろう、引かせてやろうという思惑になることもあるでしょう。

どちらも主体であると考えた時、やはり、タロットとの関係性・ラポールは結構重要ではないかと考えます。

さて、そうしたどちらも主体とした、双方向的なタロットとの関係性がある一方、私は新たに、その中間のような関係性もあるのではないかと思っています。

それはまた、後日、紹介することもあるでしょうが、ここで少しふれますと、タロットと人との間に現れる、中間的な感覚・エネルギーとでも言いましょうか。

言い換えれば、人の質問に答えるカードでもなく、タロットが見せたいと思うカードでもなく、その中間的な存在としてのカードの出方(出し方)があるというものです。

まあ、タロットに限らず、私たちは普段、自分という主体意識、自我意識を持って、それが当たり前になっていて気づきませんが、ふと視点をずらせば(主体を変えると)、多様な関係性とレベルによって、世界が成り立っていることに気づきます。

ある意味、様々な存在とレベルによる共同(協同)作業によっているわけです。

従って、自分の意識のズレというものは、新たな(異質な)世界への、文字通り移行であり、旅立ちということにもなるわけで、それが「愚者」の表すエネルギーと言ってもよいでしょう。

ただし、きちんとしたコントロールをしていないと、それこそ統合失調症のような状態にもなりかねませんので、簡単に考え過ぎるのも危険です。サイキック世界との境目に意識をずらしてしまえば、いわゆる憑依というもので、自分の主体性が失われます。

ですが、一方で、何かに行き詰まりや閉塞感をを覚えていたり、同様の問題が続いていたりする時は、意識・主体をずらすという行いは、いい意味でのブレイク、よいアイデアを得るきっかけにもなります。

タロットはそれを推進させる機能もあると考えられるのです。


シンプルに自己リーディング

アメブロを一時停止して、自分のホームページのブログでつらつらと、もっと自由に書こうかと思っていたのですが、結局、長い間やっていたアメブロ形式と変わらず・・・になっていることに気がつきました。

まあ、形式など、本当はどうでもよいと言えばよいのですが、やはり、こちらのブログでは、もう少しこだわりをはずして、タロットと関係のないこととか、短めの文とか、そんな感じを試みたいと思っています。

実はタロットと自分自身の表現方法を、ずっと今年は検討中で、今は様々なツールがあって迷うところもあり、古さをいい感じで残しつつ、新しいこともチャレンジしたい・・・というようなところがあって、ただ、体調とかモチベーションも上がらずのところがあるので、いまだに決めきれていない現況があります。たぶんもうちょっとで、ある結論は出るのではないかという気はしていますが。

ということで、今日は、自分(自己)リーディングをしてみたいと思います。

自己リーディングの場合は、客観的になりにくいので、具体的なことや、細かなことを聞くより(それはそれでアリなのですが、その場合は、ちょっと方法とか、使うカードを小アルカナ主体にするなど工夫がいります)、あえて抽象的な感じのほうがはまる(やりやすい)ように思います。

そして、解釈も、あまり難しく考えずに、直感で来たもの、あるいはキーワード的に、そのカードの代表的な意味くらいでいいかと思います。

そもそも、この(今回する自己リーディングの)やり方は、細かいことを聞くのが目的ではなく、大まかで、かつ、ポイント的なことを知る(確認する)ためにする方法だからです。

では、やってみます。まず問い(タロットへの質問)を設定します。(前述したように、比較的抽象的な問いのほうがよいです)

次に大アルカナで一枚引きをしていきます。それぞれの問いについて、その都度(一度山に戻し)引く方法をします。その際、カードは正立だけにするのか、逆位置を取るのかを最初に決めておいてから引きます。

 

問い 自分は何(どういう状態)か? 正逆ありの設定

「星」の逆

問い 自分はどうすべきか? 正立のみの設定

「恋人」

問い 自分の課題は何か? 正逆ありの設定

「皇帝」の逆

問い 表現の示唆として? 正立のみの設定

「皇帝」

 

出たカードを参考に、問いの内容とともに、これを文章化(問いと出たカード全部を総合的に判断)するもよし、ひとつのひとつの問いにあ当てはめて考えるのもよしです。

私の場合、この結果を見ますと、どうも犠牲的幻想に囚われ過ぎていて、もっと現実的・実際(経済)的、人間的に活動したほうがよさそうですね。(苦笑)


タロットの勉強会に思う

ブログ、また少し間が空きました。

このように表向きはあまり活動していないように見えるかもしれませんが(まあ、実際あまり動いていませんが…苦笑)、内向き(タロット講座を受けた方など)には重要な勉強会・セミナーの企画、実施をしていまして、その準備や実行、終了後の動画編集をしておりました。

コロナ禍になって、リアルで人が会することが難しくなったため、昨年よりオンラインで勉強会とか小セミナーをやることが多くなったのですが、それはよいところもあり、今までは私の住む関西圏でリアルの勉強会を行うのがほとんどでしたが、オンラインだと場所の制約がありませんので、全国、たまには海外在住(海外の日本の受講生の方もおられるので)の方にも参加いただけるようになりました。

それで、今回の勉強会のテーマは「テンプル騎士団(神殿騎士団)」でした。

タロット講座では、マルセイユタロットに関係の深い歴史、組織・宗教などお伝えしていくのですが、その際にも「テンプル騎士団」については講義いたします。

しかし、講座では、タロットの象徴の解説やリーディングの講義などもありますから、説明はどうしても概要的なものになります(それでもそこそこ詳しいですが)。そこで、勉強会や特定テーマのセミナーを開くことによって、特に興味のある方には補強させていただいております。

「テンプル騎士団」はどういった組織で、なぜマルセイユタロットに関係すると想定できるのか?については、一言で言えば、小説で映画にもなった「ダ・ヴィンチ・コード」に書かれている内容に関連するからと言えます。

けれども、それだけではありませんし、「ダ・ヴィンチ・コード」でもふれられてない内容もあります。

そうしたものを、私も改めて調べ直して、まとめたものを今回、受講生用に講義させていただいたというものです。なかなかに衝撃的な話も含まれており、普通に生きていると、ほとんど知ることのないものが多いと思います。

ところで、こういったタロットとか、スピリチュアルとか、秘められたものに興味を持つ人は、例えばこの「テンプル騎士団」についても、裏側の話を知りたがります。というより、いきなり、そちらからアプローチしてしまう結果になってしまいます。

むしろ、表側で知られている話、歴史、史実(と一般的には見られていること)も知っておいたほうがよいのです。今回の私の開いた勉強会でも、それはあえて解説したところです。

でないと、裏ばかりに最初から興味と関心を強めてしまうと、コロナ禍で顕著になったように、人は陰謀論にはまりがちになってしまう危険性もあるからです。

物事の裏を知るには、反対に表を十分に知っておいてからでないとバランスが取れないばかりか、うがった見方ばかりになり、恣意的・感情的に、自分がその時信じたい方向に洗脳されてしまったりする(自らを洗脳してしまう)こともあるのです。

物事にはすべて二面性があると考えられます。そして、その二面性がさらに二面性を持ち…というように、無限に近いくらい二面性の連鎖が続きます。その違いがレベルとか信念とか、個性を生み出し、自らの思想・行動を規定していきます。

テンプル騎士団にも光と影があり、さらにその光にも影にも両面性が出ると推測されます。

よく言われるように、テンプル騎士団が、今のフリーソーンとかイルミナティのような秘密結社につながっているという人もいれば、それらとは断絶されていて、後世の者が無理矢理、中世のテンプル騎士団と結びつけているだけだという話もあります。

そもそも、さっきあげた秘密結社は親睦団体に過ぎず、そんな怪しいことなど何もないのだという一般向けの広告もあります。

それに、テンプル騎士団自体、別に何かを隠していたり、秘密の教義をしていたりしたわけではなく、修道士的騎士団で、十字軍とエルサレムへの巡礼者保護に寄与したばかりではなく、ヨーロッパの、特に経済的発展に貢献し、しかしお金の面でやり過ぎて、一般人、聖職者、さらにはフランス王を中心に嫌われて、廃止(異端認定)を画策されてしまった(だけ)という表の部分で見るところもあるわけです。

ですが、そういう表の歴史を丹念に分析、細部を調べて行くと、どうにも偶然ではない、意図的なものが明らかに出てきますし、結局、ヨーロッパ、あるいは当時の中東から北アフリカ、インドなどにかけてのものとのつながりも見えてくることになります。

すると、現代まで続く大きな流れと言いますか、あるでつながっているようなもの、まさに同じ音の「意図」さえ浮上してくるのです。

しかしながら、それもまた表あっての裏であり、逆に、裏あっての表でもあるのです。

単に歴史のロマンとか、謎に迫って面白いとか、そういう感じで見ていては、本当のところはなかなか見えてきません。

もちろん、最初はそういったレベルからの興味でもよく、陰謀論的なにおいからの入り口でも必ずしも悪くはないですが、そうであっても、いきなり全て信じるのではなく、情報として入れつつも、自己で分析し、判断していく公平的な姿勢を持つことが大切だと言えます。

タロットはまさに両面性を持つツールと言えます。使いようによっては、影や裏の歴史を信仰してしまい、それを自分の信念にし、さらにタロットを利用して、それを強化してしまう側面も出ます。

反対にタロットは、信仰ではなく、ギリシア風に言えば、ロゴスとパトスを統合するような見方を補助してくれるものにもなります。

「テンプル騎士団」を例にして、マルセイユタロットを学ぶ方には、上にあげた後者のような使い方や視点を養ってもらうべく、講義をしているところなのです。


Top