ブログ

タロットから意味を見出すルート

タロットの意味を見出す(読む、意味をカードから抽出する作業)ことでは、主として、ふたつの方法があります。

ひとつは、カードの象徴的な意味合いから、そしてもうひとつはカードの絵柄のイメージからです。

前者と後者では、まったく別の意味が出ることもあります。

厳密に言うと、どちらを通ってカードから意味を見出したかについては区別しておく必要はあるのですが、こと、タロットからとにかく何か意味を思い浮かべるという点では、どちらでも構わないところがあります。

例えば、「月」のカードから、「カニを食べに行く旅行」(笑)というような事柄が出たとしても、それによって、旅の目的に悩んでいた者が、旅のヒントを何かつかめたのなら、アリなわけです。(ちなみに、マルセイユタロットの「月」のカードには、ザリガニのような甲殻類が描かれています)

しかし、それでは何でもいいじゃないですか、こじつけでもOKでしょ?と思われるかもしれません。

はい、イメージから読む場合は、こじつけでも、何でもアリです。つまり、タロットの絵柄のイメージが、アイデアのヒントであったり、自分の言語化できないものを形にしたりするきっかけ・呼び水になっているわけです。

ただし、それだとタロットである必要性はないとも言えます。その通り、イメージから読むだけの場合は、必ずしもタロットでなくてもよく、それこそ絵画とかポスターとか、ランダムに見た風景、イラスト、動画でもよいのです。何らかの答えとか、解決策のヒントになれば何でもOKというわけです。

だったら、わざわざタロットの意味を勉強しなくてもいいんじゃないですか?と言われるでしょうが、それもその通りです。(笑)

単にイメージから言葉を出すだけなら、タロットの学びはいりません。

では、なぜタロットの、特に絵柄の象徴の学びをするのかということですが、ここにタロットなりの論理があるからです。象徴を通して得る知識・智慧のシステムとでも言いましょうか。そこから把握する意味は、単純なイメージから浮かべるものとはレベルとか、意味合い(カードから出る意味のことではなく、そういう作業を行うことの意味ということ)そのものが違います。

結果的に、タロットによって、問題の解決や何かの指針が出たのなら、それはタロットからのイメージからの意味でも、タロットの象徴からでも、本人の救いになれば何でもよいと言えます。

ですが、タロットの象徴、システムを通して、霊的な向上、統合的な人間完成を目指す、宇宙の真理を探究するという点においては、イメージからのこじつけのような意味だけを見ていては、進歩はないと言えます。(心理的には、イメージから意味を思い浮かべるのには、なかなかの意味があります)

タロットは学べなくても使えますが、一方で、学ばないとわからない、活用できないレベルが確かにあるのです。


世界や人生に意味はあるのか?

このテーマは、何回か取り上げたことがあるものです。

世間でも、「(明確に)意味はある」という考えと、「意味はない」というものに二分され、様々な意見があるようです。

私自身は、マルセイユタロットを見ていると、どちらもありで、どちらでも言えるという立場を取っています。

マルセイユタロットの大アルカナで例えると、ある意味、「愚者」と「ほかのカードたち」という形になるでしょうか。

「愚者」を人物として見ると、彼自身、「世界や人生に意味はなんてないさ」というように答えるでしょう。(笑)

そしてまた、もしかすると彼は、「そうだね、もし意味があるとすれば、僕の行先そのものかな」と続けて言うかもしれません。

これは、「愚者」の旅に意味があるというより、その旅先・訪問先自体に何かの意味がつけられるという風に考えてみてください。つまり、訪問することに意味があるのではなく、その場所での経験に意味づけすることができるというものです。

訪れた場所で楽しい経験をしたのなら、そこは楽しむという意味、嫌なことや苦いことを体験したのなら、そこは苦痛の意味、何か学んだと思ったのなら、学びという意味があったという具合です。

結局、大きな次元・レベルで見れば、世界や人生に意味などないと言えそうですが、一人一人、個人個人にとっては、何かの意味をつけたり、見出したりすることはできるのです。その自由が許されているのが私たち人間と言えましょう。

ですから、自分の思いというものが世界や人生を意味づけるということになるわけてすが、面白いことに、私たちは自分一人で現実世界を生きているわけではありません。

また、考え方や環境も同じではなく、極端に言えばバラバラな世界です。

よって、他人から、あるいは様々な環境・状況から、私たちは影響を受けることになります。なかなか孤独に一人だけで生きることは難しいですから。

ということで、ほかから影響を受ける度に、自分の思いや考えも変わり、そのため、世界と人生に意味づけする内容も変容する可能性が高いです。

結局のところ、自分で意味づけしようとしても、周りの影響は多少なりとも受けるので、世界や人生の意味を自分一人では決められないということになります。

であるならば、やはり、世界と人生は、私たち全員によって意味づけられていると見ることができます。このことの意味は、まるでタロットカードが、一組全体によって成り立っているというのに似ています。

世界や人生には、究極的には意味はないですし、意味をみなくてもよいレベルがあると言えますが、現実的には意味を見出さないと生きづらくなるのも確かです。その意味自体も、自分と他者によって成り立っていることを思えば、いがみ合い、争うより、協力し、調和を意図したほうがよいと言えるのではないでしょうか。

さらに、たったひとつのこと、たった一人のこと、ほんのささいなことに救われる意味を見てもいいでしょうし、使命を持ったり、社会を改革するような大きな志を抱いたり、活動したりすることに意味を見出すのもまたありでしょう。

自分が演じている劇に実は意味はないのかもしれませんが、演じているうちに劇のテーマが決まってくるかもしれませんし、自分がこうだと決めてもよいわけです。

言わば、私たちは、マルセイユタロットの「愚者」そのものと言えるのです。


繰り返しの物語

ふと、あるアニメ作品を再び(というか、その作品についてはもう何度も視聴しているのですが)見てしまいました。

それは「涼宮ハルヒの憂鬱」というライトノベルからアニメ化された作品です。もうだいぶん前の作品ですが、いまだインパクトをもって語られるアニメ界隈では有名な作品です。

個人的にはいろいろと気づきを得た作品でもあり、純粋にアニメ作品としても好きな作品です。

舞台のモデルになった地域も兵庫県西宮市で、兵庫県に住む私にはなじみであり、しかも広島時代に通っていた高校に何か雰囲気が近いので、ノスタルジックでもあります。

あの京都アニメーションが製作した作品ですので、凝った作画や演出もあります。

この作品には、いろいろと興味深いところや話題になったことがたくさんあるのですが、何より、一番の衝撃は、同じ話を8回にもわたって繰り返し放映した(と言っても作画とかセリフ、進行は微妙に毎回違うのですが、つまり毎回違うもはの作られていたわけです)「エンドレスエイト」と名付けられたそのストーリーで、当時リアルタイムで視聴していた者にとっては、いつ終わるかわからない、まさに地獄のループにはまったかのような感覚を味わったと言います。

私は幸い、再放送で見たことと、エンドレスエイトの回数も知っていたので、リアルタイムで見ていた人ほどの苦痛はなかったのですが、それでも、さすがに5~6回目になりますと、かなり苦しかったのは確かです。

この話はようやく、8回目の話で終わりを迎えることになり、その解放感たるや、すごいものがありました。今回の再視聴では、さすがに全部は見ることはせず(苦笑)、最初と途中、最後を見ましたが、それでも味わう解放感は、相当なものがありました。(笑)

すでに(アニメ界では)超有名な話ですから、少しのネタバレになりますが、何をループしていたのかと言いますと、主人公(語りのほうの主人公)たち高校生が、夏休みのある期間を何度もリセットして繰り返すことになっていたというものです。

話の中で衝撃的なのは、そのループ回数です。もちろん話ごとにループ回数は変わる(何度もループしているという設定なので)のですが、二回目の話の時点で、すでに一万五千回を超えていたのです。もう二万回にも迫ろうかという、ものすごいループ回数です。

そんなにループを繰り返していたら、もしすべてを記憶していた場合、楽しい夏休みどころか、地獄でしかありません。ちょっと意味的には異なりますが、絶えることのない間の苦しみが続くという意味では、無間地獄そのものと言えましょう。

ところで、輪廻転生説というのがあります。簡単に言えば、繰り返し生まれ直すという説ですが、もしこの輪廻の繰り返しをネガティブ的な苦痛なものととらえると、このアニメ作品の「エンドレスエイト」みたいなことになるのではないかと感じました。

アニメの視聴者は、たった8回の繰り返しを見ていたに過ぎませんが、それでも強烈な苦しみでした。

同じことが続く、変化がないということは、一見平和で穏やかなようですが、これほど苦痛でもあるのです。ましてや作品内の者たちは、万を超す繰り返しにはまっているのですから、記憶がないから助かっているものの、全部ループ内容を覚えていたら、とんでもない地獄となります。(余談ですが、登場人物の中で、ループをすべて記憶している者がいて、その者があとで事件を起こすことになるのですが、そりゃ仕方ないよね、と理解できるものです(笑))

マルセイユタロットに内包される思想にグノーシスというものがありますが、原理的なグノーシス思想では、この現実世界は悪魔(デミウルゴス)が創った世界で、真の(神の)世界は別にあるとされ、私たちはそこに戻る必要性があると説きます。

「エンドレスエイト」ではありませんが、グノーシス的に言えば、私たちは、悪魔デミウルゴスの世界にいることで、ずっと地獄のような輪廻転生・ループ世界を彷徨っている(閉じ込められている)ことになるのかもしれません。

さて、ループと言うと、哲学的に思いつくのは、ニーチェの「永劫回帰」です。ニーチェの永劫回帰は一般的にわかりづらく、私もきちんと理解しているわけではありませんが、哲学でループ説を提示したのは面白いところだと思います。

しかしニーチェの永劫回帰は、輪廻転生とは真逆とも言えるものです。

私たちは同じことをただ繰り返しているだけで、それに意味はないというものだからです。まあいくら選択肢がたくさんあっても、何度も繰り返せば、まったく同じパターンで同じシチュエーション、同じ選択というものを、いつかはすることになり、その意味では、何をやっても変化はない(同じことは繰り返される)と言えるわけです。

そうすると、まるで生きていることに意味はないというようなことにも行き着き、それゆえニーチェにはニヒリズム・虚無主義という思想も言われるのですが、私は、ニーチェの超人思想からしても、実はそれは、虚無から有と言いますか、真の実存に迫る考えにもなるかと思っています。

マルセイユタロット的には、「運命の輪」と「悪魔」との二枚で象徴されると思うのですが、何度も同じパターンを繰り返していると、完全飽和みたいな状態に達し、そこからループの終わりのようなものが見えてくる可能性があると思えるわけです。しかし、なまじの気づきでは、「悪魔」の世界の遊びのまま(支配のまま)です。

結局、グノーシス思想的なことになりますが、私たちが「生きる」という形のループを取ることで、完全性を目指しているとも言え、それはただ一人のループだけに留まらず、人類全体・宇宙全体ですらループしており、その経験値が飽和を迎えると、「悪魔」からの縛りは解除されるという例えになります。

先述のアニメ、涼宮ハルヒの「エンドレスエイト」においても、登場人物たちは作中で、ループに気づくシーンが何度もありました。同時に、最終的にループを脱出したきっかけも、何万回と繰り返してきた過去(時間的に過去というのはおかしいかもですが)の自分たちによる後押し(デジャヴュ)があったからと語られます。

過去に消された、リセットされた一人一人のループ人生に「意味がある」とする(意味を与える)ことで、その力は蓄積され、ある種の目的力を持ち、解放に向かうのだということです。

虚無から有意義に、しかしそれは結果だけを大事にしたり、プロセスが重要と過程・経験を過剰に持ちあげたりすることではなく、一度、「人生には意味がない」というくらい虚無的な感覚を持つことで、だからこそ、長大な俯瞰した視点と、その時その時の他人やほかから植え付けられる価値観とか影響からも解放され、真の(神の)とも言える自分自身に戻り霊的な実存性を獲得できるのではないかと考えます。

ニーチェの超人思想とはまた別かもしれませんが、ちょっと似ているところもあるのではないかと感じます。

生きる意味はあるようでない、ないようである、禅問答みたいな話ですが、その両方に気づかせてくれるのが、実はマルセイユタロットの「悪魔」でもあるのです。


アセンションについて

スピリチュアルな世界、精神世界の考え方のひとつに、「アセンション」というのがあります。訳としては「次元上昇」と言われますが、ちょっとわかりづらい表現です。

まあ、簡単に言えば、私たちのレベル全体が上がるよ、それで世界が変わるよ、ととらえていいかと思います。(笑)

それで、「上がる」「変わる」と言っても、それは物質的なのか、霊的(精神的)なのかという点では、また違って来ます。もし物質的にも変わるのだとすると、見た目も何もかも変わるということになり、それこそ世界大改変といった現象として現れるでしょう。しかし、霊的・精神的な変容だとすると、内的には変わっていても、見た目、外的にはさほど変化はないのかもしれません。

もっとも、スピリチュアルの基本的な考えは、内が変わって外が変わる、あるいは外は内なるものの投影みたいに言われるところがありますから、霊的変化そのものが物質面も変えることになるのかもしれません。

グノーシス的にはおそらく認識の次元が変わると言いますか、深まる(高度になる)ことで、世界(宇宙)の見え方も変わる(それは空間認識の変化も意味する)のだと考えられます。

さて、ここで、よく言われるのは、宇宙は進化や発展の波・流れというものがあるので、どの道、人類も進化していくことになり、いわゆるアセンションも、時期が来れば自然に起きるのだという説があります。

一方、一人一人の気づきや努力が、アセンション(を起こす)には必要という意見も少なくありません。

前者と後者とでは対立してしまいますが、考えによっては、どちらも正しいとする見方ができるでしょう。

個人的には、霊的時間と物質的時間とに分けて考えないといけないかなと思っています。言い換えれば、アセンション後や、今の私たちの通常認識を超えたレベルの時間感覚と、三次元認識の現在の私たちの時間感覚では違いがあり、両者を区別して考えないと、おかしなことになるという話です。

ここからすると、宇宙の流れに従い、自動的にアセンションしていくという(受動的な)考えと、自己(各々)の努力、気づき、働きかけが何よりも重要という(能動的)考えの統合ができるように思います。

その詳しい考えの解説は、あえてしません。皆さん自身で考えてみてください。(笑)

マルセイユタロットで言えば「運命の輪」に描かれていることだ思いますし、「運命」というものをどうとらえるかによっても、アセンションに対する考えは異なってくるように思います。


願望はたくさんあり、移ろうもの

タロットを学んでいる人では、大アルカナと小アルカナの意味と言いますか、レベルのようなものが違うことはご存じだと思います。

もっとも、同じ階層で両者を扱うこともできるので、一概に大と小で異なるとは言えませんが。

それで、まあこれもひとつの考え方に過ぎませんが、私の中では、マルセイユタロットにおいては、大アルカナそれ自体、そして小アルカナそれ自体にも階層やレベルがあると見ています。(正確にはそういう見方ができるということです)

それらを考察していますと、まるで人間の中にもそのような(異なる)階層・レベルがあることがわかってきます。

そうすると、人の願いや思いというのも多層だとみなすことができます。この考えに立てば、あなたの今の願望とか欲求、さらには尊いと思っている気持ちでさえも、実はたくさんあるの中のひとつに過ぎないということも言えるのです。

さらに、人間には一生がありますから、自分の年齢や世代によっても思いは移り変わります。それくらい、自分の思いというものはひとつではないですし、移ろいやすいものなのです。

そして、人は自分の思いや願いに対して、それが叶ったり、満足したりすることを望みます。まさに「願望」という文字のごとしです。すると、その願望を満たす答えや方法というものを探し、よい結果を求めます。逆に言えば、結果とか答え(への評価)というのも、自分の抱く願望によるということになります。

何が言いたのかと言えば、現実に対して抱く思いも、自分の願望によるところが大きいということと、その願望は永遠に変わらないものではなく、むしろ移ろいやすいもので、しかもたくさんの思いの中の少数であるということなのです。

現実が願望によるところが大きいのなら、あなたの今の現実(への評価)は今の願望によってできていると言ってもいいのです。

ですから、生きづらさを抱えている人は、願望や思いの種類とか性質を変えてみると、少しはましになるのではないかと思うのです。それは、マルセイユタロットに描かれている階層やレベルで整理していくと、さらにはっきりするのです。

自分の今の思いは、どの種類でどのレベルのものか、それがわかりやすくなれば、願望を叶えようとする行動も取りやすくなりますし、また、それ(その願望)は、本当は今は必要ないなという気づきが得られれば、願望を満たされる・満たされないの葛藤からも解放されますので、すっきりするというわけです。

今のこの世の中は、経済中心主義みたいになっていますので、売り買いを促すというものが行動や心理の原理原則として働いていることがあります。すると、私たちは「買いたい」「持ちたい」という願望を無理にもたされている部分もあると言えましょう。

要するに、洗脳的に他者から刺激を受けて願望をもたされているということが多いのです。自分の願望だけでもいろいろとあるのに、他者からの押し付けられた(生み出された)願望も増えれば、それらを満たすためには、大変なエネルギーがいることは誰にでもわかるでしょう。そりゃ、心も体も消耗するはずなのです。(笑)

マルセイユタロットの「13」のように、シンプルに願望をそぎ落とすことも、人生を乗りこなすのには必要なことかもしれません。


Top